ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 大人気,お買い得

●バーガウンド.com Issue23のコメントです。   「 This was mildly reduced and while the funk did not obliterate the honeysuckle and acacia blossom notes, it did shove them to the rear. Happily, the purity and elegance of the sweet, rich and beautifully complex flavors were not compromised and this possesses brilliant length. A terrific effort that has the hallmark softness of Pucelles while retaining a firm, indeed almost linear finish.Tasted: Jul 01, 2006Score: 91-93Drink: 2012+」 ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 大人気,お買い得

シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 新作,本物保証

●キュヴェ・カンボン・・・2006年は無かったんだっけ?と思いつつ、2007年が入荷しました。ラベルもチョット灰色っぽいのに変わっています。    久々の2005年物のコメント・・・です。 ●ボージョレでマルセル・ラピエールとジャン=クロード・シャヌレの共同経営で運営されているシャトー・カンボンのワインです。このキュヴェは2000年に作られて以来、じつに5年ぶりに登場。まずはインポータさんの資料など。   「2005年はとても良い年で、優れた質のワインができました。2000年のように、2005年は素晴しい気候に恵まれ、南向きの畑は太陽をいっぱいに受け、収穫はとてもよくできました。この畑の樹齢は50年以上になります。収穫時のぶどうは完熟していました。醸造ではシャプタリザシオン、二酸化硫黄、酵母、酒石酸は添加されていません。アロマはブラックチェリーを感じさせ、熟した風味をもち、ボディーはしっかりとしています。繊細でシルクにように滑らかなガメイです。口の中で余韻長く広がります。アルコール14度」 シャトーカンボン ラピエール et シャヌレ AOCボージョレ キュヴェ・カンボン Cambon 2007 新作,本物保証

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 品質保証,限定SALE

●AOCモレ・サン=ドニに地続きで接するACブルゴーニュ区画(レ・シャン・ド・ラ・ヴィーニュ、レ・クレ・ギヨン)60%、アルスナン村のオート・コート・ド・ニュイ区画40%のブレンドで合計0.2ha分(平均樹齢30年)が85%。15%は、AOCモレ・サン=ドニのレ・クレ・ギヨンの樹齢10年以下のぶどうをブレンドしています。(ちなみに将来樹齢が上がった暁には、このレ・クレ・ギヨンは畑名付き単独キュヴェとして発売される予定です。)   以下2004年物についてのコメントです。 ●全部で8.5ha所有する畑のうち、ACブル用は0.2ha!しぶいです。平均樹齢は30年。・・・・初めての作り手さんなので、それほど仕入れいはしなかったのですが、これがまたなかなか良いです。しっとりとミネラル感の漂うまっとうな自然派ブル。04らしく少し若苦さを感じもしますが、まずまずと言った感じ。少し様子を見てみようと思っていましたが・・・・。 ●リアルワインガイドの表紙にここの「オート・コート・ド・ニュイ」が登場しました・・・もっと入れておけばよかった・・・。(と書いているのでおそらく2006.06頃 いのまた)で、そろそろ2005年も入荷!の噂もありますが、再び入れてみました・・・やはり上のコメントで感じた若苦さ、しっかりとしてほどよい「苦さ」になっています。全体に数段落ち着きましたね・・・。(2007.03.30 いのまた) オリビエ・ジュアンさんです。とあるワインバーではニッポンのワインや、イタリアのワインに感心を持って飲んでました。 オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 品質保証,限定SALE

ユドロ・バイエACブルゴーニュ ルージュ 2006 最安値,本物保証

重要:こちらの商品はお取り置きは承れません。 ユドロ・バイエACブルゴーニュ ルージュ 2006 最安値,本物保証

フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 新作,限定セール

●インポーターさんからのコメント、です。  「リンゴの蜜、グレープフルーツ、レモンタルト、ミネラルの香り。口当たりピュアで柔らかい果実の中にも清涼感があり、細く繊細な酸と横に広がる旨味と溶け込んだミネラルが絶妙なバランスを保つ!ビゴットとは「信心に凝り固まった人」という意味。畑は1.9haで、ヴォルネイとポマール近辺とオート・コート・ド・ボーヌのPuits de chauxという区画のブドウが主、平均樹齢は51年。収穫日は2011年8月29日、9月1日。収量は45hl/ha!発酵は自然酵母で6~10ヶ月。新樽は30%、残りの70%は2~3年樽(10hlの大樽を含む)を使用!マリアージュのオススメはホタテとアスパラのテリーヌ、 舌平目のムニエル。あるいはスモークサーモンとウイキョウのサラダなど。」 ●ま、このビゴとサン・ロマン並べて出すとこちらのビゴの方が上のクラスと思われることたびたびなんですよ・・と経験的に思いつつ、改めてなるほどそうだよね、と思う今日この頃です。あれっ?って感じの厚みがあるんですよね。なのでちょっと繊細な「走りの筍」とかだと筍が負けてしまうんです。いきなり「豚ロースの~」に行ってしまうのですね。ま、実にフレンドリーなブルゴーニュ・ブラン。それでいて、この2011年はオシャレです。本能に引かれつつtも理性を保ちつつ・・ ●このキラキラした感じがこのワインの個性かな?夏の海の照り返しの様でもあり、秋の木漏れ日のようでもあり、クリスマスのイルミネーションの様でもあり、春は・・・春は、菜の花畑!そんなワインでした(2013.05.16 いのまた) フレデリックコサールACブルゴーニュ ブラン ビゴ 2011 新作,限定セール

オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 定番,新作

●AOCモレ・サン=ドニに地続きで接するACブルゴーニュ区画(レ・シャン・ド・ラ・ヴィーニュ、レ・クレ・ギヨン)60%、アルスナン村のオート・コート・ド・ニュイ区画40%のブレンドで合計0.2ha分(平均樹齢30年)が85%。15%は、AOCモレ・サン=ドニのレ・クレ・ギヨンの樹齢10年以下のぶどうをブレンドしています。(ちなみに将来樹齢が上がった暁には、このレ・クレ・ギヨンは畑名付き単独キュヴェとして発売される予定です。)   以下2004年物についてのコメントです。 ●全部で8.5ha所有する畑のうち、ACブル用は0.2ha!しぶいです。平均樹齢は30年。・・・・初めての作り手さんなので、それほど仕入れいはしなかったのですが、これがまたなかなか良いです。しっとりとミネラル感の漂うまっとうな自然派ブル。04らしく少し若苦さを感じもしますが、まずまずと言った感じ。少し様子を見てみようと思っていましたが・・・・。 ●リアルワインガイドの表紙にここの「オート・コート・ド・ニュイ」が登場しました・・・もっと入れておけばよかった・・・。(と書いているのでおそらく2006.06頃 いのまた)で、そろそろ2005年も入荷!の噂もありますが、再び入れてみました・・・やはり上のコメントで感じた若苦さ、しっかりとしてほどよい「苦さ」になっています。全体に数段落ち着きましたね・・・。(2007.03.30 いのまた) オリビエ・ジュアンさんです。とあるワインバーではニッポンのワインや、イタリアのワインに感心を持って飲んでました。 オリヴィエジュアンACブルゴーニュ ルージュ 2009 定番,新作

ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 最新作,送料無料

●比較的数の少ないトラペのACブル。2005年物です。で、入荷して気がつきましたが・・・ドメーヌ物、ではないのかな?どこにも「ミュザンブティーユ~」と書いてありません。かっこの良い配送用の段ボールは同じなんだけどな・・・。 ●・・何しろ「初物」なんで飲んでみまスた。あらあら、エッジには幾分紫色を含みながらちょっと濃いめのルビー色。透明感はしっかりとあります。香りが何よりもジャミーだな?このジャミーさに引きずられる甘さ。そのおくにはしっかりとミネラル感、なるほどな2005年物です。香りだけだと・・・ちょっと村名イメージします。それだけしっかり作られていル。ジュブレの「オストレア」ほど際だった個性はさすがに感じられませんが、酒質としては2003年にも近いような・・・。 ●で、飲んでみると全体の軽さ、こそ村名クラスを感じませんがACブルならば充分満足。適度な軽さが・・・アブナイです。あ~、無駄がないな~。クラスとしての充実感。ダークチェリーの酸味と熟したプルーンの果実味がバランス良く感じられます。トラペらしいミネラル感に乗った旨味も満足行くな・・・。最初、中盤こそは物足りなさを感じますが・・・バランス的には2002年にも似ているのでしょうか?隙のない構成は、なるほどです。今飲んでも充分に美味しい!むしろ寝かせるよりもこの若々しさを愛でた方が良いんじゃないかな?熟成のブーケなんか無くたってかなりしあわせになれます、との誘惑が・・・トラペのACブル。すっご~く、オススメできます。(2006.12.08 いのまた) ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 最新作,送料無料

ドメーヌデュラルロニュイサン=ジョルジュ ラジャボット ブラン 2006 人気,お買い得

    繊細さと大胆さ。アルロー節全開中! 繊細にして大胆。巧みなバランスで表現されるアルロー・ワールド。04から06まで色々と。    ドメーヌ・ドゥ・ラルロ(De L'arlot)はフランスの保険会社が1897年にドメーヌ・ジュール・ベランを買収し、他の畑と併せ設立したドメーヌです。醸造責任者のジャン・ピエール・ド・スメは醸造学校に通った後、ブルゴーニュの名門デュジャックで働いた経験を持ち、現在でもデュジャックとほとんど同様の醸造を行いエレガントで香り高いワインを造り出しています。 設立時より、畑は全て無農薬(化学肥料を一切使わず)にてブドウ栽培をしていました。2003年からは全ての畑がビオディナミによって栽培される様になり、今回入荷する2004年が2年目となります。そして「2004年は全体的にピュアでフルーツが多く、若くても楽しめる。各アペラシオンの特徴がでた年であり、1991年や1998年に似た感じで、それよりも柔らかい」と言うのがインポータのAMGさんからの情報。・・・・たのしみです。 ドメーヌデュラルロニュイサン=ジョルジュ ラジャボット ブラン 2006 人気,お買い得

メゾン ルーデュモンAOCヴォーヌ=ロマネ 2001 人気定番,SALE

●ヴォーヌ・ロマネというアペラシオンに期待する「なめらかでふくよかな味わい、ミネラル感の充実した高尚な複雑さ」とはちょっと距離が離れているかな。酸のきれいさは目立つが、ほほえみがない。ルー・デュモンのワインに共通する「飾らない」スタイルが、このワインに関しては「無表情」というやや否定的な印象を残してしまう結果に。 ●でもアペラシオンのことを考えずに楽しめば、元々素性のよいワインだけに、素直においしく飲めるワインなんだけど、ヴォーヌ・ロマネとしての値段を考えると、また考え込んでしまう、という複雑な心境です。(2004.08.15 いのまた) ●こちらも2日目、「多少果実味もふくらんで」というよりも酸が落ち着いて丸くなってきた、という印象です。そこで無表情から「軽いほほえみ」に表情も変わったように感じられます。素直に飲むとまずは「おいしいワイン」の範疇(それもかなり中心に近い)に収まりますが、やっぱりヴォーヌ・ロマネの看板しょっちゃうと・・・。なかなか難しいポジションです。(2004.08.16 いのまた) ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 メゾン ルーデュモンAOCヴォーヌ=ロマネ 2001 人気定番,SALE

アレクサンドルジュヴォーVdTフランセーズ ブラン オーディス 2010 格安,品質保証

●何気に発泡していながら美味しかった『O9(オー・ヌフ)』が『O10(オー・ディス)』となって入荷しました・・・。この年は発泡していなさそうだけど・・たぶん美味しい?オー・ヌフ(2009年もの)のコメントです。 ●蔵があるウチジー村から南に約7kmの「ヴィレ」村。ソーヌ川右岸に位置する粘土石灰質土壌にある東向きの0.2Haの区画樹齢80年のシャルドネ100%が元となるブドウ。この区画だけのぶどうを使って年号の違い、すなわち作柄の違いを表現しようという考えから年号をキュヴェ名に当てたのがこちら。作柄がもたらす風味の向こうにどんな特徴があるのか、それは毎年違うのかそれとも似たものがあるのか。もしかするとそれが「テロワール」を表現するのかもしれない・・・・。 ●と言う事で、まずはインポーターさんからの資料など・・・  「通常のブルゴーニュの木樽より小さい216Lの容量の古樽(約7年もの)を使用。天然酵母による自然な発酵。補糖せず。発酵と熟成をあわせて12ヶ月間。この期間はワインを一切動かさず、細かな澱と一緒にした「シュールリー」の状態で複雑さを引き出す。  「その後澱引きし、ステンレスタンクにブレンディングした後、更に7ヶ月寝かせて、澱下げ作用と共に、風味が調和するのを待つ。ビン詰め前には、澱下げやろ過をせずにビン詰め。ビン詰め時に唯一、亜硫酸をごく少量添加。  「09年は、細かいガスが多く溶け込んでいる。熟したフルーツとミネラルの香り。ジューシーで濃い果実味は、09年の天候の良さがうかがえます。深い味わいで大変余韻の長いワインです。 ●と言う事で、事前にインポーターさんからの『忠告』で発泡系とわかってたんですが・・・結構、反則な発泡系です・・。一応、スティルワインなんですね、これ。もう少しガス圧高ければ立派なヴァン・ムスー・・・ガスがあるので『酸化』移行することなく・・なんですが。・『泡が無くなってからが美味しい』と言っていた、アンセルム・セロスの言葉を思い出しつつ・・・明日にします・・(2011.11.25 いのまた) アレクサンドルジュヴォーVdTフランセーズ ブラン オーディス 2010 格安,品質保証

ドメーヌシャソルネサン・ロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2006 新作登場,限定セール

●お取り置きは暫くの間対応できません。御注文後10日以内にお引き取りをお願いいたします。 ●桃のネクター、フレッシュなマンダリンオレンジ、パッションフルーツにもにた甘酸っぱさ。幾分レモンバターのようなニュアンス。クローバーのハチミツ・・・かなりしっかりとした酸を感じながらも、その上を行く整った果実味。桃の乳白色からマンダリンまでゆっくりと長く繊細に連なるグラデーション。そのベールの向こう側には凛々しく爽やかなミネラル感。 ●味わいはさらにまとまりつつも滑らかな舌触りの中に溶け込んでいく。弾力は在りながらも滑らかなボディ。バランス良さに加え安定感がある。切り込んだときの反応性に優れつつも足回りはしっかりと・・・こりゃかつての愛車RX-7ダネ・・。慣らしが終わっていないけれど、ポテンシャルはとても高いの。かつてのコン・バザンの較べると数段厚みがある。と同時に素直なバランス。個人的にはこれまでで一番伸びの期待できるコン・バザンですね・・・。(2008.04.15 いのまた) ●なんだけど、2日目で前言撤回。やっぱり2005年の方がワインとしての出来は上かな?でも好みは2006年です。白い花の蜜のような甘っぽさ。意外に繊細でリズム感のある酸味。しっかりと溶け込んだミネラル感。丁度今頃、何気に2004年のこのワインが美味しかったけど、2005年が仕上がるまでのもう暫くは、この2006年がおすすめ。抜栓したての新鮮さも良いけれど、このややしんみりとした味わい、がまた捨てがたい。ポークソテー辺りですか、お相手は・・・。(2008.04.16 いのまた) ドメーヌシャソルネサン・ロマン ブラン Combe Bazin コンバザン 2006 新作登場,限定セール

ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 豊富な,お買い得

●比較的数の少ないトラペのACブル。2005年物です。で、入荷して気がつきましたが・・・ドメーヌ物、ではないのかな?どこにも「ミュザンブティーユ~」と書いてありません。かっこの良い配送用の段ボールは同じなんだけどな・・・。 ●・・何しろ「初物」なんで飲んでみまスた。あらあら、エッジには幾分紫色を含みながらちょっと濃いめのルビー色。透明感はしっかりとあります。香りが何よりもジャミーだな?このジャミーさに引きずられる甘さ。そのおくにはしっかりとミネラル感、なるほどな2005年物です。香りだけだと・・・ちょっと村名イメージします。それだけしっかり作られていル。ジュブレの「オストレア」ほど際だった個性はさすがに感じられませんが、酒質としては2003年にも近いような・・・。 ●で、飲んでみると全体の軽さ、こそ村名クラスを感じませんがACブルならば充分満足。適度な軽さが・・・アブナイです。あ~、無駄がないな~。クラスとしての充実感。ダークチェリーの酸味と熟したプルーンの果実味がバランス良く感じられます。トラペらしいミネラル感に乗った旨味も満足行くな・・・。最初、中盤こそは物足りなさを感じますが・・・バランス的には2002年にも似ているのでしょうか?隙のない構成は、なるほどです。今飲んでも充分に美味しい!むしろ寝かせるよりもこの若々しさを愛でた方が良いんじゃないかな?熟成のブーケなんか無くたってかなりしあわせになれます、との誘惑が・・・トラペのACブル。すっご~く、オススメできます。(2006.12.08 いのまた) ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 豊富な,お買い得

ラジブリオットポマール キュヴェスザンヌショードロン 2005オスピスドボーヌ落札ワイン HOT,限定SALE

●オスピス・ド・ボーヌのワインは寄進された畑での葡萄の栽培から醸造までをオスピスに属するチームが行っています。それを各社が樽ごとに競り落とし、ビン詰めを行っています。この際の収益が病院の活動や慈善事業の運営資金等に充てられるわけですが・・・こちらのポマールは1979年にショードロン夫妻より寄進された畑です。とは言っても公式な畑の名前ではないので・・・どの辺りでしょうか? ●で、調べてみると「Pommard/Cuvee Suzanne Chaudron    ・・・・Average Vine Age (12 active parcels): 40 years   En Poisot (0.07ha)/ La Chaniere (0.41ha)/ La Croix Planet (0.38ha)   Les Noizons (0.32ha)/ Les Petits Noizons (0.56ha)/ Rue au Port (0.04ha)   1er Cru Les Petits Epenots (0.1ha) などの7箇所、合計1.88haのブドウが使われていました・・・ ●さて、この2005年どうでしょうか?2004年物を飲んで「実にポマールらしい味わい」を出している「ポマールの見本」とも言うべきことで、レベルも想像していたよりずっと高くもティピカル且つスタンダードな味わいにこのワインの意義を多いに見出したわけですが・・・2005年、やはりポマールについて形容される「男性的」なしっかりとした構造ながらも、それ以上に2005年的な充実した果実味と豊かな酸を持っています。この辺りはクロード・デュガのACブル飲んで感じた印象と一緒だな・・・ブルゴーニュとしては果実味やらその回りが強すぎる?果実味や酸味そしてタンニンなどがあまりにも克ちすぎて・・・ブルゴーニュ的な繊細さが見えにくい?おしなべて「年の個性」がより強い・・。ある人曰く「2005年はアメリカに任せておけばいい・・・」名言として実感できそうな予感が致します。(2007.05.18 いのまた)  ちなみに、と言うことで2004年のこめんとなぞ・・ ●以前からオスピス物って、割高、の印象があってあまり飲んでいないというか、扱っていないというか・・・一度、ちゃんと飲んでおこうと思って飲んでみました。で、旨いです。濃いです。でも今がもしかすると、かなり飲み頃。 ●丁寧にしっかりと作られています。そして決して雑なところがない優等生。が、どこか頼りなげな緩い感じがあります。イイワインだけれどもそう長くは保つタイプではないかも。いつも一所懸命、すでにポテンシャル95%近く出し切っている感じかな。だから飲み頃は2010年がピーク!澱の出方からしてノンフィルターなんで、クラシカルな由緒ある果実味の豊かさを感じつつも、幾分タンニンが成熟しきっていない若さを感じます。(2006.07.23 いのまた) ラ・ジブリオットはブルゴーニュ、ジュブレ・シャンベルタン村でトップクラスのワインを生産し、評価の高いクロード・デュガが新たなネゴシアンとして2002年に立ち上げたワイナリーです。経営はデュガの息子ベルトランと、娘レティシアが携わり、父親が築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを基に、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す意欲に満ちています。すでにネゴシアンとしても力を発揮し、2004年のオスピス・ド・ボーヌで「Mazis-Chambertin Magdelaine Collignon」「Pommard Suzanne Chaudron」の2つのキュヴェを落札したことは、ワイン業界での大きな話題となりました。 ラジブリオットポマール キュヴェスザンヌショードロン 2005オスピスドボーヌ落札ワイン HOT,限定SALE

ドメーヌシャソルネーオクセイ・デュレス ルージュ Les Crais レ・クラ 2006 激安大特価,品質保証

●入荷量が少ないため当面はお一人様1本限りとさせていただきます。裏技無しでお願いいたします。2008年4月23日より出荷となります。お届け指定日がある際にはご注意下さい。また、お取り置きは暫くの間対応できません。御注文後10日以内にお引き取りをお願いいたします。 ドメーヌシャソルネーオクセイ・デュレス ルージュ Les Crais レ・クラ 2006 激安大特価,品質保証

クルティエ・セレクション par Lou Dumontヴォーヌ・ロマネ 2001 お得,お買い得

●あとから入ってきたヴォーヌ・ロマネ、先ずはこちらの2001年から・・・。いろ、まずまず薄いですね、でもちょっと黒っぽい果実なところがあるかな?そしてほんのりとオレンジが射し始めている。果実味は軽い。でちょっとハーブチックな、あるいはスパイシーさ、軽めのミネラルはなんとなくヴォーヌ・ロマネ。でもあんまりオリエンタルに通じる怪しさとか妖艶さには事欠きますね(ハッキリ!)。 ●どちらかというと、ブドウの個性より造り手の個性が強くでているのかな?比較的長い浸漬と丁寧なピジャージュ、そして樽も比較的ロースト強めがお好み?しっかりとした構成と味わいのバランスがとれていますが、幾分余韻は短い・・・と言っても一般的には十分な長さですが・・・。何となくですけどニュイ・サン=ジョルジュ辺りの造り手じゃあないかな?そして畑は国道沿いのニュイ・サン・ジョルジュと接するようなACの南の方のが中心かな?・・・・正解かどうかわかりませんが、こう言うのは行った者勝ち!だから・・・ ●でも味わい自体は旨く飲み頃で優しい味わい。果実味も軽いのですが、親しみやすいところはある。ほんのり枯葉の感じとか、きのこ的な肌触りは・・・しまった、これ秋のきのこ焼きだったな・・・日本産(これが大切)のシメジとかハツタケとかその他諸々、まずまずの牛肉なんかと共にチャチャと炒めて、軽くお醤油と日本酒で煮絡めて・・・・ってな具合です。(牛蒡とかは入れない方が・・・入れるとニュイ・サン=ジョルジュが合っちゃいますので・・)かなり、関東風のすき焼きがターゲットとなっています。みんなでお肉つつきながら、です。(2008.01.05 いのまた) ここ数年のブルゴーニュのワインビジネスシーンを象徴するかのように・・・、2000年7月7日に結成された新しいネゴシアンです。ネゴシアンの設立には日本人の仲田晃司氏が深く関わり、2003年5月に本拠地をジュブレ・シャンベルタンに移すと同時に同社の代表取締役に就任しています。 仲田氏は1995年に渡仏、フランス各地のワイン生産者の元で醸造を学び、1999年にはボーヌのワイン学校で学位を取得。モメサン社ほかネゴシアン数社を経て、1999年から委託生産や瓶買いを始め、2000年にヌイ・サン=ジョルジュにルー・デュモンを設立し醸造家としてワイン生産に従事してきました。 メゾンの名前は、仲田夫妻が洗礼式の代親となった女の子「Louちゃん」と、仲田氏の生まれ故郷岡山県の高梁にある町のシンボルの「お山」をイメージした物。そしてラベルには、心の中に常に故郷を思う日本人でるあること、と同時に醸造家としての「自然と人に対する真摯な尊敬の念」を込め「天・地・人」の3文字が描かれています。さらには、これらのアイデンティティーをより強く打ち出すことの意思の表れとして、斬新な色遣いのものとなりました。(このラベルは2003年半ばからの出荷分に使われています。キャップシールに描かれたグラスのようなメゾンの頭文字LとDをデザインした「模様」は、仲田さんの奥さんがデザインしているとの噂です。) ・・・・リアルワインガイド第4号の「気になるワイン特集」で紹介されalar的にも気になるワインに・・・再びリアルワインガイド第6号のテイスティングレビューに2001年ヴィンテージが登場、ということで「気になり度」がかなり上昇。何とかインポータさんにコネをつけて、まずはalarが試してみる分+α程度で2001年に挑戦。ACブルからグランクリュまで一気に試飲してみました。結果は・・・・・「旧来のネゴシアン・ワインの品質と比較し何ら遜色なく、先行する注目の新進ネゴシアン系ワインとも一線を画すかのような酒質のユニークさの発露に、心より賞賛を送りたい!ただし、2001年というヴィンテージ故(だと思う。思いたい。)のアフターの短さ、グラスにして放置した後のへたりの早さには、やや物足りなさを感じる(コルトンはのぞいてね)。」ってところでしょうか。またあえて言うなら「まだまだ個性的とは言い切れない、ネゴシアン・ワインとしての限界を感じつつも、それぞれに素直に育てられたワインのセレクションという視点では大いに共感できるところがあり、ネゴシアン設立というすばらしい「偉業」を成し遂げた事をたたえると同時に、今後もしっかりと応援していきたいメゾンであることは、間違いない」 やや日本人びいきののところもあって、厳し目に評価ししつつ、しっかりと声援を送りたいと思った2001年ですが、最新の2002年は・・・・ひいき目無しにすばらしいでき!せひお試し頂きたい作り手です。・・・暫くルー・デュモンご無沙汰しておりました。訳はいろいろなんですが・・・先日当店に仲田さんがお見えになったときに2002年のジュブレ・シャンベルタン開けたのですが、幾分年を経ていい感じにまとまっていました。また、先日とあるワイン会で仲田さんのセレクションしたシャンベルタン1990飲む機会がありました、これまた落ち着いた味わい。・・・ここしばらくのうちに仲田さんのセレクションというか目指す方向がはっきりとしてきた印象を受けています。と言うことでalarのリストにも復活、です。復活第一弾はインポーター、ヌーヴェル・セレクションと仲田さんのルー・デュモン、そして現地で確約するクルティエとの「コラボ」によるクルティエ・セレクション・・・・・・先ずはインポーターさんのコメントを、です。    「このたび私たちは、自社企画、ルー・デュモン社全面協力によってお届けするブルゴーニュの新ブランド「クルティエ・セレクション」の発売を開始するはこびとなりました。このセレクションは、ブルゴーニュの有力クルティエ達とタイアップし、彼らが見つけてくるコストパフォーマンスの極めて高いワインを“シュル・ピル”(ラベルを貼らないビン販売)によって買い付け、共通ラベルを貼ってお届けするものです。    クルティエとは、フランスのあらゆるワイン産地で活躍するワイン仲介業者で、ほとんどは一匹狼の仕事師です。ブルゴーニュには公式登録者で約70人おり、それぞれの“縄張り”におけるあらゆるぶどう栽培家やドメーヌを熟知した上で、生産者からネゴシアンへのぶどう・果汁・樽・ビンでの販売の仲介をしています。腕一本で勝負する彼らの世界は浮き沈みも非常に激しく、一度でも不味いものを紹介したらすぐ噂が立って明日から廃業という、まさしく真剣勝負の世界です。     私たちは今回の企画にあたって、目下、4人の百戦錬磨のクルティエ達と組むことにしました。    ★M氏(58歳)・・・元有名ネゴシアンの社長。引退後、クルティエに転業。前職時代のネットワークをフル活用し、コート・ド・ニュイ全域に大きな影響力を持つ    ★B氏(54歳)・・・コート・ド・ボーヌ全域に強く、大手ネゴシアンとの取引も極めて多い。ブルゴーニュのクルティエの大ボス的存在    ★M氏(37歳)・・・ブルゴーニュ最大級のクルティエ・グループ(3人)を率いる。日々猛スピードで進む世代交代を徹底的に細かくフォローし仕事に結びつける情報王    ★F氏(38歳)・・・フランスの最大手ネット販売業者のバイヤーからクルティエに転業。ブルゴーニュ全域の新世代生産者に強く、女性醸造家達からもとても人気がある    彼らが総力を挙げて紹介してくれる掘り出し物を、日本人としてはブルゴーニュワインに最も造詣が深いと思われる仲田さんの協力も仰ぎながら、ご案内してまいります。また、ビン買い時のチェック、ラベル貼りなどもルー・デュモンで行います。 と言うことで、第一弾の中から「これ!」と言ったところを先ずはご紹介させていただきます・・・。 クルティエ・セレクション par Lou Dumontヴォーヌ・ロマネ 2001 お得,お買い得

ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 豊富な,2017

●B.G.O.と同じ2002年物です。こちらの方がよりマクマオン節効いています。何と言うか・・・アルザスのリースリング系の石油っぽさ、独特の酸化を感じさせる香りのトーン。グラスに注いだ瞬間はちょっと抵抗があるかも。なんですが、これが何となく病みつきというかそそられるんです。・・・とり急ぎ、でグラスをぐりぐりやると・・・この特徴的な香りが、崩れるというか、溶け込むというか・・・。やはり2001年よりは果実味の厚みがあります。たとえば、ビゾのビオレット。ちょっと似た感じはありますがもっとミネラル感が強く輪郭がきっぱりとしています。スタイルのブレないところはこの造り手の特徴かな?その上でしっかりと良いヴィンテージの特徴を出しています。・・・シャソルネの02オクセイと較べてみたいな・・・。 ●で、実際に較べてしまったわけですが、シャソルネの方が果実味豊かで、そのかわり瓶内で酸化した=熟成感が強い。一方、こちらのマクマオンは酸化のペースは速いけど、後から果実味が浸みだしてある意味新鮮。イメージ的にはそんな感じでどちらもそれなりにイイ感じで育ってます。・・・両方とも美味しいな・・・。「鯖の押し寿司」と「焼き鯖寿司」の違いかな?なるほどどちらが良いかというのは、たとえば合わせる料理によって異なってくる相対的な問題なんですね。イイワインを飲み比べる事、改めて勉強になります。と同時に酔いの回るのも楽しいくらいに早いです・・・(2006.11.12 いのまた) ドメーヌ・ヴェロニック・ドゥ・マクマオンAOCオクセイ=デュレス2002 豊富な,2017

ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 送料無料,品質保証

●2ヴィンテージ空けて、2005年物が入荷しました。 ●で、ようやくコメントです。すでに昨年2007年から3回ほど入荷しておりますが、2007年の4月の試飲会で、まだ早いよな~とか、あんまりルイ・シュニュらしくな~い、と言うことで様子を見ようとして・・・忘れてみました。で、この2005年の最終入荷にあわせて飲んでみましょう、と。 ●う~ん、まだちょっとしっかりしているゾ~。ま、ワインとしてはしっかりとしていると言うのは良いことなのですが、もうちょっと、どこかかわいげというか、お他茶目なところがこのワインには欲しいです、実は。味わい的にはタンニンがちょいと強め。全体的な落ち着きはでていますが・・・何となくしっかり者、と言う感じのジュリエット姉さん、って感じです。 ●で、気持ち的には後1年、おいておきたいところだけれども、例の番組みたいにボトル振っちゃうと結構オイシイかもとやってみると・・・なんと無く旨味も出てきて本来のルイ・シュニュ的な梅かつを風味もたっぷり。アア、いいねこれ!。振ると幾分果実味がスポイルされるところはありますが、トータル的には味わい深くなる、つって感じでしょうか?・・・ま、なんだかんだ言っても2005年はいい年なんだだけど、多少いじくって上げないと優等生なルイ・シュニュどつまらない、と言うことなんでしょうか。いろいろと「技」を試すにはもってこいの一本です。(2008.04.04 いのまた) ●で、何だかんだいってやっぱりルイ・シュニュ飲んじゃいます。今日は残りが3分の1。・・・ここがまたオイシイですね。ピークは過ぎた感じでかなり酸がくっきりとしていて、尚かつこの年のアルコール感の強さというか、が幾分でていますがこの、キュキュッとした感じがルイ・シュニュのスタイル・・・。やっぱりあと一年は寝かさないと・・(2008.04.05 いのまた)  2002年物のコメントです。↓ ●ここはどういう訳かリリース時期が前後したり、バラバラだったりで、こちらの2002年物も2006年の夏入荷。と言うことで一月ほどたっての試飲ですが・・・・良い感じです。 ●まず色は・・・薄い。香りは・・・01よりももっと果実味がはっきりして鮮やか。甘くミンティーなハーブの香りも載っています。や、良いですねこれは!アルコール度数は12.5度とややライト気味、軽めに楽しむことができそうです。味わいはしっかりサヴィニ。キュートな果実味をもっている割には土っぽいミネラル感もしっかりとでています。・・・なるほど仔牛のカツレツね・・・2001年と同じような傾向をしっかりと引き継ぎながら、さらにブラッシュアップされた感じの2002年です。 ●このワイン、実はとある「ダイニング」でいただいていますが、抜栓後の時間も少し長かったのでもっと丸みがある味わい。そのとき感じたちょっとコルクっぽい感じ?は樽の木質の感じだったのかな?樽の焦がし方が強いのかな?などと思い出しつつ、やはりグラスがすすみます・・・。一級物ですともう少し畑の個性がしっかりとでますが、この村名もサヴィニらしい小振りなまとまりと、ほどよいミネラル感に充ちています。飲み頃は後2年ぐらいまでかな?と控え目に見積もっていますが、やはりラベルのかっこよさと共にオススメです。・・・あ~、吉牛、再開が待ち遠しい(2006.09.06 いのまた) ↑くつろぐシュニュ姉妹(奥が営業担当ジュリエット氏 2007.04.04 六本木:祥瑞)    2001年物入荷時のコメントです↓ ●ラベルに似ていて・・・ちょっと「情熱的」なサヴィニです。平均樹齢は60年と言いますからかなり古い樹です。非常に澄んだルビー色。浅い色合いですが鮮やかで魅力的。チェリーの香りに少しイチゴも混じって・・サヴィニの下の方かな?果実味に乗った自然な甘さも中々良く表現されています。味わってまず感じるのは潜在的なタンニンの強さ、キシキシと音を立てそうな生成の絹糸。軽さの中にほどよい緊張感のある張りがあります。香りの印象より幾分果実味は控えめ、やはり2001年のワインだからでしょうか?ややごつごつとしたミネラル感、サヴィニの魅力がコンパクトに詰まっています。 ●ワインだけで楽しもうとすると・・・若干存在感は希薄?スルスルとしてサクサクッと空いてしまいそうです。・・余韻の長さもしっかりとしていますが、ちょっと苦みが強いかな?でもコレで返って食事引き立つという物です。喉越しの美味しさ・・さっくり揚げた子牛のカツレツなどはいかがでしょうか?(2004.12.19 いのまた) ●2つか目になると多少柔らかさ、果実味が出てきます。最初感じた苦さも優しくミネラリーな味わいに変わってきました。このくらいが飲み頃かな?飲み頃は『今』というところ、でもサヴィニだから3~4年でぐっと変わるかも?期待と不安で・・・な、ワインです。(2004.12.20 いのまた) ルイシュニュACサヴィニ・レ・ボーヌ ルージュ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2005 送料無料,品質保証

ヴァンサン・デュルイユ=ジャンティアルリュリー ブラン マズィエール 2004 大得価,安い

●ぱりっと焼き上がったクロワッサン。煎ったヘーゼルナッツ。ピーチのジュレ。蜂蜜バター。オレンジピールとレモンピールをみじん切りにして・・・・お菓子のようにちりばめられた豪華な誘惑に惑わされていはけません・・・それは「甘い罠」です。 ●グラスに入れて1、2分。僅かに口に含むだけで、痛烈なまでに豊かな酸、芯のしっかりと感じる果実味の質量。控え目ながらもずしっと来るミネラル。とても彫りが深くコントラストの強い味わい。ワインの質を考えると、外見より中身の充実度が著しく進歩している。きらびやかさは最初の香りだけで、それ以上に構成が緻密且つ大胆になってきました。これほど凄まじい村名リュリーはないですね・・・。 ●今飲んでも美味しいか?と言えば、確かに美味しいけれど、まだまだ本当の「味」はでていません。後2~3年はかかるかな?長さで行けば2012年ぐらいまでしっかりと保ちそうな感じです。時間を置くと、しっかりと開いてきます。多少その進行の過程が早すぎるきらいもありますが・・・ムルソーの豊潤さとはとは違い、ピュリニの撓るようなミネラル感とはまた異なる。むしろシャサーニュの幾分柔らかい感触・・なのかな?・・・いやはや・・・リュリー、侮れません。(2006.08.03 いのまた) ヴァンサン・デュルイユ=ジャンティアルリュリー ブラン マズィエール 2004 大得価,安い

ジョルジュルーミエコルトンシャルルマーニュ GurandCru 2008 最新作,得価

●2007年のルーミエ、コルトン・シャルルマーニュ、です。(写真が古いもので申し訳ありません。) ●バーガウンド.comのコメントです。  「A cool but ripe nose of white flower, green apple, lime and stone hints merges into racy, intense and focused broad-shouldered flavors that possess both good weight and solid power on the dense if not especially elegant but long finish. This was on the awkward side when I tasted it though it appears to have excellent material.89-92points」 こちらは2006年物のコメントです。 ●バーガウンド.comのコメントです。   「Tasting note: A spicy, ripe, layered, cool and quite elegant green fruit nose merges into sweet, round and impressively well-muscled broad-scaled flavors that possess ample dry extract that confers a lovely mouth feel onto the sappy and obviously mineral-infused finish that is notably more precise than its 2005 counterpart. This is altogether lovely and a classic Charlemagne.Tasted: Jul 01, 2008Score: 91-93Drink: 2013+ Issue 31」 ジョルジュルーミエコルトンシャルルマーニュ GurandCru 2008 最新作,得価

ダルヴィオ・ペランムルソー クロ・デ・ラ・ヴィエーレ 2004 定番,新品

●バーガウンド.comの23号のコメントです    「Here there is a bit more wood highlighting the ripe orchard fruit and hazelnut aromas and continues onto the rich, sweet full and intense flavors that also display plenty of buffering mid-palate fat and an opulent, sappy and lingering finish. I like the texture and the depth is such that this could surprise to the upside.Tasted: Jul 01, 2006Score: 86-89Drink: 2009+」 先ずは、インポーターのラシーヌさんからいただいた資料など・・・・・ディディエとジュヌヴィエーヴのダルヴィオ夫妻は、骨の髄からヴィニュロン〔栽培醸造家〕である。すべて自家でおこなわれる、ブドウの剪定・収穫作業から澱引き・ビン詰めにいたるさまざまな過程に、すみずみまで神経を行き届かせている。 ディディエ・ダルヴィオは、ワイン醸造の方法をジュヌヴィエーヴの父、ピエール・ペラン氏から学んだ。かの伝説的なムルソーとヴォルネーのワインメーカーである。ディディエとピエールの協力のもとに、当ドメーヌはごく少量のワイン(10ケース内外の1989年産)を、初めて元詰めして出荷した。11ヘクタールを有するドメーヌは、今日では国際的に、ブルゴーニュ最上の赤・白ワインを元詰めする生産者に数えられている。つい最近の2001年、家族間の相続によって当ドメーヌは、貴重な1級畑ムルソー・ジュヌヴリエールを0.5ヘクタールばかり入手し、申し分のない一連のムルソーの畑にさらなる光輝を添えた。その畑とともに王冠を飾る宝石は、シャサーニュの1級畑ブランショ=ドゥシュ(ル・モンラシェのすぐ下に接し、ワインはまさしくその味わいを感じさせる)と、ヴォルネーのレ・ブランシュと同1級畑のジゴットおよびサントノである。 〔栽培・醸造〕これらの栄えあるブドウ畑の平均樹齢は50年に達するが、ダルヴィオ=ペランを際立たせるのは、畑に対する並外れた傾注である。優れたブルゴーニュワイン造りの秘訣は、健全で熟したブドウ果を、ヴァット(発酵槽)に送り込むことである。畑から完璧なブドウ果を得ることに比べれば、重要において次位を占めるのが醸造なのである。 きわめて冷涼な当セラーのモットーは、「必要最低限の人為的介入」である。マロラクティック発酵は、完了するのにしばしば1年ちかくを要するが、この働きが複雑さと品質の向上に資するのである。赤ワインは14℃で予備浸漬させ、白ワインはすべて樽発酵させている。赤・白ワインともに、10-15ヶ月の樽熟成を経る。日本ではまた無名の存在ですが、流行のバーガウンド.comなどではなかなか良い評価を受けています。そして幾種類か試してみると・・・・、なるほどラシーヌの合田さんお薦めの理由がよくわかります。今回の入荷は4種類ですが、ダルヴィオ・ペラン、以下のようなワインも作っているようです。将来の入荷がちょっと楽しみですね。     白ワイン ・Meursault AC Clos de la Velle ムルソーACクロ・ド・ラ・ヴェール ・Meursault AC Tessons ムルソーACテッソン ・Meursault 1er Cru Charmes ムルソー1級シャルム ・Meursault 1er Cru Perrieres ムルソー1級ペリエール ・Meursault 1er Cru Genevrieres ムルソー1級ジュヌヴリエール ・Chassagne‐Montrachet AC La BergerieシャサーニューモンラシェACラ・ベルジェリー ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Blanchots‐Dessusシャサーニューモンラシェ1級ブランショ=デュス     赤ワイン ・Monterie AC モンテリAC ・Chassagne‐Montrachet 1er Cru Bondues シャサーニューモンラシェ1級ボンデュー ・Volnay AC Les Blanches ヴォルネーACレ・ブランシュ ・Pommard AC ポマールAC ・Volnay 1er Cru La Gigotte ヴォルネー1級ラ・ジゴット ・Volnay 1er Cru Santenots ヴォルネー1級サントノ   ダルヴィオ・ペランムルソー クロ・デ・ラ・ヴィエーレ 2004 定番,新品

ドメーヌ アルローペールエフィスジュブレシャンベルタン ジュスティス 2002 HOT,新作登場

●現在27歳のCyprienがドメーヌに戻ってきて最初に手を付けた畑がこの畑。ジャスティスの畑はジュブレ・シャンベルタンの町から、47号線から西側に広がり鉄道線路まで。南北は隣村のフィサンとの境から南側にかなり広い範囲に広がっています。地図で見るとかなりだだっ広いところですが、その昔はここが、村からつれてこられた犯罪人の絞首刑の場所だったようです。丁度お江戸の小塚っ原と言う感じでしょうか?少し不気味ではありますが、ワインの方が美味しければ全然そんなことは気になりません。 ●いつもこのワインは濃い色です。2001年ヴィンテージの感想は「オーブンの中のフルーツケーキのような、ちょっと濃いめの果実味に、軽くスパイスで化粧した、と言うところですね。軽い甘さと整ったタンニンは口の中で粘りを見せ、暖かさと厚みを感じることができます。それぞれが自然なところはアルローらしいワインですが、村名クラスのワインとしては頭一つ抜け出ている感じ?かな。(2003.08.26いのまた)」といった感じでしたが・・・・。 ●こちらの「ジュスティス」NBIのレポートにはリストアップされていないですね。インポータさんの話ではこちらのワインは2001年同様NBIのバレル・セレクションではないとのことです。まずはこちらをご覧ください。同じくバーガウンド.comのレポートです。  Burguhound.com・・・・Issues13(1st Quarter,2004)  「This is really quite elegant for a simple Gevrey villages with earthy yet pretty fruit aromas and bigger, firmer, punchier flavors and noticeable finishing rusticity yet there is also a good deal more complexity. A solid effort that should reward 5+ years or so of cellar time. (86-88)/2007-12 ●同じジュブレの村から作られた「ロンスヴィ」に比べると・・・?ほんの気持ちこちらの方が赤っぽいですが、色合いはむしろ薄いかな?まず香りの印象から行くと、こちらの方が断然果実味が感じられます。しかも酸がしっかりしていそう。じわっときそうなハーブの印象や土っぽいミネラル感はあまりでていません。味わいもしっかりこの香りの延長にあります。 ●やはりブラックベリーやダークチェリー系の果実味ですが熟しているとともにしっかりと若々しさが残っています。酸味と果実本来の味わいがぴったりとシンクロしているんですね。まずはこれまでになくエレガントな「ジュスティス」といったところ。タンニンもACブルより幾分なめらか。ミネラル感も土よりは砂っぽさ、乾いた感じが強調されています。2001年に見られた「ほんわりとした甘さ」も少なく、何かいつの間にか「大人になっちゃった」感じですね。 ●表面的なところを追いかけていくと、こんな感じのコメントですが、じわっとくる旨味の凝縮感はどこか自然派の作りににています。まだ幾分堅さも残っているので少し寝かせてあげた方がいいですね。今でもしみじみできますが、もっとしみじみできるでしょう。(2004.09.07 いのまた) R・パーカーは「講談社版 厳正評価・世界のワイン」のなかでドメーヌ・アルローを評して以下のように語っています。「ドメーヌ・アルローは、ワイン・ジャーナリズムの注目を浴びることは滅多にない。その理由は、主として、ここのワインが退屈で露骨に商業的だからである。しかしながら、ノース・バークレー・インポーツ社のピーター・ヴェザンとデヴィッド・ヒンクルの尽力によって、このブドウ園は今では素晴らしいワインを生産している。ただし、読者がこれらのワインを購入するときは、十分注意しなくてはならない。この評価はノース・バークレー・インポーツ社のために特別に作られたキュベに対する物で、それ以外の輸入業社のボトルはこれと同じワインではない。  ウルヴェ・アルローが素直にこう指摘した。「ノース・バークレーのキュベはうちのワイン(ノーマルキュベ)の100倍も良質だよ」と。ではどこがちが違うのだろうか?アルローのレギュラーキュベは清澄処理と濾過処理を行うし、新樽は最大でも10%しか使われていない。一方、ノース・バークレー・インポーツ社のキュベは、清澄も濾過もされずたっぷり使われる新樽の中で熟成され、まるで博物館に眠っているようなブドウ栽培者の技術を拝借してきたかのようなちょっとした工夫を用いて、手作業でビン詰めしている。アルローの栄誉は、1.ヴェザンとヒンクルに触発された技術に挑戦する勇気をを持っていたこと。2.レギュラー・キュベと特別なキュベの間に品質上の途方もない差があることを正直に認めていること、に対して与えられるべきであろう」なにやら、よくわからないほめ方ですが、ワインの方は「バレル・セレクション」の名に恥じない品質の高い物。ただalar的には1999年の物まで「今ひとつ」と感じていたので、あまり積極的な扱いはしていませんでした。しかしながら、2000年を試飲しては「やはり、頭ひとつ抜けたね~」と言う好印象。そこで2000年ヴィンテージより本格的にアルローのワインをご紹介しています。 2000年ヴィンテージよりワイン造りは息子さんのシプリアン(Cyprien)にバトンタッチされ、果実味がより豊かで尚かつエレガントさに磨きが掛かってきました。彼はいろいろなところでのスタジエ(ワイン造りの助手)をへて、ドメーヌに戻ってきました。早速グリーン・ハーベスト(実の熟す前に摘果してしまうこと)を積極的に行ったり、果実の実った段階であまり良くない樹を畑から抜いて果実の品質を安定させるなど、質の高いワイン造りに積極的に取り組んでいるようです。ラベルも「かっこよく」なり(この辺が今回改めてご紹介する最大の理由?)ほんの少し前のラベルの物より高級に見える様になりました。(下の写真は左がお父さんのウルヴェ・アルロー、右が2000年から醸造責任者となった息子さんのシプリアンです。)アルローのワインを本格的に扱い始めて早4年目。何とか2003年ヴィンテージが入荷しました。今回からインポーターがヴィノラムさんに変わっています。これまで扱っていたNBI向けバレル・セレクションの物と異なるのかな?と言っても較べようがないのですが・・・まずは何本か飲んでみたいと思います。 ドメーヌ アルローペールエフィスジュブレシャンベルタン ジュスティス 2002 HOT,新作登場

ドメーヌシャソルネブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2005 豊富な,安い

●・・・そう言えば、シャソルネのビゴ、ブドって、ここしばらく入荷したてで試飲していないな、と思いつつ飲んでみました・・・。 ●・・・う~ん、この香りは・・シャソルナードだ!と言うくらいに果実味を強く感じます。リンゴ系から桃、洋梨、香り自体はかなり白っぽいかな?で、おそらく時間を置くと柑橘系の香りや、トロピカルなイメージが広がってくるんだろうな~、と思っている間に広がってきちゃいました。ごく僅かに還元的なところがあり、幾分閉じた印象もありますが、香りの「容量」は極めて大きい。珍しくグラスグルグルやって香りを起こしていますが、そのたびごとに異なった印象の「果実味」。香りだけでもかなりワクワクできそうです。 ●で幾分甘栗系の要素も感じられるようになってきたので、ここらで一口。香りから感じる以上にグリップのしっかりとしたボディ。インパクトあるミネラル感。ハチミツ系の香りもスタンバイ完了です。・・・でも、酸が幾分とんがっているところがちょっと気がかり。繊細な故にこれが目立ちます。・・・とは言ってもこれはあくまでこの2007年4月3日に飲んでのこと。推測で・・・早くて2ヶ月~3ヶ月ぐらいでぐっと落ち着き、バランス良くなるんじゃないかな? ●このワイン、例年ですとクラスを越えたボディの厚み、と言うのがウリなんですが、この2005年さらに果実味と酸とのバランスが整い、なるほど2005年という感じです。その為意外に飲み頃も続くかな?3~4年は行けるのではと思います。でもやはり早く飲んでみたい!と言う時は・・・一日だけ我慢して!抜栓翌日でかなり美味しくなっていると思います。是非お試しを。(2007.04.03 いのまた) ●・・・まだ残っていましたビゴ。今日は4月12日です。いくら何でも、と思いつつ飲んじゃいましたが・・・しっかりとビゴ、しています。確かに酸の立ち具合や酸化が進んではおりますが、取り残された旨味の凝縮感、只者ではありません。ただただ残りの本数が気になって仕方のない今日この頃、です。 ドメーヌシャソルネブルゴーニュシャルドネ Bigotes ビゴ 2005 豊富な,安い

ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 爆買い,お買い得

●お待たせしました2005年物です。何となく好評の2003年物に似ているのかな?と言うことで期待しています。しかもお値段据え置き!ウレシイですね。 ●・・・で2日目、ですが・・・昨日はなんのコメント残していないじゃない、と。それはさておき、感じとしては薄めのヴォーヌ・ロマネ?果実味は(おそらく)昨日よりは控え目となっていそうですが、中盤からの旨味はしっかりと、しています。もう少しジャミーで酸もモデラートだと2003年っぽく(飲んでないからわからない・・・)なるんでしょうかね?幾分タンニン系に暴れた感があるので、もう少しおいた方が良さそうですが、かえってしっかりとしたワイン、と言った印象を与えるのかな?なんとなく、掴みは良くても中盤から均質化して???な2005年のACブルにあって、しっかりと軸足を捕まえている感じですね。そう言った視点では2~3年後が楽しみ。 ●かつてはステーキというと、ヒレでもロースでも何でもかんでも「レア!」と言ってオーダーしていたのですが、最近はもっぱら「ウエルダン・・よ~く焼いてね」とのalar。そんな時にの一本です。(2007.11.07 いのまた) ●・・・・前日のコメント見つけました・・・   「いわゆる「情報量の詰まった味わい」なんですが、内容が些か重複しているというか錯綜しているかと言うか・・・。申し訳ないことに比較対象としたい2003年物を飲んでないので、なんだかなですが、朧気ながら斟酌して整理するとそれに応じた味わいではないかと。なんとなく、ACブルゴーニュに求める物は、それを越えた村名とかの味わいが感じらると、すごいねとなるわけで、・・・・」ととぎれています。要は「二日目は落ち着いてきた」って事で・・・  2004年物のコメントです・・・↓ ●僅かに還元的なところがありますが、実にハーブ的な色彩や、熟したチェリー系の香りが出ています。葡萄はやっぱりヴォーヌ・ロマネ辺りのモノなのかな?幾分液温が低いのですが、綺麗で締まった感じのACブルです。旨味も乗っていそうだな・・・、と暫く置いておくと、キュッとした果実味が上がってきます。この段階で、唾液が湧いてきちゃいます・・・。いいね~。 ●味的には幾分、青っぽさがまじっっているかな?これは2004年だからでしょう。でも果実味は実にフレッシュ且つしっかりとしている。で、酸がオイシイ。これはまさしく梅カツオ系。口に含んだ瞬間に、ふと舌を洗われるようなフレッシュなハーブの調のインパクト。そしてレッドカラント、チェリー、そしてアセロラ的なキュートな酸味。そして柔らかい旨味を伴った余韻が続きます。ボディはライト、かな?軽量級ではありますが・・・鴨の水炊き(鴨ロースを豆腐や三つ葉と出し汁で煮たヤツ)?などに良いのかな?ホッホッと鴨と三つ葉を食べて・・・こいつをクイッと・・・イイ感じだと思いますよ~(2006.12.19 いのまた)   2003年物です・・・↓ ●・・・・コ、コメント書く前に売り切れてしまいました!スミマセン。なぜこんなに売れるのか・・・・なるほどリアルワインガイド誌でめちゃめちゃ褒められています。 ロベール・シュルグACブルゴーニュ ルージュ 2005 爆買い,お買い得

ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 定番人気,HOT

●インポーターさんの資料よりです・・・  「サヴィニー村、アロッス・コルトン村、ショレー・レ・ボーヌ村に囲まれたACブルゴーニュの区画0.25ha(平均樹齢60年のVV)、サヴィニー村内AOCオート・コート・ド・ボーヌ区画のレ・シュヴリエール0.43ha(平均樹齢35年)、レ・ペリエール0.5ha(平均樹齢35年)のブレンド。約20%がACブルゴーニュで、約80%がAOCオート・コート・ド・ボーヌです。 ルイシュニュACブルゴーニュ ルージュ 2010 定番人気,HOT

ダニエル・モワーヌ・ユドロシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・ザムルーズ」1997 SALE,爆買い

「恋人たちの」という名のレ・ザムルーズ。造り手は控え目ながら実力派のD・M・ユドロ。飲み頃の1997年です。 ●94を試して意外な展開?でしたのでこちらは追加してみました。と言うことで、地元のお客さんとご機嫌取りとうことで飲んでみました・・・・。う~ん、微妙だな・・・94に較べると少し苦味が強い。幾分熱が入った?と思わせるような香りもあって、微妙。94はかなり明るいイメージがでていたのですが、この97年、少し曇っていますね・・。幾分色調も濃いめというか黒いというか。中盤の果実味はまだ感じられるのですが、今ひとつパワーが弱い。これはこれで味わい的には面白いけれど幾分ピークを過ぎている感じですね。 ●尤も、この手のワインには厄介な「ボトル差」があるのでこれ一本では何ともいえないのですが、最近飲ませていただいた1997年のブルゴーニュに共通する、ちょっとくらいところがありますね。幾分液温が低い為もありますが、94もこんなところでのんだしな・・・。ヴィンテージ、なんでしょうかね?作りとしては華やかさは無いですが、基本どおりに真面目に作っている感じです。そこに好感を持ちつつ・・・。 ●グラスをグリグリやると香りの中の「やられちゃった部分」はとんでいきます。なんでしょう、取り敢えずボトルの中で酸化のピークを迎えて還元的な状態?かれこれ抜栓して20分、なんとなく持ち直して来た感じです。グラスグリグリです・・・。あれま!酸も復活してきました・・危ない香りも飛び去り、紅茶きのこの香りです。果実味も詰まってきた感じかな・・。ふ~っ、一安心、としつつ・・・なんとなく他の1997年物を思い出すのですが・・・共通するのはタンニン系の味わいの単調さなんですかね・・・。果実味はなかなかに豊なのですが、支えがしっかりとしていないから、どうも落ち着きがない・・・。ちょっと「二人でレ・ザムルーズ」というのは難しいかな?ワインに気をとらわれすぎると、彼女にあきれられちゃうぞ~!などと思いつつ、これを彼女に美味しく飲ませることができたら・・・・完璧!です。(2007.12.13 いのまた) ●・・・でしたが、あまり進まないなと思いつつ飲み干したところで・・・ズズズ~っと出てくる旨味はなんでしょうか?ややこしいですね~。この味わいって結構南のワインに多いんですね・・・いわゆるボラチル高い、けれども旨味がある・・・丁度、お歳暮でいただいた「牛肉の味噌漬け」を食べたいなと思わせるところは・・・そして意外に色あい的な変化が進んでいるところなど・・・・・・。 ダニエル・モワーヌ・ユドロシャンボール・ミュジニ 1erCru「レ・ザムルーズ」1997 SALE,爆買い

ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 正規品,豊富な

●比較的数の少ないトラペのACブル。2005年物です。で、入荷して気がつきましたが・・・ドメーヌ物、ではないのかな?どこにも「ミュザンブティーユ~」と書いてありません。かっこの良い配送用の段ボールは同じなんだけどな・・・。 ●・・何しろ「初物」なんで飲んでみまスた。あらあら、エッジには幾分紫色を含みながらちょっと濃いめのルビー色。透明感はしっかりとあります。香りが何よりもジャミーだな?このジャミーさに引きずられる甘さ。そのおくにはしっかりとミネラル感、なるほどな2005年物です。香りだけだと・・・ちょっと村名イメージします。それだけしっかり作られていル。ジュブレの「オストレア」ほど際だった個性はさすがに感じられませんが、酒質としては2003年にも近いような・・・。 ●で、飲んでみると全体の軽さ、こそ村名クラスを感じませんがACブルならば充分満足。適度な軽さが・・・アブナイです。あ~、無駄がないな~。クラスとしての充実感。ダークチェリーの酸味と熟したプルーンの果実味がバランス良く感じられます。トラペらしいミネラル感に乗った旨味も満足行くな・・・。最初、中盤こそは物足りなさを感じますが・・・バランス的には2002年にも似ているのでしょうか?隙のない構成は、なるほどです。今飲んでも充分に美味しい!むしろ寝かせるよりもこの若々しさを愛でた方が良いんじゃないかな?熟成のブーケなんか無くたってかなりしあわせになれます、との誘惑が・・・トラペのACブル。すっご~く、オススメできます。(2006.12.08 いのまた) ドメーヌ・ジャン・ルイ・トラペACブルゴーニュ 2005 正規品,豊富な

ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 爆買い,新作登場

●バーガウンド.com Issue23のコメントです。   「 This was mildly reduced and while the funk did not obliterate the honeysuckle and acacia blossom notes, it did shove them to the rear. Happily, the purity and elegance of the sweet, rich and beautifully complex flavors were not compromised and this possesses brilliant length. A terrific effort that has the hallmark softness of Pucelles while retaining a firm, indeed almost linear finish.Tasted: Jul 01, 2006Score: 91-93Drink: 2012+」 ドメーヌルフレーヴピュリニイ・モンラッシェ 1erCruレ・ピュセル2004 爆買い,新作登場

ジャンヌ・エ・シルヴァンACブルゴーニュ ルージュ 2005 新品,お買い得

重要:商品出荷は10月25日よりとなります。 ●この2005年も「座りが悪い」かな?と思いきやなるほど2005年と、言うほどに果実味が乗っています。でその座りの悪い原因とも思えるタンニンもうまいこと乗り続けているので、トータールバランスがなかなかよろしい。気持ち的にはもう少しマセラシオンの期間を短くした方が好みかな、と思いつつも早「このワインどこへ持ち込もうかな?」と考えてしまっています・・・。 ●できれば「豚カツや」さんとかで薄めのロースカツとタマネギ揚げてもらって・・・と言うところなんですが。で、下の004年物のコメント見ると「ステーキ」に流れてますね?でもこの年は「豚カツ」だな~。重心の低さよりも果実味の豊かさやメリハリある酸で、むしろ程よい軽さを感じるんですね、この2005年は。トータルではやはりこちらの2005年が勝ちってことかな?などと考えていると・・・何気にアブナイ領域に入っています。もう、ラベルの上まで減っている・・・(2007.04.18 いのまた)  2004年物のコメントです↓ ●まずはACブルから試してみるか?と入れてみました・・・「畑は0.5ha。樹齢6年。14~18日間の長期低温マセラシオン。10~12ヶ月間の樽熟成で、新樽は使用しません。生産量が年間2,000本程度しかなく、「昔から贔屓にしていただいている個人のお客様を大切にしたい」ということで、日本への割当はほとんどありません。」と言うことですが・・・。 ●あまりじっくりと試飲していないのですが・・・・。ここのオススメはジュブレの村名と、ジュブレの一級物(恐ろしく旨い、らしい)とのことですが、初物なのでまずはACブルでと・・・。ズバリ言っちゃうと、ちょいと据わりが悪い。微妙なところなんですが、いわゆる2004年的青っぽさが感じられます。そして焦がした樽のようなミネラル感というかタンニンというかがかなり重い・・・果実味はやや枯れた印象ながらもビオ系らしい自然な感触があってイイ。旨味も中盤からアフターに掛けて良い感じで広がります。が、まずは一口、口に含んだ際のバランスが今ひとつ。頭でっかちというか、ブルゴーニュグラスになみなみとワインを注いでしまいちょっと不安定、と言う感じかな? ●グラスにおいて暫くすると幾分重心も下がって来て、一安心ですが、抜栓して2時間ぐらいから先は、変化無し。枯れる、と言う雰囲気ではありませんが、不安定な状態が改善されません。ミネラル感自体は土っぽくもあり、濃いめのハーブのニュアンスがジュブレっぽくもあり、素直になるほどと思うところはあります。とある日本のワインを試飲して「山形牛のステーキ」をイメージしつつこちらに移ったわけですが、その際の印象をうまく受け継ぎ、食事に合わせるともっと良い感じ、と思いましたが・・・如何せんワイン単独でのバランスが・・・。 ●これがこのワインの特徴なのか、ヴィンテージの反映なのか、まだ入荷直後でコンディションが整っていないのか、何とも判別がつきません。・・・・と言うことで少し落ち着くであろう一月後、ぐらいに再試飲と行きたいと思います(って言いながらしっかり空になっています、どういうこっちゃ)。(2006.09.01 いのまた) ジャンヌ・エ・シルヴァンACブルゴーニュ ルージュ 2005 新品,お買い得

ドメーヌ アルローペールエフィスシャンボールミュジニィー 2003 2017,安い

●こちらのシャンボール・ミュジニ2003も、ヴィエイユ・ヴィーニュの表示無しです。まずは2002年のコメント↓などで・・・●アルローのシャンボール・ミュジニは2001年ヴィンテージが初体験。ちょと期待しながら試飲した感想です。  「非常に「きれいな」果実味とミンティーなハーブの香りに満ちたワインです。熟したブラックベリーやチェリーの味わい。非常に滑らかなボディーを持ちながら、柔らかいバニラの香りが良くなじんでいます。なによりもこのワインの特徴はハーブの香りの伸びやかさ。ミントやスイートバジルの爽やかなかおりが心地よい加減で立ち上がってきます。またヴァニラの香りの中にもカルダモンやグローブのようなエキゾティックなスパイスの調子を持ち、なかなか楽しませてくれるワインでした。(2003.08.29 いのまた)」 ●・・・・2002年はどうでしょう?まずはこちらをご覧ください。同じくバーガウンド.comとNBIのレポートです。  Burguhound.com・・・・Issues13(1st Quarter,2004)  「As one would expect, this is much more elegant with its fine red fruit nose followed by light to barely medium weight flavors underpinned by firm, slightly rustic tannins and acceptable length. (84-87)/2006-10  NBI Archives・・・・November,2003  「First, the stats: 72 cases. 33% new wood. Over 13° natural alcohol. This superb Chambolle is deep purple in color, extending a huge bouquet of fresh pink and red flowers, adding to the nose elements of hot raspberry pie with cinnamon crust, and a warm blueberry tart for good measure. The wine has a great nuttiness, freshness, and grip on the palate, finishing with length that would make you swear it was Premier Cru. Mind-boggling fullness and succulence! Awesome Chambolle from a superb site next to the Premier Cru "Sentiers."」 ●「ロンスィーヴ」「ジュスティス」と飲んでこのシャンボール・ミュジニにたどり着きました。ここまででわかった(あるいはわかったつもりでいる)こと・・・・アルロー樽の使いたかが巧妙になってきた!2001年はケーキっぽい甘さに多いにそそられましたが、2002年はもっと本質突いています。ケーキというよりも素朴な焼き菓子、ビスケットかな?感じる甘さの質が違う!樽に頼らない果実本来の力による甘さ?アフターにするするっと出てくるんですね、これが。おそらくインパクトの強さはケーキ屋さんのケーキのような2001年の方が上、でもワインをじっくり味わうと家庭で作ったビスケット(あるいはマドレーヌ?)的2002年。これもしっかりと寝かせると、さらによいワインとなりそうです。 R・パーカーは「講談社版 厳正評価・世界のワイン」のなかでドメーヌ・アルローを評して以下のように語っています。「ドメーヌ・アルローは、ワイン・ジャーナリズムの注目を浴びることは滅多にない。その理由は、主として、ここのワインが退屈で露骨に商業的だからである。しかしながら、ノース・バークレー・インポーツ社のピーター・ヴェザンとデヴィッド・ヒンクルの尽力によって、このブドウ園は今では素晴らしいワインを生産している。ただし、読者がこれらのワインを購入するときは、十分注意しなくてはならない。この評価はノース・バークレー・インポーツ社のために特別に作られたキュベに対する物で、それ以外の輸入業社のボトルはこれと同じワインではない。  ウルヴェ・アルローが素直にこう指摘した。「ノース・バークレーのキュベはうちのワイン(ノーマルキュベ)の100倍も良質だよ」と。ではどこがちが違うのだろうか?アルローのレギュラーキュベは清澄処理と濾過処理を行うし、新樽は最大でも10%しか使われていない。一方、ノース・バークレー・インポーツ社のキュベは、清澄も濾過もされずたっぷり使われる新樽の中で熟成され、まるで博物館に眠っているようなブドウ栽培者の技術を拝借してきたかのようなちょっとした工夫を用いて、手作業でビン詰めしている。アルローの栄誉は、1.ヴェザンとヒンクルに触発された技術に挑戦する勇気をを持っていたこと。2.レギュラー・キュベと特別なキュベの間に品質上の途方もない差があることを正直に認めていること、に対して与えられるべきであろう」なにやら、よくわからないほめ方ですが、ワインの方は「バレル・セレクション」の名に恥じない品質の高い物。ただalar的には1999年の物まで「今ひとつ」と感じていたので、あまり積極的な扱いはしていませんでした。しかしながら、2000年を試飲しては「やはり、頭ひとつ抜けたね~」と言う好印象。そこで2000年ヴィンテージより本格的にアルローのワインをご紹介しています。 2000年ヴィンテージよりワイン造りは息子さんのシプリアン(Cyprien)にバトンタッチされ、果実味がより豊かで尚かつエレガントさに磨きが掛かってきました。彼はいろいろなところでのスタジエ(ワイン造りの助手)をへて、ドメーヌに戻ってきました。早速グリーン・ハーベスト(実の熟す前に摘果してしまうこと)を積極的に行ったり、果実の実った段階であまり良くない樹を畑から抜いて果実の品質を安定させるなど、質の高いワイン造りに積極的に取り組んでいるようです。ラベルも「かっこよく」なり(この辺が今回改めてご紹介する最大の理由?)ほんの少し前のラベルの物より高級に見える様になりました。(下の写真は左がお父さんのウルヴェ・アルロー、右が2000年から醸造責任者となった息子さんのシプリアンです。)アルローのワインを本格的に扱い始めて早4年目。何とか2003年ヴィンテージが入荷しました。今回からインポーターがヴィノラムさんに変わっています。これまで扱っていたNBI向けバレル・セレクションの物と異なるのかな?と言っても較べようがないのですが・・・まずは何本か飲んでみたいと思います。 ドメーヌ アルローペールエフィスシャンボールミュジニィー 2003 2017,安い

アリスetオリヴィエ・ド・ムールシャブリ ル・ユムール・デュ・タン 2006 新品,人気セール

●ユムール・デュ・タン!2006年物入荷です。●2005年はシャブリも良いらしいぞ・・・と言うことでユムール・デュ・タンの2005年物です。おそらく今回も「10日かけて」という処ですが・・・そうは問屋が卸しません!ほとんど下の004年物と同じ印象ですが、さすがというか2005年、スケール感がアップしている。この果実味の豊かさがこのユムール・デュ・タンの特徴ですね・・。 ●・・・うーん、豚しゃぶ用のロース薄切り肉をチャチャと炒めて、薄口醤油とお酒とパパッとからめて・・・白髪ネギとか添えても良いかな?一応パカレのシャブリと較べながら飲んでいますが、その一級物にも負けないしっかりとした芯のある個性が光っています。こう言うのが試飲会で出てくると、吐き出すのを忘れてしまいそう・・・。忠告通り、ユルユルと楽しんでみようかな?と言う処です(2007.06.05 いのまた) とりあえずは2004年物のコメントです↓ ●『ル・ユムール・デュ・タン:l'Humer du Temps』・・・インポーターさんは『時の戯れ』と訳しました。オリヴィエ達に言わせると「毎年毎年ワインの仕上がりは異なるから、ちょっといつもと雰囲気を変えて」とのことのようですが・・・・alar的には「気持ちの良い一時」と言う感じのワインです。今回追加の入荷分から綺麗な紫色の「蝋キャップ」に変わりました・・・・。 ●・・・・無はっ!とんでもない勢いの果実味です。幾分味わいに残糖感を感じるほどに、果実味豊か。それでいて、ド・ムールらしい活きの良いミネラル感。戯れてこんなワインができるならば、毎年ぜひとも戯れて欲しいモノです。・・・何でしょうね?清々しいんです。どんなシャブリよりも!実に(飲み手とは異なり)健康的なイメージ。これは美味しいです。おそらく余韻の長さとかは、上のベレール~やロゼッタに譲るでしょうが、果実味のしっかりとした美味しさはア・リゴテールに通ずる新鮮な味わい・・・・本当はこのまま、ぐいぐいと言ってしまうところですが、実はインポータの合田さんとお話ししたときに「十日間かけて飲んでね」とクギを刺されておりますので、まずはこの辺で・・・うしろがみ、引かれます。(2006.02.28 いのまた) ●昨夜はどちらかというとリンゴや桃と言った感じの果実味でしたが、今日は柑橘系のしっかりとした味わいが出てきました。パッとした火打ち石っぽい感じもシャブリです。例によってフィルターも掛けてないでしょうから、クリスタルな透明感はありませんが、煙水晶や紫水晶の様な独特の色彩を感じます。繊細ながらもしっかりと芯のある味わい。土壌や作りの違いで「似ているワイン」ではありませんが、ピエール・ボージェの作るシャルドネに、根底のところで共通性を感じます。それはシャルドネ本来の味わい・・・。また少し残しておきましょう。(2006.03.01 いのまた) ●まだ10日経っていないんですが・・・・これはスゴイ!成りは確かに小粒ですが、トンでもなく美味しいシャルドネです。芯を突くというか、無駄のないと言うか、抜栓して7日目、バランスが崩れるどころか、ピュアな旨味のピークに達しています。これはやはりベースとなる葡萄が良いんだな。こうなると悩みの原因はいつ飲むか?普通は抜栓して7~8日も置いて置けませんが、試みる価値は十分にありです。飲み頃予想をすると・・・あと2年、2008年ぐらいかな?飲みたいけれども、この時点の旨さを知ってしまうと・・・自然派恐るるベシ!な一本です(2006.03.06 いのまた) alarで初めてお届けするシャブリは、アリスとオリヴィエの若いカップルの造る自然派のシャブリです。二人は、自宅近くにアメリカ向けの自然派ワインを輸出するエキスポーターが引っ越してきたことから自然派のワインに興味を持ち、やがてクルトワとの親交を通じて、自分達のワインも自然派の作りで行うことになりました。 既に2000年のシャブリはパーカーのワイン・アドヴォケイトなどで高く評価されていますが、初入荷の2002年はまさに彼らの最上のワイン。2002年という良いヴィンテージを反映しただけでなく、彼らのこれまでの努力の結晶とも言うべきワインです。・・・そして続く2003年、この年はフランス全土が酷暑の年でしたが、この暑さ彼らのワインにどんな影響を与えているのか・・・?注目の入荷です。 アリスetオリヴィエ・ド・ムールシャブリ ル・ユムール・デュ・タン 2006 新品,人気セール

エリックフォレマコン=ヴェルジッソン スールラロッシュ2003 本物保証,人気

●まずはこちらを。インポーターのラシーヌさんからの資料です。   「マコン・ヴェルジッソン『スール・ラ・ロッシュ』。父親より受け継いだ優良畑。2003年初リリース。東向きで高地の区画。日照を増すため、また湿度を下げるために近くの樹を切り落とした。樹齢は22年。粘土質で保湿力の高い土壌。」   「しっかりとした黄色。非常にフローラルで、フレッシュ・バター、レモンなどの厚めの香。ほんのり甘い樽の香味。ナッツ、ホワイト・ペッパー、焼きタルト。ミネラルが果実味に包まれている。長い余韻。」 ●この年が初めて、と言うマコン+村名ワインなんですが、コート・ド・ボーヌの白と言っても、ごまかせるかな?ストレートに美味しいワインです。まずは2003年物らしく果実味が乗っています。レモンにピーチ・ネクター、ヘーゼルナッツにハニー・サックル。思いの外酸も乗っていてまずまずのバランス。難を言えばこの酸がまだ落ち着いていないかな?果実味と解け合う前に焼き菓子の香ばしさがアフターに残り、さらにそのあとにピチピチと・・・本来はあと半年、が我慢のしどころです。 ●まだ全体に馴染みのないことを除けばかなりイイ感じのワインです。樽の効き方もほどよく多少液温が上がるとスパイシーな味わいも見事なまでに出てきます。幾分柔らかくも豊かなミネラル感でかなりしっかりとした輪郭を持っています。(2005.06.28 いのまた) ●2日目です。やはり全体にマイルドな味わいになりました。ボトルを手に持って、ひんやりする程度に軽く冷やすと、ピントがグッと合ってきます。焼きたてのフルーツパイもいいんだけれど、ひんやり冷やしたのも結構好きです、と言う感じかな?やはりベースがしっかりとしているのでいろいろと使い安いワインです。エリック・フォレ、きちんとツボを押さえています。 エリックフォレマコン=ヴェルジッソン スールラロッシュ2003 本物保証,人気

ドメーヌ・モンショヴェブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2006 数量限定,大得価

●ガメイ100%のグラン・オルディネール、です。え~と、ダレでしたっけ?ブルゴーニュにはガメイを植えちゃいけない!と言ってガメイを全て引っこ抜かせてピノ・ノワール植えさせた王様がいましたね・・・・。チョット飲ませてあげたい・・・。 ●一昨年の今頃実は入荷しておりまして、その頃何となくガメイな感じが強めでしたので暫く放置して置いたのですが・・・・寝る子は育つ?イイ感じになってきました。とは言ってもそこはやはりガメイですので味わいの奥深さはそうそうにありません。そのかわり掴みの明解さ、あるいは根っからの明るさ、を発揮しています。中盤のグリップ感が今ひとつですが、見方を変えれば実にさっぱりとしたライト感覚。で、モンショヴェらしいジンワリ系のミネラル感が余韻を引いて、期待通りのまとめ方。何となくですが、スーパーで売っている鶏モモ肉の何となくレモンの風味を伴ったテリ焼きのパック(いつもながらにしっかりとした名称が解らずスミマセン)などに合うのかな・・・・? ●こちらも「栓」はスクリューキャップ。何かと便利?な一本です。(2008.10.01 いのまた) ドメーヌ・モンショヴェブルゴーニュ・グラン・オルディネール 2006 数量限定,大得価