ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 驚きの破格値,SALE

●B.G.O.と同じ2002年物です。こちらの方がよりマクマオン節効いています。何と言うか・・・アルザスのリースリング系の石油っぽさ、独特の酸化を感じさせる香りのトーン。グラスに注いだ瞬間はちょっと抵抗があるかも。なんですが、これが何となく病みつきというかそそられるんです。・・・とり急ぎ、でグラスをぐりぐりやると・・・この特徴的な香りが、崩れるというか、溶け込むというか・・・。やはり2001年よりは果実味の厚みがあります。たとえば、ビゾのビオレット。ちょっと似た感じはありますがもっとミネラル感が強く輪郭がきっぱりとしています。スタイルのブレないところはこの造り手の特徴かな?その上でしっかりと良いヴィンテージの特徴を出しています。・・・シャソルネの02オクセイと較べてみたいな・・・。 ●で、実際に較べてしまったわけですが、シャソルネの方が果実味豊かで、そのかわり瓶内で酸化した=熟成感が強い。一方、こちらのマクマオンは酸化のペースは速いけど、後から果実味が浸みだしてある意味新鮮。イメージ的にはそんな感じでどちらもそれなりにイイ感じで育ってます。・・・両方とも美味しいな・・・。「鯖の押し寿司」と「焼き鯖寿司」の違いかな?なるほどどちらが良いかというのは、たとえば合わせる料理によって異なってくる相対的な問題なんですね。イイワインを飲み比べる事、改めて勉強になります。と同時に酔いの回るのも楽しいくらいに早いです・・・(2006.11.12 いのまた) ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 驚きの破格値,SALE

ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 2017,人気セール

●インポーターさんの資料よりです・・・  「サヴィニー村、アロッス・コルトン村、ショレー・レ・ボーヌ村に囲まれたACブルゴーニュの区画0.25ha(平均樹齢60年のVV)、サヴィニー村内AOCオート・コート・ド・ボーヌ区画のレ・シュヴリエール0.43ha(平均樹齢35年)、レ・ペリエール0.5ha(平均樹齢35年)のブレンド。約20%がACブルゴーニュで、約80%がAOCオート・コート・ド・ボーヌです。 ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 2017,人気セール

ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 新作入荷

●比較的数の少ないトラペのACブル。2005年物です。で、入荷して気がつきましたが・・・ドメーヌ物、ではないのかな?どこにも「ミュザンブティーユ~」と書いてありません。かっこの良い配送用の段ボールは同じなんだけどな・・・。 ●・・何しろ「初物」なんで飲んでみまスた。あらあら、エッジには幾分紫色を含みながらちょっと濃いめのルビー色。透明感はしっかりとあります。香りが何よりもジャミーだな?このジャミーさに引きずられる甘さ。そのおくにはしっかりとミネラル感、なるほどな2005年物です。香りだけだと・・・ちょっと村名イメージします。それだけしっかり作られていル。ジュブレの「オストレア」ほど際だった個性はさすがに感じられませんが、酒質としては2003年にも近いような・・・。 ●で、飲んでみると全体の軽さ、こそ村名クラスを感じませんがACブルならば充分満足。適度な軽さが・・・アブナイです。あ~、無駄がないな~。クラスとしての充実感。ダークチェリーの酸味と熟したプルーンの果実味がバランス良く感じられます。トラペらしいミネラル感に乗った旨味も満足行くな・・・。最初、中盤こそは物足りなさを感じますが・・・バランス的には2002年にも似ているのでしょうか?隙のない構成は、なるほどです。今飲んでも充分に美味しい!むしろ寝かせるよりもこの若々しさを愛でた方が良いんじゃないかな?熟成のブーケなんか無くたってかなりしあわせになれます、との誘惑が・・・トラペのACブル。すっご~く、オススメできます。(2006.12.08 いのまた) ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 新作入荷

ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 爆買い,お買い得

●お待たせしました2005年物です。何となく好評の2003年物に似ているのかな?と言うことで期待しています。しかもお値段据え置き!ウレシイですね。 ●・・・で2日目、ですが・・・昨日はなんのコメント残していないじゃない、と。それはさておき、感じとしては薄めのヴォーヌ・ロマネ?果実味は(おそらく)昨日よりは控え目となっていそうですが、中盤からの旨味はしっかりと、しています。もう少しジャミーで酸もモデラートだと2003年っぽく(飲んでないからわからない・・・)なるんでしょうかね?幾分タンニン系に暴れた感があるので、もう少しおいた方が良さそうですが、かえってしっかりとしたワイン、と言った印象を与えるのかな?なんとなく、掴みは良くても中盤から均質化して???な2005年のACブルにあって、しっかりと軸足を捕まえている感じですね。そう言った視点では2~3年後が楽しみ。 ●かつてはステーキというと、ヒレでもロースでも何でもかんでも「レア!」と言ってオーダーしていたのですが、最近はもっぱら「ウエルダン・・よ~く焼いてね」とのalar。そんな時にの一本です。(2007.11.07 いのまた) ●・・・・前日のコメント見つけました・・・   「いわゆる「情報量の詰まった味わい」なんですが、内容が些か重複しているというか錯綜しているかと言うか・・・。申し訳ないことに比較対象としたい2003年物を飲んでないので、なんだかなですが、朧気ながら斟酌して整理するとそれに応じた味わいではないかと。なんとなく、ACブルゴーニュに求める物は、それを越えた村名とかの味わいが感じらると、すごいねとなるわけで、・・・・」ととぎれています。要は「二日目は落ち着いてきた」って事で・・・  2004年物のコメントです・・・↓ ●僅かに還元的なところがありますが、実にハーブ的な色彩や、熟したチェリー系の香りが出ています。葡萄はやっぱりヴォーヌ・ロマネ辺りのモノなのかな?幾分液温が低いのですが、綺麗で締まった感じのACブルです。旨味も乗っていそうだな・・・、と暫く置いておくと、キュッとした果実味が上がってきます。この段階で、唾液が湧いてきちゃいます・・・。いいね~。 ●味的には幾分、青っぽさがまじっっているかな?これは2004年だからでしょう。でも果実味は実にフレッシュ且つしっかりとしている。で、酸がオイシイ。これはまさしく梅カツオ系。口に含んだ瞬間に、ふと舌を洗われるようなフレッシュなハーブの調のインパクト。そしてレッドカラント、チェリー、そしてアセロラ的なキュートな酸味。そして柔らかい旨味を伴った余韻が続きます。ボディはライト、かな?軽量級ではありますが・・・鴨の水炊き(鴨ロースを豆腐や三つ葉と出し汁で煮たヤツ)?などに良いのかな?ホッホッと鴨と三つ葉を食べて・・・こいつをクイッと・・・イイ感じだと思いますよ~(2006.12.19 いのまた)   2003年物です・・・↓ ●・・・・コ、コメント書く前に売り切れてしまいました!スミマセン。なぜこんなに売れるのか・・・・なるほどリアルワインガイド誌でめちゃめちゃ褒められています。 ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 爆買い,お買い得

ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 新品,低価

●バーガウンド.com Issue23のコメントです。   「 This was mildly reduced and while the funk did not obliterate the honeysuckle and acacia blossom notes, it did shove them to the rear. Happily, the purity and elegance of the sweet, rich and beautifully complex flavors were not compromised and this possesses brilliant length. A terrific effort that has the hallmark softness of Pucelles while retaining a firm, indeed almost linear finish.Tasted: Jul 01, 2006Score: 91-93Drink: 2012+」 ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 新品,低価

ラ・ジブリオットマジ・シャンベルタン キュヴェ・マドレーヌ・コリニョン 2004オスピス・ド・ボーヌ落札ワイン 限定セール,新品

●デュガはこのワインが欲しくって、ネゴシアンのラ・ジブリョットを立ち上げたとも言われています・・・・。オスピス・ド・ボーヌの競売にかけられ落札したワインです。 ラ・ジブリオットはブルゴーニュ、ジュブレ・シャンベルタン村でトップクラスのワインを生産し、評価の高いクロード・デュガが新たなネゴシアンとして2002年に立ち上げたワイナリーです。経営はデュガの息子ベルトランと、娘レティシアが携わり、父親が築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを基に、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す意欲に満ちています。すでにネゴシアンとしても力を発揮し、2004年のオスピス・ド・ボーヌで「Mazis-Chambertin Magdelaine Collignon」「Pommard Suzanne Chaudron」の2つのキュヴェを落札したことは、ワイン業界での大きな話題となりました。 ラ・ジブリオットマジ・シャンベルタン キュヴェ・マドレーヌ・コリニョン 2004オスピス・ド・ボーヌ落札ワイン 限定セール,新品

ベルナール・ファン・ベルクブルゴーニュ・グラン・オルディネール ル・サン・ルージュ・デ・ラ・テール 2004 最新作,人気セール

●なんとかまともなコメント残さなきゃと思いつつも、残せない!かなり困ったワイン・・・・作っているのはベルギーの人なんだけど、イメージ的にはオランダ絵画かな?暫く前に東京都写真美術館で上映されていた『オランダの光』という短編映画があったが、そこで取り上げられていたフェルメール、レンブラントの絵画の源となる光にヨゼフ・ボイスやタレルがコメントする・・・・光の元は一つにして多彩!なんだよな・・・。 ●あるいはワインの名「土地の持つ赤い血」の通りに地中深く潜んだ力の表れなのかもしれない。幾多の光と土地の恵を受けたワイン・・・自然派的な旨味を保ちながらも、クラシックなブルゴーニュの味わいにも通じる・・・「繋ぐもの」というあるお客様の感想が、シンプルな言葉ながらもしっかりと感じられる。同時に作り手としての「繋ぐ者」、光や土を素材とし葡萄を育てワインに仕立てる、命の循環をこの作り手は繋いでいる(2006.09.22 いのまた) ベルナール・ファン・ベルクブルゴーニュ・グラン・オルディネール ル・サン・ルージュ・デ・ラ・テール 2004 最新作,人気セール

エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 全国無料,最新作

●クロ・ド・ヴージョはその昔、エルヴェの父アラン・ルーミエが、クリストフとその父ジャン・マリーにフェルマージュで貸していました。1978年、エルヴェがドメーヌを引き継いだ時にエルヴェに返却されました。 エルヴェルーミエオートコートドニュイ ポワルロット 2009 全国無料,最新作

ダヴィッドモローサントネブラン 1erCru Beaurepaire 2010 高品質,限定SALE

●サントネは村名ワインで15%程白ワインを生産していますが、一級畑で生産される白ワインは非常に少なく物です。畑はエリア中央のやや高いところにあるり、ジュラ紀上部の基盤が現れています。 ダヴィッドモローサントネブラン 1erCru Beaurepaire 2010 高品質,限定SALE

アニエスエセバスチャンパケオクセイデュレス ルージュ 2007 定番人気,低価

●アニエスさんに会ったときにおそれを知らず「近所のフレデリックはどうよ?」と聞いたみたんですが彼女曰く・・・「とても素晴らしいワインを造っていると思うけど、彼の真似はとても出来ないワ」と言っていました・・・・。 ●さてそのパケの2006年です。2006年って意外にしっかりした年ですね。これは褒め言葉になっているかな?ですが・・・非常に当たり障り無く上手いことまとまっている・・・。が、よくよく見ればかなりのべっぴん。幾分酸も低めながらほどよく飲みやすい。渋味なんぞはすぐ飲めるようにしてあるよ~、と言うことで旨いこと角が丸まっている。のんびりとした旨味も感じられるし、さりげないミネラル感も心地よい。悩ましさはないけれど、優れた落としどころ持っています。 ●全体的に還元した感じで、やや閉じ気味なところもありますが、抜栓して30分もすれば楽しく飲める。美味しく飲める。なるほどパケさんも、シュニュ姉妹も、ファビエンヌちゃんも言っていました・・・「私たちのワイン、そんな寝かせなくてもOKよ!男の人はどうも長いことワインを寝かせたがるけど、普通に普段飲みたいワインを造っているので、皆さんもどんどん飲んでね」って。と言うことで飲み頃は今から2、3年がいいかな、と。しっかりとオイシイ上澄み出て来ます。(2008.07.26 いのまた) ●ちなみに・・・抜栓して1時間ほどたっていますが・・・ミネラル感バチバチ!炙りのメジがちょっと食べたい・・・。  2005年物入荷時のコメントです ●オクセイのワインと言うと、alar的にはどうしてもシャソルネのオクセイが一つの基準となってしまいます。さて、こちらのパケ?どうでしょうか?畑は3.4ha。平均樹齢40年のVV。畑はサン・トーバン側にあり、石灰質に富む土壌。新樽率15%で10ヶ月間の熟成を経ています。 ●香りには柔らかな果実の甘味を感じつつ、クリーンで落ち着きのある雰囲気。チェリー系の赤い果実に、ほどよく黒っぽい感じも混じっています。なるほど2005年!タンニンを軸とするミネラル感もしっかりとしているのかな?いかにも上質のピノ・ノワールを感じさせてくれます。でも、悩ましげな香りが出ていないのは造り手の個性か?それとも当然のことながら開けるのが早いのか?そこいら辺を実際に飲んでみて・・・ ●いかにもオクセイらしい、ハーブやミネラル感が味わいをリードしていきます。そのあとからまだ開ききらない果実味が追いかける。そしてさらにその後を・・品の良い旨味が追いかけている。幾分速いテンポのリズム感、躍動感を感じつつ、心は昂ぶる。開けた小高い丘からの眺望かな?比較的軽め、ミディアムボディの中に開く要素はしっかりと詰まっている。均整のとれた味わいは2005年。伸びやかな仕立て方は造り手の個性。さすがにボーヌ側だけあって、ニュイの気品、あるいは陰影の深さは持ち合わせませんが、思わず微笑みがこぼれる。気品ではなく清潔感が感じられます。 ●作りのアプローチがシャソルネとは異なるのでしょう。シャソルネは基本的にマセラシオン・カルボニックを用いて、こちらのパケはオーソドックスな常温でのマセレーション。シャソルネ05と飲み比べてみたい・・・。造り手としては、2005年がこのタイミングで登場するところをみると、このフレッシュ感を楽しんでもらいたいからかな?その点では充分「楽しめます」といえるけど、これはしっかり(2~3年)寝かせても充分にオイシイのでは?意外なウレシサを提供してくれる可能性大いにあり、です。(2006.12.15 いのまた) ●・・・う~ん、白と同時にグラスに注ぎ、とりあえず後回しにしておいたこちらの赤・・・香りに記憶があるな・・焼けた石、そう、あの焼き芋の石香りです。・・・そして後から付いてくる幾分過熟気味の赤い果実・・・今はなき、ルフレーブの「ブラニー」だ~!2日目と言うこともあり、アレよりは幾分酸が乱れていますが、感じとしては近いかな?ミネラル感が伴ってほどよくタイトな味わいです。あ~、このまま飲み続けていたい・・・・(2006.12.16 いのまた) アニエスエセバスチャンパケオクセイデュレス ルージュ 2007 定番人気,低価

フランソワダレンリュリー レ・サン・ジャーク 2005 大人気,高品質

●かなりお気に入りのダレン。2005年物が再々入荷しました。  『05年のぶどうはしっかり完熟です!持ち前のフルーティーさがたっぷり出ています。もちろんミネラルも十分!じわーっとしみていく優しい浸透感がとても心地よいです。』とのことで期待が持てます。またお値段も2004年から据え置き。これまた嬉しいことです。 ●抜栓して2日目の状態でのコメントです。・・・ウン!これはイイ!おそらくミネラルとか酸とかの角が幾分丸くなり、果実味も適度にほどけた状態だと思いますが、それでも果実味が豊かでリッチな味わい。過度に熟した感もなく、桃や柑橘系のしっかりと詰まった感触。これまでの2003年や2004年に比較するとワンランク上のバランスを持っていると感じます。 ●2日目でもミネラル感はしっかりと残り、果実味をしっかりと支えています。やはり飲み下した後の味わいの広がりが実に秀逸。2005年の素晴らしさはやはり此処、リュリーにも及んでいるようですね。・・・今飲んでも十分な美味しさながら、あと4~5年は十分に熟成させて楽しめそう。でもそれまで待てるかな?コストパフォーマンスの高い一本です。(2007.03.04 いのまた) ●で、再入荷に伴い、改めて上の方の解説読んでいると、なるほどリアルワインガイドに載っていたのか・・・このワイン、改めてネゴシアン物なんですね。でもそこで誰にと媚びない潔さ、それは同時に優しさ・・・・も一度飲んでみようかな・・・   2004年物のコメントです↓ ●のっけからオレンジ・ピールの甘い香り、振りまいちゃっています。なんだか香りにビオを感じましたが、・・・確かにそうでした。2003年に較べるとずっと果実味が濃い感じ。ハニー系の香りは後ろに控えていると言う感じかな?後になって出てきます。酸が太くてそしてソフト。幾分?な苦味が全体をとらえていますが、大きめのグラスだととんでいくのかな? ●と言うことで大きめグラスに移し替え。OK!ソフトな味わいに整いました。でも果実味がとんでいってしまったな~。美味しく飲むのはなかなか手間のかかることです。それはさておき2003年に較べると果実味は豊かですが全体としては酸とミネラルがシャープ。そのため全体としては「コンポート」までは行きません。その代わりしっかりと寝てくれる予感・・・・2,3年先が飲み頃かな?酸が落ち着くのを待って、と言うところで明日もう一度試してみたいのですが・・・次回レポートは4日後ぐらいとなりそうです。(2006.04.16 いのまた)  2003年物のコメントです↓ ●なるほどバランスがとれていますよ、このワインは!いろいろあってどれをサンプルに取ろうかなと思案した上で、危うい2003年飲んで見ればその作り手の実力がわかるかな?と、あえて美味しそうな2002年はスルーして2003年にしたんですが、きっちりと押さえるところは押さえた良いワイン。地理的恩恵もしっかりとうけているのかな?久々にハニーな甘さに酔いしれるシャルドネ、です。 ●果実味、酸味、ほの甘さ、香ばしさ。それぞれの要素がしっかりと韻を踏んでます。それぞれの要素が、繊細ながらもタンッ、タンッと踏まれた事により飲み口にリズムが生まれてくるんですね。・・・・時間を置くと桃や洋なしのコンポートにオレンジ系の妖しい味わい。トロピカルな果実味ものってきます。酸も柔らかくなり始めた頃にはさらにバランスもますます良くなり、それでも芯のしっかり残ったクリーンなフィニッシュ。バターでしっかりと焼き上げたブリオッシュが遠くにかおりつつ、オーソドックスなシャルドネの味わいに、懐かしくも心引かれるワインです。(2005.08.13 いのまた) ●レ・サンジャークはリュリーの一級クロ・サンジャークの隣の畑。もっとミネラルがパンパン?と予想していたのですが・・・ フランソワダレンリュリー レ・サン・ジャーク 2005 大人気,高品質

ドメーヌ・モンショヴェブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2006 100%新品,HOT

●ガメイ100%のグラン・オルディネール、です。え~と、ダレでしたっけ?ブルゴーニュにはガメイを植えちゃいけない!と言ってガメイを全て引っこ抜かせてピノ・ノワール植えさせた王様がいましたね・・・・。チョット飲ませてあげたい・・・。 ●一昨年の今頃実は入荷しておりまして、その頃何となくガメイな感じが強めでしたので暫く放置して置いたのですが・・・・寝る子は育つ?イイ感じになってきました。とは言ってもそこはやはりガメイですので味わいの奥深さはそうそうにありません。そのかわり掴みの明解さ、あるいは根っからの明るさ、を発揮しています。中盤のグリップ感が今ひとつですが、見方を変えれば実にさっぱりとしたライト感覚。で、モンショヴェらしいジンワリ系のミネラル感が余韻を引いて、期待通りのまとめ方。何となくですが、スーパーで売っている鶏モモ肉の何となくレモンの風味を伴ったテリ焼きのパック(いつもながらにしっかりとした名称が解らずスミマセン)などに合うのかな・・・・? ●こちらも「栓」はスクリューキャップ。何かと便利?な一本です。(2008.10.01 いのまた) ドメーヌ・モンショヴェブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2006 100%新品,HOT

ジャンヌ・エ・シルヴァンACブルゴーニュ ルージュ 2005 正規品,100%新品

重要:商品出荷は10月25日よりとなります。 ●この2005年も「座りが悪い」かな?と思いきやなるほど2005年と、言うほどに果実味が乗っています。でその座りの悪い原因とも思えるタンニンもうまいこと乗り続けているので、トータールバランスがなかなかよろしい。気持ち的にはもう少しマセラシオンの期間を短くした方が好みかな、と思いつつも早「このワインどこへ持ち込もうかな?」と考えてしまっています・・・。 ●できれば「豚カツや」さんとかで薄めのロースカツとタマネギ揚げてもらって・・・と言うところなんですが。で、下の004年物のコメント見ると「ステーキ」に流れてますね?でもこの年は「豚カツ」だな~。重心の低さよりも果実味の豊かさやメリハリある酸で、むしろ程よい軽さを感じるんですね、この2005年は。トータルではやはりこちらの2005年が勝ちってことかな?などと考えていると・・・何気にアブナイ領域に入っています。もう、ラベルの上まで減っている・・・(2007.04.18 いのまた)  2004年物のコメントです↓ ●まずはACブルから試してみるか?と入れてみました・・・「畑は0.5ha。樹齢6年。14~18日間の長期低温マセラシオン。10~12ヶ月間の樽熟成で、新樽は使用しません。生産量が年間2,000本程度しかなく、「昔から贔屓にしていただいている個人のお客様を大切にしたい」ということで、日本への割当はほとんどありません。」と言うことですが・・・。 ●あまりじっくりと試飲していないのですが・・・・。ここのオススメはジュブレの村名と、ジュブレの一級物(恐ろしく旨い、らしい)とのことですが、初物なのでまずはACブルでと・・・。ズバリ言っちゃうと、ちょいと据わりが悪い。微妙なところなんですが、いわゆる2004年的青っぽさが感じられます。そして焦がした樽のようなミネラル感というかタンニンというかがかなり重い・・・果実味はやや枯れた印象ながらもビオ系らしい自然な感触があってイイ。旨味も中盤からアフターに掛けて良い感じで広がります。が、まずは一口、口に含んだ際のバランスが今ひとつ。頭でっかちというか、ブルゴーニュグラスになみなみとワインを注いでしまいちょっと不安定、と言う感じかな? ●グラスにおいて暫くすると幾分重心も下がって来て、一安心ですが、抜栓して2時間ぐらいから先は、変化無し。枯れる、と言う雰囲気ではありませんが、不安定な状態が改善されません。ミネラル感自体は土っぽくもあり、濃いめのハーブのニュアンスがジュブレっぽくもあり、素直になるほどと思うところはあります。とある日本のワインを試飲して「山形牛のステーキ」をイメージしつつこちらに移ったわけですが、その際の印象をうまく受け継ぎ、食事に合わせるともっと良い感じ、と思いましたが・・・如何せんワイン単独でのバランスが・・・。 ●これがこのワインの特徴なのか、ヴィンテージの反映なのか、まだ入荷直後でコンディションが整っていないのか、何とも判別がつきません。・・・・と言うことで少し落ち着くであろう一月後、ぐらいに再試飲と行きたいと思います(って言いながらしっかり空になっています、どういうこっちゃ)。(2006.09.01 いのまた) ジャンヌ・エ・シルヴァンACブルゴーニュ ルージュ 2005 正規品,100%新品

ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 定番人気,高品質

●いつになく薄い色あいのミヨです。・・・モカ系の香りも何となく軽い。で飲んでみるとかなりの度合いで果実系。タンニンの感触がハッキリとしつつも薄いんですね、とっても。酸も豊かですが丸くて柔らかい。・・・・ちょうど2004年のバーガウンド.comのコメントに近いモノがあるな。 ●キーワードは「チャーミング」と言っても決して軽さだけではない。容姿のかわいさと共に内面のクレバーなところが感じられます。このクラスにありがちな妙なスキがないんですね、・・・で、改めて、ミヨ、どんな人が造っているんだろう?バーガウンド.comを覗いていました・・・。 ●このACブルゴーニュのコメントは載っていないのですが・・・2006年ミヨ全体のコメントです。    「The very modest Jean-Marc Millot told me that in 2006, he began "harvesting the 22nd of September. There was a lot of sorting work to do, both for damaged but also under ripe berries. Sugars were good though at between 12.1 and 12.8% and I essentially did not chaptalize as I generally don't like 13+% wines. Yields were about the same as in 2005, which is to say low and acidities were excellent. I gave the fermentations a 4 to 5 day cool maceration and the total cuvaison lasted around 12 days, depending on the wine. I punched down once, or sometimes twice, a day and the rest was just pumping over. I like the '06s and while they won't make people forget the '05s, it's an extremely pretty vintage." Note that while I included the in-bottle notes for the '05s in Issue 26 due to a scheduling problem, I have repeated them here for the convenience of readers. Lastly, the 2006 Bourgogne and the villages level wines from Savigny and Vosne are not listed because they were so heavily reduced as to be impossible to accurately assess. 」 ●なるほど、スケジュールの都合で試飲したACブルゴーニュと村名クラスは還元状態が強くて評価できる状態に無かったのか・・・と思いつつ、今飲んでいるボトルには全くそのようなそぶりが見られない。ワンテンポ遅れて出てくる「樽っぽさ」は何となくミヨです。でもこの2006年、ここ数年のブルゴーニュのトレンドをおさえたきれい系。トレンドと言うよりもやはりこのスタイルが本来のブルゴーニュの味わいなんでしょうね。ワインの評価としては「今飲んでオイシイ」。勿論可能性もありますが、この瑞々しさが少し柔らかくなってきた、2009年秋からが飲み頃かな?ここはあまり欲張らずに「走り」から「旬」の味わいを楽しみましょう。(2008.06.22 いのまた) ジャン・マルク・ミヨACブルゴーニュ ルージュ 2006 定番人気,高品質

ダニエル・モワーヌ・ユドロシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・ザムルーズ」1997 大人気,限定SALE

「恋人たちの」という名のレ・ザムルーズ。造り手は控え目ながら実力派のD・M・ユドロ。飲み頃の1997年です。 ●94を試して意外な展開?でしたのでこちらは追加してみました。と言うことで、地元のお客さんとご機嫌取りとうことで飲んでみました・・・・。う~ん、微妙だな・・・94に較べると少し苦味が強い。幾分熱が入った?と思わせるような香りもあって、微妙。94はかなり明るいイメージがでていたのですが、この97年、少し曇っていますね・・。幾分色調も濃いめというか黒いというか。中盤の果実味はまだ感じられるのですが、今ひとつパワーが弱い。これはこれで味わい的には面白いけれど幾分ピークを過ぎている感じですね。 ●尤も、この手のワインには厄介な「ボトル差」があるのでこれ一本では何ともいえないのですが、最近飲ませていただいた1997年のブルゴーニュに共通する、ちょっとくらいところがありますね。幾分液温が低い為もありますが、94もこんなところでのんだしな・・・。ヴィンテージ、なんでしょうかね?作りとしては華やかさは無いですが、基本どおりに真面目に作っている感じです。そこに好感を持ちつつ・・・。 ●グラスをグリグリやると香りの中の「やられちゃった部分」はとんでいきます。なんでしょう、取り敢えずボトルの中で酸化のピークを迎えて還元的な状態?かれこれ抜栓して20分、なんとなく持ち直して来た感じです。グラスグリグリです・・・。あれま!酸も復活してきました・・危ない香りも飛び去り、紅茶きのこの香りです。果実味も詰まってきた感じかな・・。ふ~っ、一安心、としつつ・・・なんとなく他の1997年物を思い出すのですが・・・共通するのはタンニン系の味わいの単調さなんですかね・・・。果実味はなかなかに豊なのですが、支えがしっかりとしていないから、どうも落ち着きがない・・・。ちょっと「二人でレ・ザムルーズ」というのは難しいかな?ワインに気をとらわれすぎると、彼女にあきれられちゃうぞ~!などと思いつつ、これを彼女に美味しく飲ませることができたら・・・・完璧!です。(2007.12.13 いのまた) ●・・・でしたが、あまり進まないなと思いつつ飲み干したところで・・・ズズズ~っと出てくる旨味はなんでしょうか?ややこしいですね~。この味わいって結構南のワインに多いんですね・・・いわゆるボラチル高い、けれども旨味がある・・・丁度、お歳暮でいただいた「牛肉の味噌漬け」を食べたいなと思わせるところは・・・そして意外に色あい的な変化が進んでいるところなど・・・・・・。 ダニエル・モワーヌ・ユドロシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・ザムルーズ」1997 大人気,限定SALE

フランソワダレンリュリー レ・サン・ジャーク 2005 定番,爆買い

●かなりお気に入りのダレン。2005年物が再々入荷しました。  『05年のぶどうはしっかり完熟です!持ち前のフルーティーさがたっぷり出ています。もちろんミネラルも十分!じわーっとしみていく優しい浸透感がとても心地よいです。』とのことで期待が持てます。またお値段も2004年から据え置き。これまた嬉しいことです。 ●抜栓して2日目の状態でのコメントです。・・・ウン!これはイイ!おそらくミネラルとか酸とかの角が幾分丸くなり、果実味も適度にほどけた状態だと思いますが、それでも果実味が豊かでリッチな味わい。過度に熟した感もなく、桃や柑橘系のしっかりと詰まった感触。これまでの2003年や2004年に比較するとワンランク上のバランスを持っていると感じます。 ●2日目でもミネラル感はしっかりと残り、果実味をしっかりと支えています。やはり飲み下した後の味わいの広がりが実に秀逸。2005年の素晴らしさはやはり此処、リュリーにも及んでいるようですね。・・・今飲んでも十分な美味しさながら、あと4~5年は十分に熟成させて楽しめそう。でもそれまで待てるかな?コストパフォーマンスの高い一本です。(2007.03.04 いのまた) ●で、再入荷に伴い、改めて上の方の解説読んでいると、なるほどリアルワインガイドに載っていたのか・・・このワイン、改めてネゴシアン物なんですね。でもそこで誰にと媚びない潔さ、それは同時に優しさ・・・・も一度飲んでみようかな・・・   2004年物のコメントです↓ ●のっけからオレンジ・ピールの甘い香り、振りまいちゃっています。なんだか香りにビオを感じましたが、・・・確かにそうでした。2003年に較べるとずっと果実味が濃い感じ。ハニー系の香りは後ろに控えていると言う感じかな?後になって出てきます。酸が太くてそしてソフト。幾分?な苦味が全体をとらえていますが、大きめのグラスだととんでいくのかな? ●と言うことで大きめグラスに移し替え。OK!ソフトな味わいに整いました。でも果実味がとんでいってしまったな~。美味しく飲むのはなかなか手間のかかることです。それはさておき2003年に較べると果実味は豊かですが全体としては酸とミネラルがシャープ。そのため全体としては「コンポート」までは行きません。その代わりしっかりと寝てくれる予感・・・・2,3年先が飲み頃かな?酸が落ち着くのを待って、と言うところで明日もう一度試してみたいのですが・・・次回レポートは4日後ぐらいとなりそうです。(2006.04.16 いのまた)  2003年物のコメントです↓ ●なるほどバランスがとれていますよ、このワインは!いろいろあってどれをサンプルに取ろうかなと思案した上で、危うい2003年飲んで見ればその作り手の実力がわかるかな?と、あえて美味しそうな2002年はスルーして2003年にしたんですが、きっちりと押さえるところは押さえた良いワイン。地理的恩恵もしっかりとうけているのかな?久々にハニーな甘さに酔いしれるシャルドネ、です。 ●果実味、酸味、ほの甘さ、香ばしさ。それぞれの要素がしっかりと韻を踏んでます。それぞれの要素が、繊細ながらもタンッ、タンッと踏まれた事により飲み口にリズムが生まれてくるんですね。・・・・時間を置くと桃や洋なしのコンポートにオレンジ系の妖しい味わい。トロピカルな果実味ものってきます。酸も柔らかくなり始めた頃にはさらにバランスもますます良くなり、それでも芯のしっかり残ったクリーンなフィニッシュ。バターでしっかりと焼き上げたブリオッシュが遠くにかおりつつ、オーソドックスなシャルドネの味わいに、懐かしくも心引かれるワインです。(2005.08.13 いのまた) ●レ・サンジャークはリュリーの一級クロ・サンジャークの隣の畑。もっとミネラルがパンパン?と予想していたのですが・・・ フランソワダレンリュリー レ・サン・ジャーク 2005 定番,爆買い

EURLフレデリック・コサールシャサーニュ・モンラッシェ1erCru アヴェイ・ド・モルジョ 2006 驚きの破格値,新作登場

●かつて2001年と2002年に作られたピュリニの1級と同じ畑の物となります。シャサーニュでもサントネに近いエリアのなだらかな斜面。ここに約4haの畑を持つマダム・マジェンタの畑のブドウを使っています。 ●幾分緑がかっても入るような淡い黄色。透明感もあると同時にフレッシュな若さ=堅さを感じさせます。グレープ・フルーツの様な柑橘系に加え、幾分ウエイトの乗った黄桃のシロップ漬けのような香り。微かに遠くスモーキーなニュアンスも含んでいます。味わいは・・・修道院の礼拝堂のような静けさ、堅さ。青梅のようなあるいはまだ熟さないネクタリンのような・・・揺るぎない堅緻な味わい。この構成の確かさが多分な将来性を感じさせてくれるます。(セミナーにて試飲) ●2008年4月23日より出荷となります。お届け指定日がある際にはご注意下さい。また、お取り置きは暫くの間対応できません。御注文後10日以内にお引き取りをお願いいたします。 EURLフレデリック・コサールシャサーニュ・モンラッシェ1erCru アヴェイ・ド・モルジョ 2006 驚きの破格値,新作登場

ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 限定SALE,新作

●香り自体には幾分まだ還元的なニュアンスを残しながら、チェリーや木イチゴの香り。赤い果実中心に少し青っぽい色の果実の香りも感じられる。軽めのヴァニラ、あるいはオークのニュアンスに伴って南方のハーブのベール。小さいまとまりながらも、無駄のない精錬された香り。やや太めのボディ、程よく鞣され暖かさを感じるグリップ。例によって、ながら軽めのお焦げ的な味わいの向こうから、幾分乾燥した凝縮感のある赤い果実味。そう長くはないけれどまとまりあるバランスを感じさせる落ち着いたフィニッシュ。 ●ま、いつも通りのこのオート・コート・ド・ニュイですが、例年の印象から較べると、僅かに軽くその分伸びやかな印象かな?実は少し冷やしてと思っていたのですが、あまり時間もなくてただいまの液温17度ぐらい。でもワイン自体がよりクリアーに仕上がってイルので、このくらいが丁度良い。最初に還元的な香りがあって、飲んだ印象も先に渋さが出ていたので、充分に果実味が開いていませんが・・・クラスとしては非常にバランスの取れた良いワインかな?と。3年ほど置いておけばまずまず飲み頃スタート、でしょうか?少し樽の焼き方(あるいはその比率)を変えたのかな?2006年の良かったところが、そのままこの2007年も引き継がれている感じがします。印象としてはやはり「クリーンな」なのですが、造り手の方向性としては「タイトな」ところを狙っているんでしょうかね?いずれにしろ暫くそっとしておいて・・・一皮剥けるの待ちましょう(2009.08.28 いのまた)    2006年物のコメントです ●2006年物入荷しました。・・・2006年、安心感のあるうっすらとした色合いです。いつもより赤い色調がハッキリとでている感じがします。香りには柔らかなチェリーの果実味。レッドカラント系のニュアンスも強くでています。そして・・フローラルな香りに優しいハーブ系の色づき。柘植とかの木質のニュアンスも見られます。味わいもなかなかに素直な伸びを見せている。幾分タンニンがまだ張っていますが、その下からの赤い果実味がしっかりとでています。 ●ここ数年のこのワインで感じていた、少しばかし茎っぽい感触。これがチョイとばかし裏通り的な野暮ったさと同時に、裏通り的なご近所感覚を醸していたのですが、この2006年に関しては非常にクリアーな纏まりを見せています。そしてその纏まりから2005年以上の凝縮感、集中力。芯がはっきりとしているので、後々の可能性もいつもよりあるのかな。2005年よりも伸びシロを感じますね。 ●酸のノリも、鼻の頭に汗かくくらいに充分。非常に整ったバランスを見せています。何となく作りの上では踏ん切りが付いたのかな?迷い無くしっかりとした味わいはいままでにはない好印象。12.5度というこの年らしい軽さも手伝って、気を許すとスルスルと喉を潤してくれます。これまでよりも何となく、一歩進化したローラン・ルーミエを見た感じがしますね。これからますます楽しみな造り手です。(2008.06.19 いのまた) ●「2004年物です。試飲完了まで2003年のコメントを↓」と言っているうちに2005年が入ってきました・・・・・やっぱり侮れんな~。香りの処から「きた~っ」て感じですね。抜栓直後、ちょっと中盤弱いのですが、それ以後の旨味はのびるな~。この年は酸もたっぷりなので、もう少し、2年ぐらいおいて丁度ボチボチと美味しくなるでしょうね。同じ時期に入荷した、新人オーレリアン・ヴェルデと較べると、こちらの方がぐっと軽やか。おそらく収量はこちらの方が多い、ですがこの軽やかさが良い感じ。濃縮感というのはありませんが、上手い味わいにしっかりと落とし込んでいます。明るいな・・・。 ●何となく軽めのシャンボール・ミュジニ風。緩やかな丘の上をはしゃぎ回る風達のよう・・・。例年、このオート・コート・ド・ニュイ、キュッと締まった味わいが魅力ですが、この2005年、それに磨きが掛かっています。「おっちゃん、カシラ3本、塩でね!」と。(2007.07.25 いのまた)       L・ルーミエのオート・コート・ド・ニュイ、いつも一番侮れません    ●取り急ぎ試飲してみました。幾分色調に黒い果実が感じられます。香りは・・・甘いです。赤いラズベリー系に幾分乗りかかるようなカシスの風味。これに加えてカラメルっぽい甘さが漂っています。やはり酸は低めなのかな?時間と供に甘さは落ち着き幾分スパイスのニュアンスも出てきます。それほど低く抑えた収量(45hl/haほど)ではありませんが、アペラシオンを反映した、きりっとしたワインとの雰囲気ですね。やはり暑さを反映しているのでしょうか? ●グラスに入れて静かに15分ほど。もうそろそろ良い頃合いでしょう。想像していたよりもかなりドライですっきりとまとまっています。静止状態でのスタートですので果実味が立っていないのかな?酸も期待以上にしっかりとしてバランス的には良いのですが、まだ十分に「当たり」が出ていません。アフターに感じるタンニンに支えれたミディアムクラスのボディや、うっすらと乗った旨味の確かさ。ふっと横切るヴァニラのニュアンス。伸びる要素は十分あります。標高が高いだけあって結果的に良いワインになりましたね。もう半年ぐらい寝かせて果実味が安定して開き始めたところを楽しむか?2~3年おいて果実が枯れ始め旨味たっぷりとなったところを楽しむか?楽しく思い悩ませてくれそうな予感がします。(2005.08.10 いのまた) ●結論から言っちゃうと、やっぱり2003年難しいです。今朝方ちょいと味見してみましたが、フムフムという良い感じ。果実味も幾分乗ってきたかな問うところですが、夜になって試飲してみると・・・アタックの強さだけが印象に残ります。果てさてどうしよう?昨晩はポテンシャルを感じつつまずはこのアペラシオンとしては当たりのワイン、と思いましたが・・・もう暫く、長い目で見ていきましょう。(2005.08.11 いのまた)   おまけで、2002年のコメントと新井順子さんのコメントを付けておきます。 ●2001年をのんだとき「やっぱりルーミエ系はシャンボール」などと言っていたので、このコート・ド・ニュイ、のんでなかったんですけど、改めて2002年のんでみるとおいしいですね。最初に旨味に似た味わいが「じゅじゅっ」と来て、一拍置いて果実味が「じわーッ」と来ます。そして「ほぁ~」としたタンニンが横切り、「じゅん」とくる柔らかな酸でフィニッシュまとめています。決して大袈裟なワインではありませんが、優しさと力強さ・・・。程々に、いいワインです。 ●どちらかというと食事の引き立て役かな?お相手はオージー・ビーフ。厚めに捌いて、じょわ~とくる赤身のステーキ的美味しさに合いそうです。・・・時間と共にドライなハーブのニュアンスが強くなってきます。梅紫蘇系の味わいは、最近の流行なのかな?こうなるとお肉にも気持、お醤油欲しくなります。大根おろしやアサツキいっぱい掛けてね。そうそう、お醤油はできればだし醤油が良いと思います。(2004.06.18 いのまた) ●おおよそ2日目、多少果実味がしぼんでいますが、これがまた、なめし革やタバコの葉、柔らかなスパイスのニュアンスと混じり合ってイイ感じです。でもポテンシャルから行くとやっぱり1日目の方が良いかな?この辺りは皆さんにお任せです。 2001年ヴィンテージの新井さんのコメントです。 コート・ド・ニュイの西側の350mと標高の高い斜面に畑が広がる2haの畑は傾斜の畑なので、通常のブルゴーニュの畑は10000本/haという樹を3300本/haという少ない本数で、かつ両方に枝を伸ばし(ダブル・ギヨ)6~15芽残した仕立てです。少しずつ理想的な畑作りを目指す為、1976年、1980年、1990年、2000年と植樹を増やし今の畑となりました。その中でも良い葡萄を選択して醸造したので、とても地区名のAocとは思えない、コストパフォーマンスの良いワインです。 新樽5%、残りは古い樽で15~18ヶ月熟成。収量は45hl/ha、2001年は軽くフィルター作業を行いました。シャンボール・ミュジニイとは全くタイプの異なる、アタックの強いしっかりとしたピノの個性を前面に出した味わいです。 ローランルーミエオートコートドニュイ 2009 限定SALE,新作

ジャン=ジャック・モレルサン=トーバン 2005 新作登場,得価

●サン=トーバン、コート・ド・ボーヌの中でもモンテリ以上にマイナーなアペラシオン!ピュリニとシャサーニュの境の沿いを一山越えて行ったところにあります。相対的にピュリニ辺りよりも標高が高いんですね。 ●で、2004年は一級のフリヨンヌでしたが、2005年は収量が一樽分にも満たず、村名格に全てブレンドされました。(此処で疑問。サン=トーバンの一級って赤でも良いのかな?)でもフリヨンヌ、味がこなれるまでかなり苦労したな・・・インポータのM氏も言っています・・「2004年の野菜ジュースのように濃厚なサントーバン・プルミエクリュも個人的には好きだけど、今回のサントーバンはよりピノらしい華やかさがあり、コストパフォーマンスが非常に高い!」ちょっと期待しちゃってイイかな? ●と期待しつつのんでみまスタ。先ず香り、ですが、2004年のようなど~んとした重さが無い。例によって果実味濃厚で焼き芋っぽい甘さも感じられますが、焼き芋のデンプン質の灼けた感じがほとんど無いですね・・・、これは進歩かな?2004年以上に甘く感じもしますが、もっと糖質の焦げた甘さ、そうカラメル的な甘さです。そしてその中にぎゅぎゅっと詰まった果実味がたっぷり。なのですが下の方からしっかりとした酸とミネラルがきっちりと野放図になりがちな処を押さえている。此処まででかなり口の中はだらだらしちゃっています。 ●そこで早速一口。何となく果実味の凝縮感にジュブレの一級など感じながら飲んでみましょう・・・。で、やっぱり飲むとボーヌ物なんですが、まずまずのバランスではないでしょうかね。感じとしては赤系のチェリーやレッドカラントが60%ぐらい、残りは黒系のブルベリーやブラックカラント、でこの黒系がかなりアクセントになっている。何となく口の中はベリー系の大試食会と言った様相です。で、特徴的なのはまさに摘み立てと言った趣のハーブの感触。幾分若い青さも感じますがびしっと効いています。何となく蕗の薹の苦味にもにているかな?アフターにはシルキーながらも厚めのタンニン、前出のハーブの感触を絡めながらの密度の濃い酸味とサラサラとしたミネラル感に包まれた旨味が続きます。・・・・何となくですがかつて在りし日のルフレーヴ、ブラニー「スール・ド・ダーヌ」(あっちの方がもうちょっと濃いんだけれど)に似ているかな・・・ ●確かにイイワインなんだけど、さてさて2004年のフリヨンヌと較べて「力」が在るかというとこれまた別問題。意外にピークは2010年ぐらいまでなのかな?果実味を中心として各要素はしっかりとしているけれど、全体の構成は意外に繊細というかデリケート。先ずは酸の落ち着く秋頃からがボチボチと良い感じかなと思います。グラスに入れて甘味がゆるむと苦味も強くなるしね・・・。逆を言えば、とりあえずの美味しさはいろいろ在るけれど、村名格と一級100%の違いがそこはかとなく漂っている?なので、一樽に満たないフリヨンヌ、飲んでみたかったな・・・・と。(2007.05.04 いのまた) ●で、結論ですが、このワインイイと思います。どちらかというとコンテンポラリーな部類に入るんじゃないかな?何となく味わい的にルイ・シュニュやパケと共通しているような感じかな?むしろ新樽使ったキュベとか在ると一気にクラシックに傾きそうなポテンシャルを感じているのです。密かに要チェック!な造り手です。  その、かなり苦労した1reCru『レ・フリヨンヌ』2004年物のコメントです。↓ ●なんだろね~、この味は?焼き栗とか焼き芋のような甘香ばしさの香りと、果実味の中抜けしたようなひょうたん型の味わい。余韻の旨味は良いのだけれど、これじゃ世間は納得しない。グラスをぐりぐりとか、デカンターに移し替えたりといろいろやってはみるのですが、どうも美味しいタイミングが掴めない。決してつまらないワインじゃ無いだけに勿体ないなと思いつつ、豚カツ(勿論ロース!)にお醤油かけてな夕飯を期待する西暦2006年4月2日の夜です。(いのまた) ●・・・ようやく二日目ですが、ちょっと、ね~?な状態です。少し放っておきすぎました。ホッ栗とした感じは落ち着きましたが、幾分酸が立ってきています。抜栓して2時間ぐらいが一つの目安かな?「ヨシコちゃん」のように気持ちの明るい良い子なんですが、やっぱり脇役に回っちゃうんだな・・・。里芋の煮物とか、金目の煮付け・・・・、で改めてインポータさんの資料の「日本向けマリアージュ」の欄をみると!なんと「牛スジ大根」となっています。イイ線行ってるジャン!(2006.04.03 いのまた) ●・・・・コメントこのままにしとこうかなと思いつつもボトルの中には今少し・・・・・グラスに空けて、香りを取ると、半ばボロボロ(そりゃ3日も経ってるんだから)。でもねどこか生命反応が感じられるんです・・・。1級の意地とでも言うのでしょうか?むしろこのくらいの方が本来のワインの力、コントロールしやすいのかな?・・・いろいろと考えて突き詰めて行っちゃうと、ワインとはなんぞや?と言うような高尚な話題に立ち入りそうで、ある意味恐ろしい存在かも・・・・(ちょっと疲れる自然派でした 2006.04.04 いのまた)   ------------------------------- 改めてインポータさんのコメント読んでいるんですが・・・  「野菜のポタージュ、ミネラルの香り。エレガントという言葉よりも、むしろ濃厚なエキスと果実味がたっぷりで噛みごたえのある赤で、ブルゴーニュで久々に田舎臭いワインに出会うことができた。」・・・・・ビオ臭さは無いんだけど、雰囲気がもったりとしているんですね。やはりブルゴーニュには洗練された味わいがないといけないと思います(alar談)  「素朴な味わいが主体で、人工的な洗練さをほとんど感じないことをほめ言葉で言ったつもりが、ジャン・ジャックには逆に心配になったのか、『今はカーヴでの試飲でワインが冷えているから、香りの開花が遅いが、室温で飲むともっと華やかな香りが開花する。』と、一生懸命グラスをまわしながら香りを確かめていた。」・・・・・・ほら本人もその辺り気にしているんだから。ブドウはさすがに良い位置に付いているし、04的な変な青さもないので、このもったり感はかき混ぜ過ぎか圧搾きつすぎと読んだんですが。(alar談) ジャン=ジャック・モレルサン=トーバン 2005 新作登場,得価

ドメーヌ・デ・ランブレイモレサン=ドニ 2002 本物保証,限定セール

●先ずはワイン専門誌の評価から、いつもの2誌です。   バーガウンド.com 13号(2004年第1四半期)  「2002 Morey St.-Denis: Elegant, pure and racy with soft and tender, juicy, even succulent flavors that offer good if not exceptional length. This is pretty and nicely balanced. (85-88)/2006-12」   ワインアドヴォケイト153号(2004年6月)  「The medium to dark ruby-colored 2002 Morey-St.-Denis displays sweet blackberry, spice, and wax aromas. Broad, fruit-forward, and lush, it is medium-bodied, soft, and offers black pepper-laced dark fruits. This delicious, generous wine is enormously appealing but short. Drink it over the next 5 years.88-89points」 ●2002年としてはしっかりと酸が乗った印象です。プラム系の果実味もまだ固め。明るくはっきりとした輪郭にスパイスやハーブの印象が強く重なります。アフターに感じる甘さもどこか浮ついたところがありまだ全体に良くなじんでいない、と言ったところかな?只、明らかに感じられるのは村名のモレ・サン=ドニでここまで締まった味わいはなかなか無いですね。もう少し樽が効いているとデュジャーク系に近いのですが、もそっとエレガンスな立ち振る舞い。あと2年はそっとしておかなくては・・・。 ●グラスに入れて30分、幾分落ち着きと統一感が出てきました。樽もほんのり効いてきてバランスのいい味わい。でもこうなると人間欲が出てきますね・・・もう少しフィニッシュが長いといいんだけれど・・・・(2004.12.02 いのまた) ドメーヌ・デ・ランブレイモレサン=ドニ 2002 本物保証,限定セール

ユドロ・バイエACブルゴーニュ ルージュ 2006 格安,お得

重要:こちらの商品はお取り置きは承れません。 ユドロ・バイエACブルゴーニュ ルージュ 2006 格安,お得

クルティエ・セレクション par Lou Dumontニュイ・サン=ジョルジュ 2000 2017,人気

●幾分酒質の弱さは気になるけれど、実に綺麗なニュイ・サン=ジョルジュ。健康なラズベリーやチェリーの瞬きの間に、少しミンティな・・リコリスミントの微かな甘さを感じるハーブのニュアンス。ふとアフターに横切る、・・ちょっと乾いた土の感触。幾分砂、あるいは砂利の混じった畑かな?(あくまで想像)・・・いわゆる飲み頃の状態でのリリース、かな? ●酒質がやや弱いというか、おとなしい点。そしてタンニンが幾分粗い、と言うところを除けば実に均整のとれた味わい、かと。一本のワインをじっくり楽しみ検証しながら、と言ったコニサー向きのワインではありませんが、セレクションした社長と社長との思いは良く伝わります。・・・先ずはオイシイワインを楽しんで!感覚的には新ブルゴーニュですが、ちょっとクラシカルでもあり、良い落としどころに落ち着いています。 ●・・・・コルクになんのしるしもないところをみると、あえてリコルクしているのかな?それとも最初から?浸み具合を見るとリコルクしているようですが、どうでしょうか・・・?しっかりとニュイ・サン=ジョルジュしている味わい、似てるとすると誰だろう?思いつくのはジョルジュ・シコトとかセルヴォー?で一番ニアな感じはラブレ・ロワ?・・ってネゴシアンでしたね。例によってこの時期、温度低めなので、この辺り旨くコントロールできると、抜栓後すぐおいしい。と言うことはかなりレストランさん向きかな?と思っておりますです。(2007.12.28 いのまた) ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 クルティエ・セレクション par Lou Dumontニュイ・サン=ジョルジュ 2000 2017,人気

ドメーヌシャソルネサンロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2008 最新作,限定SALE

ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 新作登場,大人気

●B.G.O.と同じ2002年物です。こちらの方がよりマクマオン節効いています。何と言うか・・・アルザスのリースリング系の石油っぽさ、独特の酸化を感じさせる香りのトーン。グラスに注いだ瞬間はちょっと抵抗があるかも。なんですが、これが何となく病みつきというかそそられるんです。・・・とり急ぎ、でグラスをぐりぐりやると・・・この特徴的な香りが、崩れるというか、溶け込むというか・・・。やはり2001年よりは果実味の厚みがあります。たとえば、ビゾのビオレット。ちょっと似た感じはありますがもっとミネラル感が強く輪郭がきっぱりとしています。スタイルのブレないところはこの造り手の特徴かな?その上でしっかりと良いヴィンテージの特徴を出しています。・・・シャソルネの02オクセイと較べてみたいな・・・。 ●で、実際に較べてしまったわけですが、シャソルネの方が果実味豊かで、そのかわり瓶内で酸化した=熟成感が強い。一方、こちらのマクマオンは酸化のペースは速いけど、後から果実味が浸みだしてある意味新鮮。イメージ的にはそんな感じでどちらもそれなりにイイ感じで育ってます。・・・両方とも美味しいな・・・。「鯖の押し寿司」と「焼き鯖寿司」の違いかな?なるほどどちらが良いかというのは、たとえば合わせる料理によって異なってくる相対的な問題なんですね。イイワインを飲み比べる事、改めて勉強になります。と同時に酔いの回るのも楽しいくらいに早いです・・・(2006.11.12 いのまた) ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 新作登場,大人気

ジョルジュ・ミュヌレクロ・ヴジョ GrandCru 2004 品質保証,高品質

●バーガウンド.com25号(2007,1st.Q)のコメントです。 「This is one of those wines where you can actually smell the depth before you taste it. An impressively complex and deeply pitched earthy red, black, violet and spice aromas give way to expressive, rich and concentrated full-bodied flavors that have the best mid-palate density as well as the best phenolic ripeness of any wine in the range, all wrapped in an intense, mouth coating and subtle mineral-infused finish. This is not usually a noticeably mineral-based wine but the transparency of the 2004 vintage highlights this aspect and while there is the classic young Clos de Vougeot austerity on the backend, there is less of it than I normally find here. In short, this is a terrific effort and the most complete of these '04s. 93/2013+ 」 R・パーカーがその著書の中で常に「秀逸」から「傑出」と評価するミュニュレ・ジブール/ジョルジュ・ミュニュレ(ヴォーヌ・ロマネ村)。ワイン生産は、このドメーヌの設立者であり眼科医であったジョルジュ・ミュニュレ博士の未亡人と、2人の娘さん、クリスティーヌとマリー=アンドレ、に引き継がれて運営されています。 ジョルジュ・ミュヌレクロ・ヴジョ GrandCru 2004 品質保証,高品質

ダニエル・ロワオーセイ・デュレス1erCru「ル・ヴァル」ルージュ1981 大人気,定番人気

●まだ生炊きだ~。芯が残っています。程よいチェリーの香り、すっきりハーブをブレンドした紅茶。まだ味わいには若さを感じつつ、程よく熟成による味わいもでています。が、以外にタンニンが堅く残っている。周りはだいぶ良いのですが、ちょっと芯まで炊けていない・・・これがいわゆるオクセイらしいオクセイと言うことなのでしょうか。あまり動いていないのか、瓶の側面には澱がかなりへばりついています。コンディションとしては余裕で合格。ま、あとはアペラシオンが、と言うことですがやはり1級nanoで此処まで保つのでしょうね。もう一つの一級「レ・ヴァル」に較べるとこちらの方が幾分スリムなのかな・・・。 ●かつて十数年前にワイン教室通っていたとき、先生が当時「いまどきのワインは手を掛けすぎ」とおっしゃっていましたが、古いワインも飲んだことが無く、実際のニュアンスが良く理解できなかったのですが・・・・今こうして、それなりに古いワイン=クラシックな作りのワインを飲むと、「なるほどこういう味わいのことを言っていたんだな~」などとその頃のことを懐かしく思い出します。ついでに収量を計算すると・・・約概ね30hl/ha、かなり低いですね。 ●こうして暫く置くと歳相応・・・最初気になる獣(飼い犬)っぽい香りや、ちょっと強めの腐葉土の香りも、次第に落ち着いて、ゆっくり開く果実味との調和を醸します(芯もなんとか・・)。決して大所の「言葉を失う」とか「感動した」って表現には縁遠い存在ですが、「うちの爺さんがさ~」って感じのほのぼのとした雰囲気。9月に試飲したときよりもさらにイイ感じ、です。ボウルは大きめだけど、あまり深いグラスでない方がイイかな・・・。コルクは液漏れこそしていませんが、かなり上部までワインが浸みています。勿論リコルク無しですのでしっとりと途中でおれる危険性大。抜栓時には充分気をつけて、ゆっくりと丁寧に・・・。薄めの上カルビ、軽く炙って、ほんのちょっとだけタレ付けて・・・(最近焼肉食ってね~ゾー、美星屋いきて~っ 2007.12.20 いのまた) ダニエル・ロワオーセイ・デュレス1erCru「ル・ヴァル」ルージュ1981 大人気,定番人気

ジャン・ピエール・ボニーACブルゴーニュ ルージュ 2006 品質保証,新作登場

●インポータさんの資料によると「2.03ha。平均樹齢30年。粘土石灰質。12~15ヶ月間樽熟成(新樽は使用しない)。畑はニュイ・サン・ジョルジュ村の国道の東側にあります。ごく一部、ニュイ・サン・ジョルジュ・レ・ダモードを格下げしてブレンドしています。」 ●飲んでみると、意外にしっかりと濃い味わいなんだけど重くはない。プルプルした果実味を感じるけれど、決して酸は強くない。幾分モンワリとしたタンニンがややマイナスかな?と思うけど、出来としては村名クラス、と言って良いんじゃないでしょうかね? ●先日来日したときに聞いてみました、「どんなワインを目指しているんですか?」って。彼女曰く「何となく造りたいワインはイメージしているけれど、子供たちの世話とか、いろいろあってまだまだこれから・・・・」う~ん実に正直だな・・・。経歴を見ると元もとは薬剤師さんで、お父さんが亡くなってドメーヌの後を嗣ぐこととなり、オーストラリアで研修してきたと言うのですから、比較的抽出はしっかりとするスタイルじゃないんでしょうかね?でもそこはブルゴーニュ。あまり無理した感じはありません。・・・時間と共に果実味もしっかりと付いてくる。決して重たい味わいではない。この秋口ぐらいからが飲み頃となるのでしょうか。なかなかカワイイ顔していながら、しっかりとお母さん的な強さと優しさを兼ね備えたイイワインと思っています。(2008.07.19 いのまた) ●で、一応2日目のチェックです。果実味は幾分萎み気味ですが、タンニンが柔らかくなってイイ感じです。このあたりのバランス感、確かに2005年に似ているかな?ただ安定感はこちらの2006年の方が随分と在る。ワインを造る環境も少しづつ安定してきた様子をうかがい知ることが出来ます。と言うことで、飲み頃はこの秋からかな?ソフトな味わいのブルゴーニュをお探しの際にはオススメです。(2008.07.20 いのまた) ジャン・ピエール・ボニーACブルゴーニュ ルージュ 2006 品質保証,新作登場

クルティエ・セレクション par Lou Dumontシャルム・シャンベルタン 2004 人気セール,新作

●上の方の2本開けて、なかなかやるな!と言うところで、2004年とはいえ、グランクリュですよ!シャルム・シャンベルタンですよ!で、6400円(税別だけど)って、いっ、ぃ良いんですか~っ? ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 クルティエ・セレクション par Lou Dumontシャルム・シャンベルタン 2004 人気セール,新作

メゾン ルーデュモンAOCヴォーヌ=ロマネ 2001 人気定番,SALE

●ヴォーヌ・ロマネというアペラシオンに期待する「なめらかでふくよかな味わい、ミネラル感の充実した高尚な複雑さ」とはちょっと距離が離れているかな。酸のきれいさは目立つが、ほほえみがない。ルー・デュモンのワインに共通する「飾らない」スタイルが、このワインに関しては「無表情」というやや否定的な印象を残してしまう結果に。 ●でもアペラシオンのことを考えずに楽しめば、元々素性のよいワインだけに、素直においしく飲めるワインなんだけど、ヴォーヌ・ロマネとしての値段を考えると、また考え込んでしまう、という複雑な心境です。(2004.08.15 いのまた) ●こちらも2日目、「多少果実味もふくらんで」というよりも酸が落ち着いて丸くなってきた、という印象です。そこで無表情から「軽いほほえみ」に表情も変わったように感じられます。素直に飲むとまずは「おいしいワイン」の範疇(それもかなり中心に近い)に収まりますが、やっぱりヴォーヌ・ロマネの看板しょっちゃうと・・・。なかなか難しいポジションです。(2004.08.16 いのまた) ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 メゾン ルーデュモンAOCヴォーヌ=ロマネ 2001 人気定番,SALE

ジョセフ・ロティマルサネ ・ロゼ 2005 人気,正規品

●ロゼ好きとしては飲んでみたいのですが、こちらも割当量が少ない・・・インポータさんのコメントです。   「どっしりと重みもあり、より赤に近いロゼ。香りの要素もたっぷりとあり、ロゼの価値観をいい意味で変えてくれる一本。新鮮なイチゴのようなアロマが特徴的。ミディアムボディで、濃厚で生き生きとしていて絹のような舌触りと、バランス、赤い果実の核を備えています。」 ジョセ・フロティ、現在は息子さんのフィリップ・ロティが中心となってワイン造りを行っている小規模ながら実力派ドメーヌ、と言われつつこれまであんまり飲んだことの無かったジョセフ・ロティ。イヤ~良いワインです。比較的裾物を飲んでも非常にスムーズな味わい。でも、これだけじゃないよね・・・・ちょっと寝かせてみても良さそうです。上の方はもっとすごいんだろうな・・・・。ジョセフ・ロティ熱烈お薦めドメーヌかも、です。 ジョセフ・ロティマルサネ ・ロゼ 2005 人気,正規品

ジュリエット・シュニュジュブレ・シャンベルタン1erCruレ・カズティエ 1997 爆買い,定番

●下のヴォーヌ・ロマネと較べると、幾分こちらの1998年の方が熟成が進んでいるかな?と言う感じです。でも、基本的に「作り」は変わらないな・・・ヴォーヌロマネよりも果実味の膨らみを感じますが、ベースとなるタンニンの厚味とふくよかさ、そしてやや甘味すら感じさせるボディ。このあたりは共通しています。酸の繊細はやはりブルゴーニュなのですが、全体の味付けはNZ系のピノににているんでしょうかね・・・・。ちょっと面白いシャンボール・ミュジニ、そしてなかなかオイシイシャンボール。ミュジニ、であります。 ●いわゆるポテンシャルを感じさせられないのですが、きちんとしたクオリティをかんじるのかな?かなり詰めたニュアンスの作りを感じます。やること、やってるねと。酸のきれいさ、たゆたうようなボディの存在、欠点はあまり見つからないんだけどな~・・・・、伸びシロが測れない。ミネラル感が希薄。これがクリアーされるとかなり高得点が期待できるのですが・・・それでもワインとしては妖しい魅力に溢れています。(2008.07.21 いのまた) ジュリエット・シュニュジュブレ・シャンベルタン1erCruレ・カズティエ 1997 爆買い,定番

フィリップ・パカレシャルム・シャンベルタンGurandCru 2006 お買い得,低価

●勢いで開けてしまいました・・・。2日目のレポートです・・。初日は随分とラヴォー・サン=ジャークが頑張っていたので「オイオイ、グラン・クリュなんだからもうちょっとしっかりしてよね」とコメント残すのやめようかと思っていたんですが・・・。2日目、ドッシリとグラン・クリュな佇まいです。 ●でもたとえば・・デュガとかとは一線を画します。怒濤の果実味とか緊密なコンクリートのようなタンニンとかというわけではないんですね。タンニン系の感触は何となく似ていなくも無いところで、ジュブレ特級一族の味わいなのですが、果実味が興奮するようなところにない。でもその先に熟成させて、という好奇心が湧き出る作りをしています。 ●目指している山のスタイルが違うのかな?そー言えばパカレはレッド・ツエッペリンが好きだとか・・・・。ソ~言う存在かも知れないな・・・。Charms・・魔力とか魔法とか、そんな意味があった、かもしれない。(2008.05.01 いのまた)● 追伸:3日目・・・残りをじっくりと?飲んでみました。ジュブレの特級の風合い、ようやく出て来たかな?朧気な果実味が締まってきて、張りのあるまとまりを見せつつ、輪郭となるミネラルの構成がより緊密になってきた印象です。初日の「おい!おい!」からようやっと目指すべき方向が定まってきたかなという、ところ。飲み頃は十分に2012年以降ですね。 Ch Rays,Domaine Leroyで研修を積んだ後、プリューレ・ロックの醸造長を長年務めその後2001年に独立・・・が、フィリップ・パカレの経歴です。また彼はボージョレのマルセル・ラピエール氏の甥でもあり、その縁で『自然派(アペラシオンを越えたフランス全土における)』を形成することとなったジュール・ショヴェの最後の弟子でもあります。 パカレはジュール・ショヴェの元で、相応の犠牲(例えば労働時間であり、あるいは腐敗果を捨て去る勇気・・・)を払うことを厭わなければ、近代技術に頼らない自然派の作り=かつて1950年代頃まで普通に行われていた作り方で、テロワールを忠実に表現する素晴らしいワインができる可能性に満ちていることを学んできました。そしてここで行われていることが「ただの非科学的な理論のように思えるだろうが、科学的なことを十分に理解した上でなくてはこのようなことには取り組むことができない。この理論は、自然科学に基ずくものである。」と言うことも理解しています。 そしてパカレ曰く、「ブルゴーニュワインの多くは単一品種で構成されているからその味わいを造っているものは、ブドウではなくテロワールなのである。これを最も大切にしなくてはいけないし、土壌、ブドウ、天候、そして人間があり、このどれ一つとして欠けてもワイン造りは不可能である。また、人間はオーケストラでいうところの指揮者であり、ブドウがより良く育つために導いてあげるだけなのだ。ワインは工業製品ではないから、技術を駆使して手を加えてしまうと本当のテロワ-ルを表現することはできない。」と。 実際のワイン造りにおいては、ブルゴーニュの伝統品種ピノノワールやシャルドネにこだわり、単一の品種が様々な土壌や気候によって異なった表情を見せることを重要と考えています。画一的な手法で、ある決まりきった味わいを造り出すのではく、その年、その土地、その気候が生み出すコピーのできない味わいのワインこそが理想と言います。栽培においては、農薬や除草剤を使用せず、とにかく成熟して健全なブドウを得ることに注力します。除梗をせずに発酵させるため、果梗まで完全に熟した状態で収穫することを理想としています。 醸造においてはSO2を用いず、ブドウに付いた天然酵母の力で発酵させます。ブドウ本来の風味を損なうと考えている作業も行いません(ルモンタージュなど)。同様の理由で新樽の使用にも慎重で、過剰な樽由来のロースト香を避けます。補酸や補糖といったことも行いません。 このように今や自然派ワインで採用されている典型的な手法を実践しているフィリップ・パカレですが、彼のワインには一部の他の自然派ワインにみられるような酒質の緩さや揮発性の香味、還元的なニュアンスを感じることはありません。そこには、様々な醸造法を知り、多くの経験から得た知識を持つパカレ氏ならではの特徴といえます。パカレ氏は、緻密で多彩な科学的知識を背景に酸化と還元のバランスをとり、完成された味わいの自然派ワインを生み出しています。インポータさんからの2005年ヴィンテージコメントです。   「非常に出来がよく、今までのパカレのワインの中で「偉大・傑作」といえる作柄。2005年を戦後のブルゴーニュ全体の作柄と比較するなら、1978年のような綺麗な酸味、そして1945年に似た味の濃縮感と収量の少なさです。どちらの年も1959年と並ぶブルゴーニュの赤にとって秀逸な年です。また白ワインの熟度も非常によくて、濃厚でコクの強いヴィンテージとなりました。」・・・なるほど期待の2005年です。こちらは最新ヴィンテージ2006年に関してフィリップ・パカレからのコメントです。   「一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、平均的な作柄の年と言われています。8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、良好な収穫となりました。収穫は9月26日から行いました。   「2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。2005年のような天候に恵まれた年は、誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。   「香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、酸とのバランスも良好です。赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、繊細でエレガントな味わいのワインです。白ワインに関してはとてもリッチで、アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。   「最後になりましたが、2006年のワインを皆さんの傍らにおいて頂き、グラスを片手にテロワールの織りなす華やかなアロマと豊かなミネラルを楽しんで頂ければと思います。ワインは頭で考えて飲むのではなく、心で感じて飲んで頂くことが何よりも大切なことだと思います。是非、皆さま2006年のワインを楽しんで下さい・・・。 フィリップ・パカレシャルム・シャンベルタンGurandCru 2006 お買い得,低価