レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 大得価,最新作

●2002年に「ジャニエール・ブラン」だったのはこれかな?先ずはインポータさんの資料から、です。   「南に向って扇状にくぼんだため日照に優れたジャニエール地区のぶどう畑。その中にある小集落の名前を付けたキュヴェで、優れた立地条件を作ったロワール川に敬意を表して「ロワールの魅力(=シャルム)」と呼びます。    収穫量は少なかったのですが、貴腐菌が着いたためシュナン特有の強さの中に、ほんのり蜂蜜の甘い香りが混ざった濃厚なタイプ。複雑な味わいときれいな酸味は、素晴らしいバランスで余韻がとても長いが特徴。」  一応、2002年のジャニエール・ブランのコメント残しておきます。 ●ジャニエールのAOCはロワール川(Loire)本流に平行して北を流れる支流の一つロワール川(Loir:最後のeがつきません)に添ったコート・デュ・ロワールのAOCにひっそりと寄り添ったところにあります。ワインはシュナン・ブラン100%。平均樹齢60年前後で収穫量25~30Hl/Haあまりを手摘みします。樽発酵・樽熟成。3.5g/Lと僅かに残糖の残る仕上がりになっています。 ●最初の印象で、何でこのワインをシャルドネ?と思ったのかな?ちょっとワックスの様なニュアンス、ピエール・ボージェのシャンピニヨン・マジックのような甘さかな?大きめのグラスで飲んでみるとやはりそんな感じですが、やや小振りのロワール・グラスで試してみると・・・・きっぱりと熟し気味のシュナン・ブランです。 ●微妙に残ったCO2。パイン・アップルの酸味、メロンの様な品のある甘さ。ワインにエッセンスが詰まっています。果実味が微妙に酸をさえている感じ。口に含むたびに、さびの出てきたリンゴの切り口や、シロップ漬けの黄桃、まだ若い洋なし、などなど白から黄色系の果物のいろいろな場面を想像させる微妙ながらも変化に富んだ豊かさが感じられます。押さえられたと言っても一本筋のピシリと通った酸は繊細なミネラル感を伴って決してかすむことのない伸びがあります。些か過熟?なそして樽っぽい印象も受けますが暫く落ち着くと、アンジューの深さともヴーヴレの繊細さとも異なる、少し太めなバランスの妙を見せてくれます。 ●時間とともに酸化が進み「アンジュー・ブラン」入ってきます。でも酸も高めですのでまた少しニュアンスが異なるかな?ちょと値段も気になりますが、数日間にに分けてゆっくりとおつきあい頂ければ幸いか、と。その価値があるワインです。(2005.04.16 いのまた) 本当は平気なんですが・・・・こちらのワインかなり「変な澱」がたまっています。お飲みになる際には十二分に澱を沈めて、お楽しみ下さい。お願いですから・・・ ●訂正です。思ったよりも酸化のスピードが速いようです(気温にもよるのですが)。丸2日から3日目で酸がしぼみ初めまろやかな味わいとなりますが、同時にフラットなイメージが進行します。冬場ならもう少しいけそうですが春先から秋の半ばまでは、抜栓して早めに飲んだ方が良さそうです。(2005.04.17追記) ●補足、です。こちらのランジュ・ヴァン。ノーマルではなくて張ってあるシールの如くスペシャル・キュベだそうです。斜面上部のより良いところからのブドウを使っています。但し!シールの貼ってあるのと無いのとまぜこぜに入荷しました。インポータさんからの説明ですと「張り忘れ」とのことです。こちらからの出荷分もシールの貼ってあるのと無いのとおそらくまぜこぜになります。あらかじめご了承下さい。 レ・ヴィーニュ・ド・ランジュ・ヴァン ル・シャルム・デュ・ロワール AOCジャニエール ブラン 2004 大得価,最新作

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ モワロー ラ・フェルメ 2002 新作入荷,SALE

●こちらは「モワロー」と呼ばれる甘口に仕立てられた物です。コトー・デュ・レイヨン系のトロリとした貴腐の香りはありませんが、自然でバランスの良い甘さがあります。抜栓直後、グラスの中はどちらかというと酵母系のアンズタケのような香りに占領され、少しとまどいますが、口に含むとフワ~と甘さが広がります。少し焦げた感じはシナモン・スティックを添えた焼きリンゴの美味しさかな。・・・・・久しぶりにアップル・パイが食べたくなりました。 ●こちらも入荷直後の試飲です。いきなりアップル・パイまで寄りつきましたが、まだまだ実力のほどは・・。ワインの中にきっしりとつまったミネラル感はやはり秀逸。一ケ月ほど寝かせてあげるとグッと良くなりますよ。(2004.02.03 いのまた) ●え~、入荷から一月以上経ちました。上でご紹介したデミ=セックと共に再度試飲してみました。やはり多少落ち着いてきたかな。やはりこれは冷たく冷やした焼きリンゴ?冬ならワインを冷やして熱々焼きリンゴ。そんなデザート向きですね。個人的な趣味ですが、カーネルおじさんのところのフライドチキンをばらして、メープルシロップかけて、スコーン見たいので挟んで食べるのが好きなんですが、これに良く合うかも知れません。やはり最後までトロトロとした甘さが残らないところが良いんです。中華系にも合いそうな物が多いかな?合わせる料理をいろいろと考えてみたくなりました。(2004.04.15 いのまた) ●また2004年4月に追加で入荷です。少し休ませてから飲んであげてください。 ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレ モワロー ラ・フェルメ 2002 新作入荷,SALE

Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 安い,爆買い

●ワインの正体は2004年のルメール・フルニエ!とは言ってもニコラ・ルナールがやめた後のモノ。最初の内はどうにもこうにもなワインだったようだが、最近ナタリーが飲んだところこれがとんでもなく美味しくなっている!その場にいたパスカル・ポテルも「これは良い熟成を経たシャンパーニュのよう」と言う事で、即全量買い取り決定!・・・・そんなラッキーな話を交え「ユー・アー・ソー・ラッキー」として登場!ワインは残糖量0gのエクストラブリュット。ナッツの風味に絡み合う旨味とミネラル感。繊細な泡と相まって複雑な味わいを作っている。 ●一口飲んだ感じではル・カノンのスール・ラット的な熟成感が感じられるが、もっとタイトでキリリと引き締まった表情。無駄な甘味やぶれていた雑味がスッキリと落ちてまとまるべきところにまとまった味わい。 Nana vins et Cie. ユアーソーラッキー ペティアン エキストラブリュット 2004 安い,爆買い

パスカル・コタサンセール「レ・モン・ダネ」2005 大人気,HOT

●前評判では卓越した年と言われる2005年のサンセールです。全く力を入れない自然体のワインは、ゆっくりと寝かせてから味わいたい。たとえそれがサンセールであってもです、が・・・・やっぱり早飲みしちゃうのかな・・・? ●インポータさんのテイスティングコメント次の通り・・「香りに火打ち石とバターの香りがし、通常よりもチョークの特徴が強い。レモンを感じさせるチョークの粉に甘いアモーンドと活き活きとした赤い果実が加わる。赤い果実にピンクの花びらが混ざる。とても上品。芳香、スモーク、胡椒を感じさせ、かなりドライ。洋なし、リンゴ、レモンが表れる。とても余韻が長い」・・・と言うことです。 パスカル・コタサンセール「レ・モン・ダネ」2005 大人気,HOT

テュエリーピュズラ再びAOCトゥーレーヌ ピノ・ノワール 2007 セール,大人気

●2007年のティエリーのピノ・ノワールはまたAOCトゥレーヌとなりました。   「フランボワーズ、フェンネル、甘草の香り。味わいは酸が爽やかで果実味があり瑞々しく、ワインが喉をすっと通るピュアなやさしさがある!マッチョな2005年、2006年(PN)に比べ、2007年はより軽やかだが、「これぞティエリらしいピノ!」と感じられる仕上がりに!2007年ヴィンテージの買いブドウはフランソワ・メリオから・・・。」   コメントと言うほどのモノでもない2006年物のコメントです。 ●2005年までトゥレーヌのAOCを取っていたピノ・ノワールですが、いつものようにINAOからの「ロワールのピノらしくない!と言うお墨付きを頂いた栄誉あるテーブルワイン!(インポーター談)」キュベの名前も[PN]とあやしさたっぷりの2006年です。   2005年物のコメントです。 ●テュイリー、なんといい加減なヤツなんでしょう!キャップシール外してコルク抜いたら、コルクには「2001」となっているし、しかもクロ・デ・テュ=ブッフの刻印がしてあります・・・しょうがね~な~!でもワインは極めて慎重な味わい。ピノ・ノワールっぽい甘めの果実の香りとブルー・グラスの爽やかなニュアンス。ほどよくミネラル感も残しつつ、さりげなく「飲み頃はまだまだ先だよ」というメッセージ。まずは二日目辺りが美味しそう、です。(2005.12.13 いのまた) ●↑昨年12月のコメントはこんなモンですが、一応3ヶ月ほど経ったのでそろそろ落ち着いたかな?と言うことで試飲してみたのですが、一日目「う~ん、まだ少し早いかな?二日目「あっ、美味しくなっている・・・」と言うことで、何も考えずに飲んじゃいました・・・。もう一度、ちゃんと飲んでみます。 ●改めて飲むと、抜栓してから2~3時間ではまだまだ堅いです。でもチェリーやフランボワーズ系の詰まった果実味。心地よいハーブの香りのアクセント。タンニンと酸とのバランスのとれた余韻はイイですね。最後まで感じられるのは干したプラムのような豊かな果実味。優しい味わいのワインではありませんが、しなやかさがみなぎっています。まだ半年ぐらい置いておいても良いのでは。ブルゴーニュの複雑さには及びませんが、ロワールのピノを背負って立つようなきりりとした勇ましさ。一晩置けばもう少し香りも落ち着きほどよい熟成感にもにた旨味が出てくると思うのですが・・・。まだまだ先の楽しみな一本です。(2006.04.02 いのまた)テュイリーのピノと言えば、以前はミッシェル・オジェの「テスニエール」の畑のものを使っていたのですが・・・・。その2000~2002年のコメントです。2003年の11月、一気に3ヴィンテージで試しています。   VDT 2000年   ●テュイリーのピノ・ノワールは「寝かせるとより深い味わいがでてくる」というのはクロ・デュ・テュ=ブッフのグラヴォットやカイエールで実証済み。ましてや畑がミッシェル・オジェの「テスニエール」と来れば、間違い無し!とインポーターさんの倉庫で2年近く(2003.11月現在)寝かせて置いていただいたワインです。   ●やっぱり美味しくなっていました。テュ=ブッフのワインに較べると気持、「熱さ」を感じますが、最初のころよりもやはり全体のふくらみがでています。畑の土が少し粘っこいのかな?ミネラル感も少し土っぽさが混じり、革製品やスモークの香りが感じられます。抜栓直後はまだ眠い様ですが、少し時間をおいてあげるとよりはっきりとそれぞれの要素を含ませてきます。個人的にはとっても小エビのチリソース煮(あんまり辛くしないでね)が無性に食べたくなってきました。(2003.11 いのまた)   VDT 2001年   ●輸入時点から1年ほど寝かせています。この年のこのワイン、前後の年に較べるとアルコール分が低く11.5度しかありません。情けないほどの色の薄さですが、香りの中の果実味の豊かさ(感じられる)はこれが一番。甘いサクランボや柔らかいカラメルの雰囲気など、なかなか魅力的になっています。でもやはりワインの厚みはしっかりしているので、流されるタイプではありません。まだまだ酸もしっかりしていますが、アルコール分を考えると丁度飲み頃スタート!と言ったところでしょうか?   ●やはり2日目ぐらいから香りに華が見えますが、タンニン不足は否めない。小粒ですが果実味がボディーをオーバーしていきます。これはこれで美味しいのですが、あまり引っ張ることはできないとともいます。やはりこの半年ぐらいが飲み頃でしょうか。しかも最高の!(2003.11 いのまた)   シュヴェルニー・ルージュ 2002年   ●3年続いたテスニエールのピノ・ノワール。所有者のミッシェル・オジェが彼自身のワイン造りの都合で、このピノ・ノワールの畑を2003年から手放してしまったため、こちらの2002年が最後の「テスニエール」ピノ・ノワールとなります。   ●3年目にしてようやくトゥレーヌのAOCを獲得することができました。アルコール度数も2000年に続き13度近くを確保しています。同じピノでもブルゴーニュのものとは異なりフレッシュ&フルーティー、きっちりとそろえられた酸はやはりこの地方の味わい。ブルゴーニュの骨太の感じはありませんが何も足さずに作られた自然の味わいはやはり逸品と呼ぶにふさわしい一本です。   ●3人兄弟の末っ子ですが、これは結構将来性があります。総合的には従兄弟?に当たるテュ=ブッフのカイエールの方が上になると思いますが、ロワール物としてはがっしりとしたボディがイイですね。変に媚びるところのない素直な性格のワインです。でも、この年が最後、というのはやはり残念ですね。   ●こちらも3日目レポート。多少柔らかくはなってきましたがいつになくしっかりとしたタンニンはまだ完全にほぐれていません。果実味が少し落ち着いた分渋さが目立つかな?でも全体的なバランスはそう変化していないので、これもじっくりと寝かせてあげたいですね。これで飲むなら2001年、2000年、2002年の順番となりました。(2003.11 いのまた) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュエリーピュズラ再びAOCトゥーレーヌ ピノ・ノワール 2007 セール,大人気

ドメーヌ・ル・ブリソー サン・ジャック Saint Jacques AOCジャニエール ブラン 2004 大得価,正規品

●2004年物ですがこの2008年1月にリリース。でもまだまだ早い。あと10年は確実に変化を遂げつつ美味しくなる、久々に気合いの入ったジャニエールです。・・・・インポーターさんの試飲会でグラス300回ぐらい廻しちゃいました!最初のうちは色気というか艶やかさ無いんですね・・・飲んでもそんなに厚み感じないし。ふ~ん、と言った感じですがその『ふ~ん』のあとにジワジワと旨味が登場。どうにかならんかね、とグルグルやると・・・じわ~っ、じわ~っとこなれた味わいが出て来ます。すごい!で、本格的なデキャンタとかに移したりすると、ちょっと恥ずかしいよね~というような地味な性格もちらほら出て来て、予想どおりに開いてくれない。じっくりと腰を据えんといかんのかな・・・・。改めて一本開けてみようかな、と・・。 ドメーヌ・ル・ブリソーは、かの地では有名な醸造家クリスチャン・ショサールがワインを作っています。どのように有名かというと・・・。 クリスチャンは1954年のパリ生まれ。25歳の時に白ワインが好きでヴーヴレにやって来ました。当時からビオの実践者で、また非常に珍しかったころのことです。そして彼がワイン学校で先生をしていたころの生徒がテュイリー・ピュズラやジャン・フランソワ・ニック。ところがある事件でワインを統制しているINAOとぶつかり、その他の事情も関与し、突然にワイン造りをやめてしまいました。そしてつい先頃までは天才醸造家として名前だけが語り継がれる、と言った具合です。 しかし彼には大勢のファンがおり、そのうちの1人、スイス人の愛好家がクリスチャンに再びワインを作り出す環境を整えてくれました。それがドメーヌ・ル・ブリソー。当局から身を隠す?ためコトー・デュ・ロワールというマイナーなアペラシオンでの再起ですが、ちょっと注目、ですね。・・(上の写真は先日ショサールと奥さんのナタリーさんが来日されたとき、新井順子さんと共に当店に遊びに来られた時の写真です。・・・その後近くの和食屋さんに、そこでナタリーさんが「パタポン」由来のシャンソンを歌ってくれました。歌詞の中に「ネロン」という節があり、彼らの住んでいる村がNeronsと言うとてもにた村なので、その歌に出てくる「パタポン」をまずはワインの名前にしたそうです) ドメーヌ・ル・ブリソー サン・ジャック Saint Jacques AOCジャニエール ブラン 2004 大得価,正規品

レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 数量限定,品質保証

●「2003年の『ラシーヌ』はかなりイイ感じだ!」と書いていましたが、2005年の『ラシーヌ』には惚れ惚れしました・・・・。このラシーヌ、今まではどちらかというと良くも悪くも『ワイルド』な印象でしたがこの05は『エレガント』。05と言うと結構暑かった年でもっと強い感じかなと思っていたのですが綺麗に纏まっている。現行のヴィンテージがおそらく07とか08とかで、この05はインポーターさんの倉庫でねていた事を加味しても・・・すばらしい。元々ガメイ100%の『ナカラ』などはきれい系なワインでしたが、その綺麗さと全体的な味わいのバランスが取れている。ともするとアルコール度数が上がりがちな近年で12.5度に押さえているところが、このワインの味わいの基礎になっているのかもしれません。 まずは2002年までのコメントなど・・・・ ●最近どうもこのラシーヌが良い感じになってきました。噂では、ワイナリーに屋根がついて、囲いもついて、最近では空調もついたらしい、とか。半ば冗談とも思えるこんな情報が、結構まじめな話、と評判になるクルトワさんのワイン。2002年で再びトライしてみる気になっています。 ●ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、コー(マルベック)、ガメイ、カベルネ・フランのブレンドです。クロード・クルトワ自身がSO2にアレルギーを持っているので、ワインも完全にSO2ゼロ。本来はトゥレーヌのAOCを名乗れる要件がありますが、あまりにもコンセントレーションが強く認可がおりません。また本人もAOCを名乗ることに全く興味はないようで・・・相変わらずのヴァン・ド゛・ターブルです。そのためヴィンテージの確認のしようがないのですが、裏の正式なラベルにはロット・ナンバーが記載され「t-2002-3」となっていて、これが2002年ヴィテージのワインであることを示しています。(キャップシール外せばコルクの頭にも2002となっていますね。) ●さて、その味わいですが・・・相変わらずワイルドです。元祖ヴァン・ドゥ・ソヴァージュ!還元香もしっかりしている?し、やはり赤ワイン的フェノレ系の香りも出ています。でも、以前から較べると全体の印象はずっと綺麗な味わい・・・。桑の実やブラックカラント系のやや苦味を伴った果実味にしっかりと緻密な酸も乗っていて、良い感じですね。 ●アフターに残る味わいや、鼻に抜けた香りにどうしても動物的なある種の「臭み」があるので、やはり「どなたにでもオススメできるワイン」ではないのですが、何となくジビエ、赤い肉の鳥系には合うんじゃないのかな?それとも八丁みそ辺りで煮込んだモツ煮かな?数年前、alarのある平塚市にナイジェリアのサッカーチームがワールドカップ日韓大会でキャンプを貼ったのですが、その際にナイジェリアの名物料理として登場したのが「ハチノス」と言うか「トリッパ」というか牛の胃袋の煮込み料理。そんな物にも合いそうな気がします。 ●今日はこのままにしようか、それとも一度、デカンターに移し替えようか?ちょっと迷っておりましたが、まずはデカンターに移し替え、かなり激しく泡立てて?みました。かなり還元的な味わいや、フェノレ傾向は飛んでいきますね。ここで、暫く置いた方が良いのかな?一度、余計な物をさらりと捨てて、幾分輪郭もはっきりしてきました。でも、かなり刺激した分、落ち着きが・・・。明日のコメント、少し期待しておいてください。(2006.02.23 いのまた) ●二日目ですが、少し置きすぎてしまったかな?瓶の中に半分ほど残した方を試してみました。還元臭はほとんどなくなりましたが、幾分フェノレ系の香りと味わいが残っています。酸も幾分とんがり始め、少し気になります。とんがってきた分だけ綺麗に感じるところもありますが、前日のデカンターでグルグルとやったときの方がふくよかさもあり良かったな・・・。寝かせてどうなるか?この辺りは微妙ですね。じっくりと酸化してくれるとウレシイのですが、この手のワイン往々にして一層還元的香りが、と言うことが良くあります。コルクのコンディション(あまりお金をかけていない)もいつも気になりますので・・・やはり早めに開けてしまった方が良いのかな?ふと思い出すと、伊豆の温泉でいただいた「猪鍋」が思い出されます。クルトワさんは何と一緒に飲んでいるのだろう?(2006.02.24 いのまた) ↓以下は少し前の1998年物のコメント、です。 ●alarは基本的に「ビオ系」とか「自然派」と呼ばれるワイン好きなんですが、どうもその中でも「苦手」なものが幾つかあります。その中でも最右翼の一つがこちらの「ラシーヌ」。日本に紹介されておそらく6年ぐらい経つのでしょうか?もう何度も試飲会等でいただいていますが、苦手と言うか、どうにも「力の及ばぬワイン」という印象で・・・・そのくらい始めは濃くてちょっと臭くて・・・つらかった。 ●元々ポテンシャルは高いワインです。果実味~タンニン~ミネラルと酸度。ただ最初の内はあまりにもそれぞれが主調を保っているので、どこから手をつけていけば良いのか?おそらくこのワインも凝縮を越えた果実味の濃さ、ドロドロとしたボディの感触にざらつくほどに逞しいタンニン、そしてワイルドなミネラル、と行った趣のワインだったはずです。でも、その時点でこれを組み伏せようといのはやはり無謀だったんですね。それを解決するには「時にゆだねるしかない」と。 ●現在のこのワインの味わいにある程度の方向性が見えてきました。ある意味エッセンスの集積。果実味も、タンニンも余分なところを絞り込んで純化しているかな?と言うところです。絞り込まれた分感じる重さはだいぶ軽くなりました。その変わり味わいの密度がましている、と言ったところです。実際お飲みいただくとおそらく「まだ早い」と感じられると思います(早いというか、瓶によっては独特の還元香に支配されがちなものも。瓶によってかなりの差がでています)。でもここで手を加えるとおそらくバランスが崩れるでしょう。こうなったら3~4日はそのまま我慢です。このワインに関してはあせりは禁物です。 ●まだまだ「UNDER CONSTRACTION」ドライフルーツ的な凝縮感とミネラルを伴ったライブな酸味。ボディの核となるタンニンとそれに付随するミックスハーブ、乾燥しきらない生皮、鉄や鉛の金属的香り、オリエンタルな牡蠣油や醤油、アミノ酸的旨味の凝縮度。中枢を直撃された初期の印象と違い、やや熟成して、じわりじわりと刺激される「快感」に近い味わいです。・・・図らずも「ハツ2本!カシラ2本!レバ2本!しおデネ」とたのみたくなります!(2004.05.06 いのまた) レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 数量限定,品質保証

ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 正規品,2017

●インポーター出水商事さんの資料より・・ 「シャルドネの若木から造られるクラシック・キュヴェ。小樽30%、ステンレスタンク70%で11ヶ月熟成。フルーティーさが見事に表現されたワイン。」 ●「決してブルゴーニュのワインではありません!レモンや白い花のフレーバーに満ちた繊細で軽やかなワインです。ニュートラルなシャルドネの力を存分に引き出し、ほんの僅か樽の化粧がのっている。しなやかでしかもミネラルが豊か。一見モダンでありながら実は自然のままの伸びやかさがあります。(2003.06.04 いのまた)」というのが2001年ヴィンテージの印象。2003年はやはり気温も上がってさらに一段としっかりしたワインになっているかな?と期待されます。 ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 正規品,2017

ピュズラ=ボノームVdFブラン テュフォ 2013シュナンブラン 100%新品,最新作

●2013年ヴィンテージまではピュズラ=ボノームのネゴシアン名義でリリースされているため、こちらのキュヴェはそのままピュズラ=ボノームで。 ●まずはインポータさんのコメント。「シュナンブラン100%。葡萄の畑はヴーヴレにあり、本来ならば「ヴーヴレ」 で出したいところだが規定上そうは行かない。そこで、ヴーヴレの代表的な土壌トゥフォ:Tuffauに、Tu (es) faute 「あなたは間違っている」の意味を掛けてワイン名を命名。レモン、グレープフルーツ、西洋菩提 樹の花、フュメ香、杉の木の香り。ワインはピュアかつ上品でフィネスがある、透明感のある繊細なミネラルの旨味とシャープな酸が余韻につれて徐々に口を満たす!」 ●とい言う事で、ヴーヴレじゃないんですけど、良いヴーヴレだと思います。しっかりとしたボディにレモンからオレンジ、花梨にいたる香りが綺麗に並びまさしくしっかりと厚みのあるボディにチョークのようなミネラル香、クリーンな酸味がピッタリと寄り添いバランスをとっています。ちょっと酸に傾いているかな?と思いますが時間かけるとより熟した感じがでてくるんじゃ無いかな?2013年と言う事でリリースも遅いのですが、飲み頃は2020年より先、かな?それまで我慢、できますか?(2016.03.09 いのまた) ピュズラ=ボノームVdFブラン テュフォ 2013シュナンブラン 100%新品,最新作

クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 全国無料,お買い得

●ソーヴィニヨン・ブランをマセラシオン・カルボニックで短時間(約一日)醸し、その後果実を圧搾して自然酵母で仕込み、タンクで熟成させています。 ●いきなり抜栓2日目のコメントとなります。通常クロ・ロッシュ・ブランシュのこのキュベは、当初香りが華やか且つ酸とミネラルが「鋭い」と表現されるほど強いので、あえてそれが落ち着いて、と言うことでここからが本格的なスタート(と思っています)。香りにまだ幾分の青さを感じますが、レモンやライム、グレープ・フルーツの柑橘系の香りに乗ってより爽やか感じを印象づけます。口に含むと一瞬甘く、一瞬ほろ苦く、そして一つに絡んだ心地よい余韻。幾分スパイスやハーブをきかせたカルパッチョが良さそうです。中華風の海鮮刺身?白身魚に松の実やコーンフレーク、キュウリの千切り、香菜などを合わせても良いのかな(タレみたいなのは香醋なんだろな?)。基本は繊細な白身魚の「生系」となりそうです。(2006.04.05 いのまた)   「肌理の細かいミネラル感とレモンピールの爽やかな果実味。すっきり冷やして楽しみたい 白 辛口」 クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 全国無料,お買い得

ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 お得,格安

●かなりきわどいカラーの「ロゼ・ワイン」です。ブドウはピノ・ドニス。SO2も添加してません。白ワインと同じく収穫直後にプレスして皮から色素を抽出するオーソドックスな作り方です。とりあえずは南仏のロゼのようにしっかりとしたタイプに仕上がった、とのことですので「南仏NICE(ニース)を意識してRoseのスペインなまりのJoseとしネーミングした」とのことですが、今ひとつよくわかりません。色もどうにも・・・・ ●瓶に入っているとかなり「きわどいワイン」と言う感じですが、グラスに注ぐと・・・何となくプロヴァンス、パレとかバンドール系の少しオレンジ色の入った色調です。ま、それにしても色は薄いです。で、香りには何となく蜜の甘さや赤い花の甘さが・・・もう少し冷やしておいた方が良かったかな?・・・いえいえこのくらい(おそらく12~13度)が丁度いい。酸がくっきりとしているので、あまり冷やしすぎると香りが楽しめません。オレンジやライムの柑橘系の爽やかさ、軽くミンティーなハーブのアクセントもあり、これはなかなかいけます。確かにしっかりとしてはいますが、あまりボディは強くないし、タンニンもほとんど地味だし、と言うことで、目つぶっていると思わず受けを狙って「ムニュ・ピノ!」とか言ってしまいそうです。 ●相変わらずブラインド泣かせの自然派もの、ですがワインとしては非常に良し!色合いの調子からも、先日食べ損ねた「冨山の鱒寿司」あたりをつまみで行きたいともいます。(2005.07.03 いのまた) ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 お得,格安

ステファン・ベルナウドゥアンジュ ブラン レ・ノリゾン 2004 HOT,大得価

●レ・ノリゾンは畑の名前そしてその下にVignes Centenairesと誇らしげに「100年のブドウ」と入っています。この年の収量は10hl/ha・・・ ステファン・ベルナウドゥアンジュ ブラン レ・ノリゾン 2004 HOT,大得価

クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 人気SALE,豊富な

●ソーヴィニヨン・ブランをマセラシオン・カルボニックで短時間(約一日)醸し、その後果実を圧搾して自然酵母で仕込み、タンクで熟成させています。 ●いきなり抜栓2日目のコメントとなります。通常クロ・ロッシュ・ブランシュのこのキュベは、当初香りが華やか且つ酸とミネラルが「鋭い」と表現されるほど強いので、あえてそれが落ち着いて、と言うことでここからが本格的なスタート(と思っています)。香りにまだ幾分の青さを感じますが、レモンやライム、グレープ・フルーツの柑橘系の香りに乗ってより爽やか感じを印象づけます。口に含むと一瞬甘く、一瞬ほろ苦く、そして一つに絡んだ心地よい余韻。幾分スパイスやハーブをきかせたカルパッチョが良さそうです。中華風の海鮮刺身?白身魚に松の実やコーンフレーク、キュウリの千切り、香菜などを合わせても良いのかな(タレみたいなのは香醋なんだろな?)。基本は繊細な白身魚の「生系」となりそうです。(2006.04.05 いのまた)   「肌理の細かいミネラル感とレモンピールの爽やかな果実味。すっきり冷やして楽しみたい 白 辛口」 クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 人気SALE,豊富な

ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiガメイ Cuvee KUNIKO VdTフランセーズ ルージュ2006 送料無料,お買い得

●ラベルも刷新された2006年のKUNIKOです。トゥレーヌのAOCはなくなりVdTで登場。早速飲んでみました・・・・   「う~ん、スゴイワイン作ってきたな・・・・。ガメイ、ピノ・ノワールの様なと言われるけれど、これはシラーだ!!!。新井順子=自然派と言うイメージが強いのですが、alar的には新井順子=実はグランヴァン好き!性格的に突き詰めたいんだよね彼女は!で、彼女の思うところのグランヴァン、おそらくヴァン・ド・ガルドなんじゃないかな・・・。イメージするところはサンソニエールの90年代前半のワイン。あるいは某ブログで指摘されているジャン・フォワヤールのモルゴン「ピュイ」。でタイトな味わいはティエリー・アルマンあるいはヴァンサン・ガッセ!」って事でこなれる前に飲んじゃいました・・・。で、所用により4日間ほど放置しておいたのですが・・・何となく上澄みが落ち着いてイイ感じの纏まりです。もう一度飲んでみよ・・・。 ●新井さんの話では「2005年は天候に助けられて素晴らしいワインができたけど、2006年は自分の技術的な向上で作り上げることができた自信の年」とのこと。こちらのKUNIKOもいろいろあってこれが最後の仕込みになるかも知れない(実際はそうならなかったけど)と思いつつ仕上げた一本。 ●さて、試飲会で飲んできました。・・・・あれ?うちで開けたときよりもずっと果実味が強いゾ~。これならしっかりガメイのワインとわかりますね。でもタンニンがとってもたっぷりとしていて風格があるところは変わりません。これがこのワインの良さ。いつもなら、あまりまとめ買いはお薦めしないalarですが、このKUNIKO2、3本買っておいてしっかりと寝かせてみるのも面白いのではと思います。 ●で、基本的に小心者なので最初に飲んだのと試飲会で飲んだのどっちが、なのよ?と、また一本開けてみました・・・。試飲会の方が近いです。なんでだろうな?ラベルのKUNIKOの「邦」の字みたいに、ワインの味わいも毛筆でサラサラと書いたような感じですね。で、「書」って無駄がないというかその書かれた文字の意味とそのスタイルで「なるほど・・」と言う感じでせまってきますよね・・。う~ん、そんな感じなんだよな・・・。さらさらとした筆運びなんだけど、おさえるところはおさえているから鑑賞に耐える・・と言うか心が揺れる。ちょっと言いすぎですけど、墨一色での勝負ッたところですかね。でもその勝負の向こうで心地よい飲み口が魅力なんだろうな?意気込みとしては2002年に近いモノがある。いろいろと楽しく考えさせるワインではありますが、そんな中でふと気づくと彼女の口から「テロワール」って言葉を聞かないな・・・(2008.02.05 いのまた) 新しいボワ・ルカの醸造所。実に綺麗に片付いています。 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカ owned by Junko Araiガメイ Cuvee KUNIKO VdTフランセーズ ルージュ2006 送料無料,お買い得

ディディエダギュノーブランフュメドプイィ シレックス 2009 大人気,2017

●言わずと知れたダギュノーの最高傑作『シレックス』です。その名の通り複数のシレックス土壌の区画生まれるこのワインは、美しいミネラルと力強い果実味に溢れ、その熟成のポテンシャルはブルゴーニュのグランクリュクラスにも匹敵すると言われています。・・・と、言う事で新着の2009年物飲んでみました↓ ●シレッックス2009ダギュノーが亡くなって3年目となるワイン。現在は長男のルイ・ベンジャマンが中心となってワインづくりをおこなっている。・・・・例年のシレックスに共通した感覚は「呆れるほどの硬さ」であるが、この2010年は意外と解りやすい。常に名前の由来のシレックス(火打石:石英:SiO2:酸化ケイ素)の様に鋭利な切片を見せながら時間と共にその緻密な構造を基本としてひたすら深みをまして行くタイプのワインであるにもかかわらず・・・・、である。 ●作りそのものは変わっていないと思われるが、2009年と言うヴィンテージに由来する味わいなのだろうか?香りにはソーヴィニヨン・ブランらしい柘植の様な芳しさを基調に若いライムの実、硬い白桃。そしてリースリングにも似た鉱物的な香り。味わいにおいてもその傾向は変わらず、豊かに詰まった酸とまさしくマッチを擦ったようなフリントの感触に近いミネラル感。ま、これがそれぞれの要素ごとに強く主張を繰り返すのが若いしレックスの印象だが・・・この2009年物はどうも最初から調和を奏でている為スンナリとワインの中に入っていけるのだ・・・。(2012.04.29 いのまた) ディディエダギュノーブランフュメドプイィ シレックス 2009 大人気,2017

ドメーヌデボワルカ owned by Junko AraiAOCトゥーレーヌ ソ-ヴィニヨンブラン Cuvee P 2011 人気セール,新作

●元々は2011年のヌーボー・ブランとして仕込まれた物。諸般の事情で1年越しでのリリースと相成りました・・・・。まずは新井さんのコメントです・・・。(alarサイドでだいぶ端折らせて頂きました)   「元々、このワインはソーヴィニヨン・ブランの2011年プリムールとして醸造する予定でした・・・。  「ブドウは9/10(土)から収穫開始。2011年は一般的に8月下旬から収穫がスタートしたので周りはもう葡萄が残っておりません。畑は熟れた所から収穫を始めますが、最初の1番絞りを絞ったら何とアルコール度数が14.5度。「これは大変だ!!!」これだと完全に発酵は終わらないのでプリムールには出来ません。本来ならば熟した順番に葡萄の収穫を行いところですが、その方法を変えました。2回目の仕込みからは熟れていない葡萄の畑の収穫です。3回目は1947年に植樹された64歳の樹齢の古い木。そして10月6日に4回目の収穫の絞りが終わり・・・・。  「なんとか11/2に瓶詰めが終わり、11/3にラベル貼りをして、11/4にトラックがやってきて飛行機で運ぶ段取りをしておりましたが・・・・・その後、吹いてしまったと言う事件になり、出荷を急きょ中止したのが昨年ののお話。・・・原因は試験的に使ったコルクの不良とわかったのですが、今度はそのコルクを打ち直す時間がない・・・。」  「ようやく、コルクの打ち直しが終わったのが今年2012年の秋。そしてようやくヴァンドターブルだったワインがちゃっかりとAOCトゥレーヌとなってお披露目です・・・。」  「早い段間で瓶詰めした物を、瓶詰め状態のまま保存していたので、最初の1杯が泡があって心地よく、いかにもプリムールというフレッシュ感が残り、2杯目から澱が混ざり、味わいにぐっとコクが加わります。そして3杯目が濃厚な味になり、いつものBois Lucasの白ワインを、クリーミーにし、若くてそして熟成感のある2つの面白い側面が重なり、不思議な、心地よいアンバランスでユニークな風味なのです。本人も初めての味わい。・・・・最初で最後の醸造です。もう絶対にこういうスタイルは作れませんし、作りません(笑)このワインの名前はTouraine Blanc 2011 Cuvee‘P’、それは1つはプリムールになる予定の意味と、2つはペティヤンのようなガス感が残っているからこの名前にしました。」 ●プリームールが一年越しになってしまったけれどもAOCも無事にとれたし、ま、これで一件落着と思いきや・・・・・実は新たな問題が・・・  ●その1・・・ボトル差がある。特にトロトロとしたグリセロールの出た物とか・・・  ●その2・・・澱の量がとんでも無い。澱の苦手な人はやめた方がイイかもというくらいに・・ 改めて1本飲んだのですが・・確かに澱は多い。でもこれは1週間ほどボトルを立てておけば何とかなる・・・。が、もう一つのトロトロ具合、新井さん情報では3%ぐらい・・とのことですが、alarのところに入ってきた分はかなりトロトロの確率が高そうです。トロトロそのものには健康被害とか全く無縁でこれはこれで有りかなと思いますが、上の方で新井さんがコメントしている味わいとだいぶ趣が異なる・・このあたりはボトルを開けてみないと何とも言えません。 ●トロトロ・・・昨年2011年の大岡さんのルカノン、ロゼ・プリムールをお飲みになった方はおわかりかと思いますが、あのワインと同様の現象です。新井さんは『グリセロール』と言っていますがおそらく糖の一種の『デキストラン』じゃあないかと・・・。果汁中の糖分の一部をある種の乳酸菌が代謝して、グルコース(ブドウ糖)のたくさん連なった形のデキストランを作った、と言う方が良さそうな気がしています。またこの粘り・・多くは瓶詰めして暫くすると起こるという、あけてみなけりゃわからない厄介な代物。alar個人的には、抜栓直後は微妙な炭酸ガスも残っていて桃や洋梨のような果実の香りもあるし、飲んでみるときめ細かい酸味にトロトロ具合のバランスが良い具合にまとまっているしフィニッシュは若干の苦味としゃっきりとしたミネラル感の余韻で『これはこれで良いんじゃない』と言う事ですが、取り敢えずこのワイン「澱有り」「ボトル差有り」をご承知頂ける場合のみ、しかも返品不可をご承知いただき販売可とさせていただきます・・。宜しくお願いいたします。 ドメーヌデボワルカ owned by Junko AraiAOCトゥーレーヌ ソ-ヴィニヨンブラン Cuvee P 2011 人気セール,新作

ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ HOT,お得

●コー(cot:マルベック)とガメィのブレンドできたロゼ・ワインです。樹齢16年のコーの畑。面積も一番小さく、赤ワインは他にもカベルネ・フランやガメィがあるので「気まぐれで」ロゼにしました。ブレンド比率は新井さんも立ち会ってコー80%、ガメイ20%に決定。「非常にナチュラルですがしっかりと旨味を感じる」味わいに落ち着いた模様です。 ●キュヴェの名前「プティ・ヴァンダンジュ・アントル・アミ」は「仲間内で摘み取って仕込んだちょっとした量のワイン」ってところでしょうか?キュヴェの名前の下にはヴァンダンジュ=摘み取りに参加したステファンの友達?と思われる人たちの名前がひとりずつ刻まれています。 ●でコメントですが、リアルワインガイド13号「テイスティング・レヴュー番外編」用の物をそのまま載せておきます。  「「みんなで収穫したんだ~」と言うことで、名前がゾロゾロ。このラベルだけでビジュアル的には91点。ワインの色もラヴィアンローズ!って気合いが入った濃さで、香りにガメイのイチゴ、味わいが少し苦めのマルベック、としかコメントできない様なシンプルさ。なんだけど、こう言う味を都会では「すたいりっしゅ」と言うのです、たぶん。これで「紫色のしば漬け」など抓むのは『粋』と言います。小鰭の握りとガリ合わせると『通』。87点/88点・・・2007~2010年 2006.02.10」 ●文字数が限られているからと言い訳しつつ、なんだか訳のわからないコメントになっていますが、要は『小洒落た味』何となくですが、お寿司とか系の和食に合いそうな気がするんです。コーが全体の味わいを引き締めているのかな?もう少し楽しく(今も充分楽しいのですが、さらに)飲むにはあと1年は寝かせたい。でもそうすると、果実味がもっと楽しく出てきそうなので、お寿司系は合わないかな?と楽しく悩める一本です。(2005.03.14追記 いのまた) ステファン・コサVdTフランセーズ ロゼ 2004 プティ・ヴァンダンジュ・アントレ・アミ HOT,お得

クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 人気定番,送料無料

●ソーヴィニヨン・ブランをマセラシオン・カルボニックで短時間(約一日)醸し、その後果実を圧搾して自然酵母で仕込み、タンクで熟成させています。 ●いきなり抜栓2日目のコメントとなります。通常クロ・ロッシュ・ブランシュのこのキュベは、当初香りが華やか且つ酸とミネラルが「鋭い」と表現されるほど強いので、あえてそれが落ち着いて、と言うことでここからが本格的なスタート(と思っています)。香りにまだ幾分の青さを感じますが、レモンやライム、グレープ・フルーツの柑橘系の香りに乗ってより爽やか感じを印象づけます。口に含むと一瞬甘く、一瞬ほろ苦く、そして一つに絡んだ心地よい余韻。幾分スパイスやハーブをきかせたカルパッチョが良さそうです。中華風の海鮮刺身?白身魚に松の実やコーンフレーク、キュウリの千切り、香菜などを合わせても良いのかな(タレみたいなのは香醋なんだろな?)。基本は繊細な白身魚の「生系」となりそうです。(2006.04.05 いのまた)   「肌理の細かいミネラル感とレモンピールの爽やかな果実味。すっきり冷やして楽しみたい 白 辛口」 クロ・ロッシュ・ブランシュトゥレーヌ ソーヴィニヨン・ブランNo.2 2004 人気定番,送料無料

ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 送料無料,高品質

●インポーター出水商事さんの資料より・・ 「シャルドネの若木から造られるクラシック・キュヴェ。小樽30%、ステンレスタンク70%で11ヶ月熟成。フルーティーさが見事に表現されたワイン。」 ●「決してブルゴーニュのワインではありません!レモンや白い花のフレーバーに満ちた繊細で軽やかなワインです。ニュートラルなシャルドネの力を存分に引き出し、ほんの僅か樽の化粧がのっている。しなやかでしかもミネラルが豊か。一見モダンでありながら実は自然のままの伸びやかさがあります。(2003.06.04 いのまた)」というのが2001年ヴィンテージの印象。2003年はやはり気温も上がってさらに一段としっかりしたワインになっているかな?と期待されます。 ヴィニョーブルギョームシャルドネ 2003VDPフランシュ=コンテ 送料無料,高品質

ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼタマネギの皮色の薄い色 Junko Arai Selectionシールつき 2002 数量限定,品質保証

●2002年は新井順子さんのボワ・ルカに取ってはデビュー・ヴィテージ。畑の一部のガメイが糖度が上がらず、どうしようかと悩んだ末に・・・・ロゼの・ペティアンになりました。      シャンパーニュも寒い地方なので、ブドウの糖度がなかなか上がらず、酸も強いので・・・とドン・ペリニョンさんが工夫して泡のあるワインを作り出したというのは有名な話。この話に似て新井さんも糖度が思うように上がらないことを逆手にペティアンを作ってしまいました。ただ、作り方もユニークです。一旦、絞ってジュースにしたワインを、通常はタンクで発酵させますが、ここでは樽を使って。そして発酵途中のワインをそのまま瓶詰め。自然なままのガスをそのまま閉じこめました。      仕込みはパスカル、仕上げはノエラ。そしてこの間、最初のThesseと言う村の小さなカーヴで仕込まれ、同じ村の水害にあった大きなシェに移され、最後に現在の拠点Pouilleから、旅立ち。実にこれまでのボワルカ3年間の歴史が詰まっているかも、のワインです。 ●色調の違い、こちらはブドウ(ガメイ100%)を圧搾して搾り取ったジュースをすぐに樽に移して発酵させました。そしてその途中で瓶詰め。少しオレンジ色がかった、綺麗なタマネギ色です。(写真奥) 「ついにやっちゃったの・・・・?#*!」某インポータのコンサルティングをしているAさんが、どうやら『ロワールに畑を買っちゃた』言う話を聞いたのは、丁度2001年の秋のこと。それまでやっていたレストランも売り払い、真摯に向き合っていた自然派農法:ビオディナミが「本当に正しいのかどうか実際に自分の手で実践してみたかった」と言う挑戦はどうやら思っていたよりも早くに実のりを得たようです。・・・・・・「Aさん」というのは勿論あの、新井順子さんのこと。ビオ系のワインを色々と発掘しつつ、とうとう自分でもワイン造りを始めてしまったんですね。彼女の略歴や既に伝わっている評価は、あえてここではご紹介しません。彼女も自分のワインを素直に評価してもらうのが一番うれしいのでは?ロワール初めての日本人醸造家の記念すべき第一作をお試しあれ!      ↑詳しくは2005年11月04日 集英社より発売予定の新井順子さんの奮闘記『ブドウ畑で長靴はいて -私のロワール・ワイン造り奮闘記-』をご覧下さい。  2年目となる2003年は、好天続きのお陰でブドウの収穫量もほとんど品質を落とすことなく前年の約倍となる20000本分(それでも25hl/haは少なすぎ!)のワインを仕込むことができました。しかし、2003年の仕込みもほぼ完了し2002年のワインも最後の瓶詰めが終わった2003年11月29日、収穫からようやく忙しさも一段落、ほっと一息のそのときです。   この日の大雨で近くの川が氾濫。比較的低いところに位置するボワ・ルカの醸造施設はこの出水がなだれ込み、保存しておいたワインの樽がほとんど水に流されてしまいました。新井さん自身も現実を目の当たりにして「このままドメーヌを閉めようか」と思ったほどの惨劇です。幸いにも、何とか残った健全なワインを再度大きなタンクに移し替えると、まだ活きていた野生の酵母の力で発酵再開。再度樽に移し替えると以後は驚くほど順調にワインは育ちました・・・。ドメーヌのスタートから2年目。予定していた20000本は6000本へと大きく減ってしまいましたが、その分新井さんやパスカル、そしてこのワインに関わった人たちの思いがいつもの年の3倍ぐらい詰まっているのでは・・・?期待してイイ2003年のボワ・ルカです。そして3年目となる2004年。まずは赤ワイン、3ッつのキュヴェが入荷です。新井さんの報告では生産量も15000本とグッと増えて、まずは安心。それでも平均収量を考えると「ロマネ・コンチィ以上」と、相変わらずです。パリのカーヴ・オジェとの本格的な取引も始まり、各地のサロンにも招待されて人気はますます上昇。日本への出荷量が減らないようにと、願うばかりです。 2002年のデビュー当時から本当に「美味しい」ワインをリリースしていますが2004年は全体に磨きがかかってきた、というのがalarの感想。とことんまでのめり込んでいく作り手の性格、がよく表れています。ある意味2003年とは別の苦労があったんじゃないかな?あまり作り手に感情移入しないように、心がけてるalarですが・・・美味しさに味わいを越えた共感を覚えます。そして4年目となる2005年ヴィンテージ。こちらもソロソロと入荷し始めました。2005年はロワールもかなりいい年。新井さんもあの手この手の新しいワインで楽しませてくれそうです。 ドメーヌ・デ・ボワルカVdTペティアン・ナチュール ロゼタマネギの皮色の薄い色 Junko Arai Selectionシールつき 2002 数量限定,品質保証

ティエリー・ピュズラ さよなら Sayonara pas pour tout l'mond AOCトゥレーヌ ブラン Doux 2006 2017,品質保証

●100%ソーヴィニヨン・ブランの(少し)貴腐ワインです。デザートワインとしてお食事の最後に飲んで「ココでサヨナラ」なんですが、本当は「誰にもサヨナラなんて言わないから」と言う心持ち。でそのうらには似た発音の「Ca,il n'y en a」 があって、どうやらそんじょそこらに在るモンじゃないぞ~!と言うティエリーらしい自信を覘かせた洒落たネーミング。コルクを抜くと「ミュザン・ブティーユ・パー・ティエリー・ピュズラ」とここでも洒落ています。(alar注:貴腐はBotyritis cinereaと言う黴の仲間で生じますが、条件によっては「灰色かび病」と言うぶどうの病気と紙一重の物なんです。この2006年のさよならはこのあたりが「キモ」になっているのではと・・・・。) ●2006物は残糖が20mg/lほどでデミ・セックとドゥーのちょうど境目ぐらいの出来映え。貴腐の割合は比較的(かなり)控え目で、軽いデザートワインにに仕上がっています。で、750ml入りの普通のボトルに入ってこのお値段。インポーターさんによると「ミネラルやハチミツリンゴの香り。口の中にスッと広がるほのかにやさしい甘味と控えめで上品な酸とのバランスが良い。アフターにブリオッシュのフレーバーが鼻を抜けます」と。ブドウはアラン・コクトーとブリュノ・アリオンから購入した物です。 ●一応、前もって言っておきますが、2005年あたりを飲まれて、よっしゃ!と思われるかもしれませんが、2005年と全く別物、とご理解下さい。ドライなワインではないので、甘口に含まれますが、かなりタイトな甘口、と。最初のうちは若干揮発酸も高い。白ワインの場合「フェノレ」と「ボラが高い」と微妙なところですが、alar的にはボラが高いかも系の香りが感じられます。で、この揮発系の香りが飛ぶと妙なオイシサ。微妙に、ぽん、ぽ~んと旨味が伸してきます。イメージ的にはエイひれのアブりものと言ったところでしょうか?カワハギでも良いのですがじわ~と広がるアミノ酸系の味わい。それに妙な甘さが絡んでくる、とご理解下さい。ワインが落ち着くと、この時期のトロトロしたチーズ(スミマセン、名前が分からない)に程よくマッチしそうな気もしますが、何となく記憶にある名前と感触が一致している部分ではミモレットなどの少し堅めのチーズなどにあいそうかな?と。エイひれとは恐らく全く関連はないのでしょうが・・・そんなところに落ち着いている一本、です。(2008.10.30 いのまた) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) ティエリー・ピュズラ さよなら Sayonara pas pour tout l'mond AOCトゥレーヌ ブラン Doux 2006 2017,品質保証

ドメーヌ・ル・ブリソー キャラクタ Kharakter AOCジャニエール ブラン 2004 豊富な,お得

●こちらもジャニエールの白です。幾分石灰質の多い土壌の畑ですので、ミネラルのびしっと効いた堅めの味わい(だそうです)。と言うことでより性格ががはっきりしている・・・フランス語のCaractereを当てるところですが、もっとはっきりとした感じとなるラテン語のKharaktreと名付けています。畑は一日中日が当たる好条件。そのためラベルは昇る太陽をイメージしています。2005年10月上旬にビン詰めされました。 ドメーヌ・ル・ブリソーは、かの地では有名な醸造家クリスチャン・ショサールがワインを作っています。どのように有名かというと・・・。 クリスチャンは1954年のパリ生まれ。25歳の時に白ワインが好きでヴーヴレにやって来ました。当時からビオの実践者で、また非常に珍しかったころのことです。そして彼がワイン学校で先生をしていたころの生徒がテュイリー・ピュズラやジャン・フランソワ・ニック。ところがある事件でワインを統制しているINAOとぶつかり、その他の事情も関与し、突然にワイン造りをやめてしまいました。そしてつい先頃までは天才醸造家として名前だけが語り継がれる、と言った具合です。 しかし彼には大勢のファンがおり、そのうちの1人、スイス人の愛好家がクリスチャンに再びワインを作り出す環境を整えてくれました。それがドメーヌ・ル・ブリソー。当局から身を隠す?ためコトー・デュ・ロワールというマイナーなアペラシオンでの再起ですが、ちょっと注目、ですね。・・(上の写真は先日ショサールと奥さんのナタリーさんが来日されたとき、新井順子さんと共に当店に遊びに来られた時の写真です。・・・その後近くの和食屋さんに、そこでナタリーさんが「パタポン」由来のシャンソンを歌ってくれました。歌詞の中に「ネロン」という節があり、彼らの住んでいる村がNeronsと言うとてもにた村なので、その歌に出てくる「パタポン」をまずはワインの名前にしたそうです) ドメーヌ・ル・ブリソー キャラクタ Kharakter AOCジャニエール ブラン 2004 豊富な,お得

カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 人気,新作登場

●今年(2011年)春のロワールのサロンにて久し振りに奥さんのカトリーヌさんにお会いして、ちょこっとワイン飲ませていただいたんですが・・・その後入荷して落ち着いたところでまた飲んでみました・・。 ●う~ん、改めて飲んだけどやっぱり美味しい・・・ニュイ・ディブレス!久し振りに付け入る隙の無いワインです・・・。某誌の番外編では文字制限があって書ききれなかったのですが・・・「僅かに紫色のエッジの混じる濃いめのルビー色。控え目ながら色を重ね合う赤い果実と少し乾燥したヨモギの様なハーブの香り。幾分金属的なニュアンスを感じさせつつもしっかりとしたミネラルの存在の予感。軽やかな口当たりと余韻に広がるタンニンとのバランス。こなれた酸は旨味を引き出し、旨味はほろ苦く果実味を引き立てる。まだまだ還元的であり充分に開いていないが準備は整っている。作り込まれたデセールには絶対表現できない「生」だけが持つシンプルな味わいが魅力。」とさせていただきました(それでもかなり字余り)・・。冬のキリリと寒い夜、瞬く星々、白い吐息・・・・これは「酔って」いられない!(2011.11.09 いのまた)    ↓こちらはかなり昔のコメントですが・・・。 ●ペリエールも良かった!ディレッタントも良かった!と言うことでブレトンの期待の新作がようやく入荷しました。その名も「ニュイ・ディヴレ」。ニュイ(Nuit)は「夜」、ディヴレ(d'Ivresse)は「酔う」と言う意味のようですので・・・何となくalar向きのワインのような気がします・・・。 ●・・・少し前のワインの試飲が長引いてしまったので、グラスに入れて20分、からスタートです。色合いは、普通のブルグイユ、やや濃いめかな?香りは・・うっ!なんと艶めかしいんでしょう!ボルドーちっくな「ミンクのコート」のようなフランの香りです。まだまだ早そうだな~。 ●こういう香りを嗅いでしまうと条件反射的に飲んでしまいます!・・・・・・・・え~、なんと表現すれば良いのか悩んでいます。困ったことに、イイ感じのピノみたいな旨味もでてきちゃっているし・・・・・じわ~と、果実味でてきますね。多少タンニンの落ち着きがないのですが、酸とミネラルの輪郭がはっきりしてくると同時に深みがでてきます。 ●現時点では抜栓後30~40分がベストの状態です。グラスに入れて暫く引っ張るれるだけの力は残念ながら持ち合わせていませんが、フランのタイトさと程良い膨らみ加減、良いバランスです。瓶で寝かせるならあと半年から1年、この辺りが、あのブルグイユの深みに届かないところです。でもかなり中枢を刺激されますね。IvresseにはExtase=陶酔と言う意味も在るようですので・・・的を得ています!(2004.04.27 いのまた) ●3日ほど経って瓶の底3分の一ぐらい残っているのを飲んでみました。やっぱりまだ美味しいです。やっぱり少し寝かせてお楽しみ下さい。今の1.3倍ぐらい楽しめそうです。 カトリーヌetピエールブレトンブルグイユ ニュイディヴレス 2009 人気,新作登場

ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン HOT,大得価

砂混じりの結晶片岩から生まれたシュナン・ブラン種。辛口白では最高級のクラス。100%新樽で12ヶ月熟成、バニラの香が前面に出ながら、構成要因にしっかりした酸味が有るので全体的に嫌みがなくバランスの取れている長期熟成型。葡萄樹齢20年、年間生産量4000本、ルネの個性が光る白ワインです。  「こちらも個性的なワインです。何かはわかりませんが薬草のような甘さと苦さの同居した香りがあります。印象としては「柔らかな石」大変ミネラルが豊富で香りには硬い印象がありますが、口に含むととろりとした柔らかさがあります。新樽の香りがまだハッキリとしてるので香りと舌で感じる部分とが微妙に異なり、少し不安定なところもありますが、熟成後が楽しみ。あと2~3年はそっと置いておく方が良さそうです。」 ・・・・と書いていたのが約2年前、現在(2003.06)では非常に落ち着きがでてきています。ワインの色もなかなか濃くなってきました。気持ブラウンの入った濃いめの黄色。しかも表面の輝きは非常にはっきりしていて、縁から流れ落ちる「足」はお見事。樽からのニュアンスも「木の香りとバニラの香り」が混沌となり蜂蜜のような深い香りに変化して来ました。熟したカリン、アップルパイ、オレンジマーマレード、さらに奥行きが広まっています。たっぷりとあった酸も非常に丸味を帯び、全体にしっくりとしてきました。まさに「極み」ですね。相変わらずシェリーのような厚い香りが先行しますが、少し我慢をしていると、もう引き返せない扉が開きます(2003.06.25~26 いのまた)  私の家内の弁です・・・「最初、『行っちゃっている』ワインかと思ったけど、変に美味しい・・」 ドメーヌ アグネスエルネモスルボンヌブランシェ 1999アンジュー ブラン シュナンブラン HOT,大得価

レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 人気SALE,限定セール

●「2003年の『ラシーヌ』はかなりイイ感じだ!」と書いていましたが、2005年の『ラシーヌ』には惚れ惚れしました・・・・。このラシーヌ、今まではどちらかというと良くも悪くも『ワイルド』な印象でしたがこの05は『エレガント』。05と言うと結構暑かった年でもっと強い感じかなと思っていたのですが綺麗に纏まっている。現行のヴィンテージがおそらく07とか08とかで、この05はインポーターさんの倉庫でねていた事を加味しても・・・すばらしい。元々ガメイ100%の『ナカラ』などはきれい系なワインでしたが、その綺麗さと全体的な味わいのバランスが取れている。ともするとアルコール度数が上がりがちな近年で12.5度に押さえているところが、このワインの味わいの基礎になっているのかもしれません。 まずは2002年までのコメントなど・・・・ ●最近どうもこのラシーヌが良い感じになってきました。噂では、ワイナリーに屋根がついて、囲いもついて、最近では空調もついたらしい、とか。半ば冗談とも思えるこんな情報が、結構まじめな話、と評判になるクルトワさんのワイン。2002年で再びトライしてみる気になっています。 ●ワインはカベルネ・ソーヴィニヨン、コー(マルベック)、ガメイ、カベルネ・フランのブレンドです。クロード・クルトワ自身がSO2にアレルギーを持っているので、ワインも完全にSO2ゼロ。本来はトゥレーヌのAOCを名乗れる要件がありますが、あまりにもコンセントレーションが強く認可がおりません。また本人もAOCを名乗ることに全く興味はないようで・・・相変わらずのヴァン・ド゛・ターブルです。そのためヴィンテージの確認のしようがないのですが、裏の正式なラベルにはロット・ナンバーが記載され「t-2002-3」となっていて、これが2002年ヴィテージのワインであることを示しています。(キャップシール外せばコルクの頭にも2002となっていますね。) ●さて、その味わいですが・・・相変わらずワイルドです。元祖ヴァン・ドゥ・ソヴァージュ!還元香もしっかりしている?し、やはり赤ワイン的フェノレ系の香りも出ています。でも、以前から較べると全体の印象はずっと綺麗な味わい・・・。桑の実やブラックカラント系のやや苦味を伴った果実味にしっかりと緻密な酸も乗っていて、良い感じですね。 ●アフターに残る味わいや、鼻に抜けた香りにどうしても動物的なある種の「臭み」があるので、やはり「どなたにでもオススメできるワイン」ではないのですが、何となくジビエ、赤い肉の鳥系には合うんじゃないのかな?それとも八丁みそ辺りで煮込んだモツ煮かな?数年前、alarのある平塚市にナイジェリアのサッカーチームがワールドカップ日韓大会でキャンプを貼ったのですが、その際にナイジェリアの名物料理として登場したのが「ハチノス」と言うか「トリッパ」というか牛の胃袋の煮込み料理。そんな物にも合いそうな気がします。 ●今日はこのままにしようか、それとも一度、デカンターに移し替えようか?ちょっと迷っておりましたが、まずはデカンターに移し替え、かなり激しく泡立てて?みました。かなり還元的な味わいや、フェノレ傾向は飛んでいきますね。ここで、暫く置いた方が良いのかな?一度、余計な物をさらりと捨てて、幾分輪郭もはっきりしてきました。でも、かなり刺激した分、落ち着きが・・・。明日のコメント、少し期待しておいてください。(2006.02.23 いのまた) ●二日目ですが、少し置きすぎてしまったかな?瓶の中に半分ほど残した方を試してみました。還元臭はほとんどなくなりましたが、幾分フェノレ系の香りと味わいが残っています。酸も幾分とんがり始め、少し気になります。とんがってきた分だけ綺麗に感じるところもありますが、前日のデカンターでグルグルとやったときの方がふくよかさもあり良かったな・・・。寝かせてどうなるか?この辺りは微妙ですね。じっくりと酸化してくれるとウレシイのですが、この手のワイン往々にして一層還元的香りが、と言うことが良くあります。コルクのコンディション(あまりお金をかけていない)もいつも気になりますので・・・やはり早めに開けてしまった方が良いのかな?ふと思い出すと、伊豆の温泉でいただいた「猪鍋」が思い出されます。クルトワさんは何と一緒に飲んでいるのだろう?(2006.02.24 いのまた) ↓以下は少し前の1998年物のコメント、です。 ●alarは基本的に「ビオ系」とか「自然派」と呼ばれるワイン好きなんですが、どうもその中でも「苦手」なものが幾つかあります。その中でも最右翼の一つがこちらの「ラシーヌ」。日本に紹介されておそらく6年ぐらい経つのでしょうか?もう何度も試飲会等でいただいていますが、苦手と言うか、どうにも「力の及ばぬワイン」という印象で・・・・そのくらい始めは濃くてちょっと臭くて・・・つらかった。 ●元々ポテンシャルは高いワインです。果実味~タンニン~ミネラルと酸度。ただ最初の内はあまりにもそれぞれが主調を保っているので、どこから手をつけていけば良いのか?おそらくこのワインも凝縮を越えた果実味の濃さ、ドロドロとしたボディの感触にざらつくほどに逞しいタンニン、そしてワイルドなミネラル、と行った趣のワインだったはずです。でも、その時点でこれを組み伏せようといのはやはり無謀だったんですね。それを解決するには「時にゆだねるしかない」と。 ●現在のこのワインの味わいにある程度の方向性が見えてきました。ある意味エッセンスの集積。果実味も、タンニンも余分なところを絞り込んで純化しているかな?と言うところです。絞り込まれた分感じる重さはだいぶ軽くなりました。その変わり味わいの密度がましている、と言ったところです。実際お飲みいただくとおそらく「まだ早い」と感じられると思います(早いというか、瓶によっては独特の還元香に支配されがちなものも。瓶によってかなりの差がでています)。でもここで手を加えるとおそらくバランスが崩れるでしょう。こうなったら3~4日はそのまま我慢です。このワインに関してはあせりは禁物です。 ●まだまだ「UNDER CONSTRACTION」ドライフルーツ的な凝縮感とミネラルを伴ったライブな酸味。ボディの核となるタンニンとそれに付随するミックスハーブ、乾燥しきらない生皮、鉄や鉛の金属的香り、オリエンタルな牡蠣油や醤油、アミノ酸的旨味の凝縮度。中枢を直撃された初期の印象と違い、やや熟成して、じわりじわりと刺激される「快感」に近い味わいです。・・・図らずも「ハツ2本!カシラ2本!レバ2本!しおデネ」とたのみたくなります!(2004.05.06 いのまた) レカイユデュパラディ ラシーヌ 2005VDTフランセーズ 人気SALE,限定セール

テュイリー・ピュズラ ヴァン・ヌーヴォー・ブラン VdTフランセーズ 2009 最新作,送料無料

    5年目となるティエリーのヌーヴォー・ブラン。今年も一番の期待、です。    ←左の写真は過去の物を使っています。 ●実はalarでヌーヴォーとして販売するワインでこれが最も売れている・・・ヌーヴォーとしての魅力は勿論、春先までじっくりと事あるごとに楽しめるところが人気の様です。そして2009年もまた・・・お値段も一段とリーズナブルになって登場です。 2008年度にいただいた解説文です ●インポーターのラシーヌさんよりの解説です。    「パリのワイン専門店やビストロで大人気のクロ・デュ・テュエ=ブッフ。美しい酸と品種の個性がきわだつワインの造り手で、パリやアンジェの「サロン」(試飲会)では、ここのブースはいつも多くの熱心なファンであふれています。ピュズラ兄弟のワインを日本に紹介して早9年目のヴィンテージを迎えました。年を追うごとに(男もあがったけれど)その腕はますます冴え、味わうたびに思わず「うーん、すごい」と感じいってしまいます。    「このヌーヴォーはネゴシアン・ティエリー・ピュズラが造るトゥーレーヌ・ソーヴィニョンの新酒です。弟のティエリー・ピュズラが買いブドウで作り、ドメーヌの隣にあるネゴシアン用セラーで造っています。そもそも、このワインが生まれるきっかけは、自社畑からできるクロ・デュ・テュエ=ブッフのワインは、どれをとっても素晴らしいのだけれど、生産量があまりにも少ない。各キュヴェが2樽からせいぜい4,5樽しかありませんから、日本に届けられる数もほんのわずかです。手ごろな価格で、すばらしい品質ですから、多くの方に是非ご案内したいのですが、当然ながら輸入量も限られています。 そこで、99年にソーヴィニョンを買いブドウで造ってもらえないか、と相談しました。すぐさまティエリーは、優れた栽培をしている近隣の友人からブドウを買いつけ、彼流の作品に上手に仕上げてくれました。2003年からは、ビオディナミで栽培している造り手と新たに長期契約し、ますます品質が向上しました。     「2005年の夏、ヴァン・ヌーヴォー・デュ・テュエ=ブッフを毎年楽しみにしてくださっている何人かのお客様から、「もし、ティエリーが白のヌーヴォーを作ってくれたら、どんなにいいだろう。白のヌーヴォーは、大手生産者のものしかないから」という声があり、ティエリーに相談しました。「いいよ、フレッシュ・ジュースのような味わいだけど。」とティエリーは試しに120本だけ赤ワインのヌーヴォーと一緒に出荷してくれました。その反応のすごかったこと。味わったすべての方が「さすがティエリー。赤もすごいけれど白もヴァン・ナチュールの魅力にあふれ、なんと素敵なヌーヴォーだろう」というお声をたくさんいただきました。    「2008年も夏前からオーダーをし、「野生酵母で発酵、二酸化硫黄を使用せず醸造、ノン・フィルター、ノン・コラージュでビン詰め」、ティエリー流の醸造で作ります。上品できどらず、親しみやすい、やさしい味わい」、どのような料理にもそっと寄り添って、食事を盛り上げてくれること間違いなしです。 ●↑こんな具合のヌーヴォー・ブラン。ヌーボーとしても勿論、普段飲みの気軽なワインとしても!!!オススメです。   少し古いところのコメントなどを・・・・ ●2006年新登場!ティリー・ピュズラの意欲作、ソーヴィニヨン・ブラン100%で作られた『白いヌーヴォー』です。ヌーヴォーってどうしても『赤』ですが、白もいい! ●実はこのワイン、厳密には「初めて」ではなくて昨年一度試験的に作られました・・・。alarには12本のみの入荷、しかもいろいろとラベルに問題ありで・・・・でしたので、一般には販売せずに湘南地方だけで内緒で売っていましたが・・・・入ってきてからすぐにもオイシイ・・・正月開けて飲んでも美味しい・・・3月頃もまだオイシイ・・・と言うようなワインでした。かなり期待していただいて良いと思います。 ●・・・・うーん、凄い濁っています。オリたっぷりなんでしょうね!瓶も少し浅い緑色なので赤いる光の下では清酒の「濁り酒」の上澄みみたい・・・これは16日前に飲んじゃって良いのかな?どうなんだろう・・・・飲みたい・・・。 ●で、一応解禁の16日を待って飲んでみました・・・コルクは合成コルク、かなりご愛敬な緑色・・・・これはセック(Sec:辛口)ではなく・・デミ・セックかな?幾分残糖感がありますね。でもシュナン・ブランの美味さたっぷり。疲れた身体を芯から和ませてくれます。注目のニッポン・ワイン、甲州の新酒にもにていますが味わいはもっとタイトでしなやか。幾分冷やし目で飲んでいますが、じんわりと和めます。きりっと冷やして梅雨時のじとじと気分にすっきりとと言う感じかな?年間通して楽しみたい! ●でも、2ヶ月ぐらいすると苦味が強くなるんでしょうかね?何となく後ろ髪を引かれつつ、まずはサッサと飲んでしまった方が良さそうです。水菜たっぷりの鳥鍋、気になります。(2006.11.16 いのまた) クロ・デュ・テュ=ブッフのオーナーの1人テュイリー=ピュズラのワインです。テュリー・ピュズラは自分の畑以外でも、ここぞ、と思ったところの持ち主に交渉し自分のワインのためのブドウを提供してもらっています。現在、ドメーヌは兄のジャン・マリーとティエリー、そしてネゴシアンはティエリーが醸造を管理しています。 彼が買い上げるブドウは、赤はピノ・ノワール、ガメイ、コー、ピノ・ドニス、白はソーヴィニヨン・ブラン、ロモロンタン、シャルドネ、ムニュピノ、シュナン・ブラン。西はヴヴレーから南はシェール川を越えたテニエール、アンジェ村までの半径50km範囲内に構える優良ドメーヌからのものです。畑の大部分は緩やかな起伏のある丘に点在し、主にロワール川とシェール川の影響を受けた、畑ごとのミクロクリマが存在しています。そのため畑の個性を活かすために、各畑ごとに独立したキュヴェとして作り上げています。 仕込みは基本的に全て「クロ・デュ・テュエ=ブッフ」と同じ。ティエリーがブドウを収穫し醸造する。彼の買いブドウの選び方は、ただビオロジック、ビオディナミと言った栽培方法が決め手ではなく、これから自然派ワインの作り手として成長しそうな良質なドメーヌを見極めて選んでいる。売り手側もティエリにブドウを選んでもらったということがきっかけでブレイクすることもあり、お互いが持ちつ持たれつの良い関係(気の合う奴のところの葡萄が一番!と依然来日時に話していた)が出来上がっているようです。  (クロ・デュ・テュ=ブッフのワインは、こちらのページをご覧ください→クロ・デュ・テュ=ブッフページへ・・・・そしてテュイリーの泡モノはこちら) テュイリー・ピュズラ ヴァン・ヌーヴォー・ブラン VdTフランセーズ 2009 最新作,送料無料

ラ・カプリアデ ラ・ドゥドゥ VdTフランセーズ 2003 低価,定番

●フランス語の辞書を引くと「ドゥドゥ:Doudou」というのは「西インド諸島の女」となっていますが、本当にこんな訳で良いのかな?どうにも西インド諸島には縁遠いシャルドネ100%のワインです・・・・・。 ●はっきり言ってこのワインの味は「変」です。しかもとんでもなく美味しく「変」。2003年のロワール物なので「幾分残糖感があるかな」と思いつつ試飲したんですが、実際に僅かな残糖感・・・・これが妙においしく感じます。ちょっと濁った感じはパタポンとかシャソルネの気の抜けた「ポエ」、フラール・ルージュの「ミュスカ」に似た脱力系。そして味わいも・・・・「間違えて発酵始まっちゃった」系ですね。いや、美味しい。香りはフレッシュなリンゴ系、白い花、クチナシの甘さ。ミネラルもしっかりとしていますが、幾分甘いのでこのあたりはしっかりとマスクされています。何よりも酸がみしっと存在しながら丸くて、丸くて・・・スムージーです。どう考えてもこのワインはシャルドネっぽさがほとんど皆無です。 ●少し落ち着くと・・・フラットな、と言うか薄いというか、そんな印象もありますが、ほわほわ~っとした美味しさは変わりません。同時に、ワインとして果たして評価しちゃって良いのだろうか?と言う事で悩みもします。一応アルコール度数13度はあるし、アフターのふっと横切るほろ苦さと、何でかわからないけど残る余韻の長さ、そして締めるところを締めている行儀の良さは、やっぱりワインなんだろうな~。パスカル・ポテル、もしかするとニコラ・ルナール、テュイリー・ピュズラに並ぶとんでもない作り手かもしれません。特にテュイリーに似て発想が自由なんですね。言葉を換えれば「自然に忠実!」かなりヤバイ!ワインです。ボワ・ルカが美味しい訳だ!(2005.05.18 いのまた) ラ・カプリアデ ラ・ドゥドゥ VdTフランセーズ 2003 低価,定番

ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレペティアン ラ・ガジール 2002 数量限定,HOT

●こちらは微発泡性のワイン「ペティアン」です。仕上げは辛口。ワインの名前は「Gazille」カモシカを意味する「Gazelle」とは少し綴りが異なりますが・・・、「かわいいガス(泡)」と言う意味のようですね。 ●今年の春に入荷した際には、試飲する前に売りきれとなってしまったので、今回の試飲が初めてです。下のトラディショナルとは明らかに異なる、少し濃いめのペール・イエロー。泡立ちもしっかりとしてしっかりとした持続性があります。CO2の香りに混じってニッキアメのような甘さ、白い花の香りが感じられます。ミネラルもしっかりと溶け込んでいるようです・・。 ●口に含むと・・・程良く丸さのでた酸味、リンゴやオレンジのミックスされた軽やかな味わい、たっぷりとミネラルの詰まった均整の取れたボディが感じられます。味わい的にはヴーヴレsecやロートルに通じるところがありますが、もっとタイトな印象。もう暫く寝かせて置いても良いのかな?苦味と果実味、そしてある種の旨味を伴ったアフターの長さは特筆物。シャンパーニュとはまた一味違った余韻があります。・・・・これは太刀魚のバター焼きかな?少し柔らかな身にバターの甘さが乗って、カボスを添えてね。・・・・そろそろ太刀魚のおいしいシーズンです。(2004.07.09 いのまた) ルメール・フルニエ、まだあまり聞いたことのない作り手さんです。オーナーはマリー・アニック・フルニエ。実はこの人、元々はパリの銀行に長く勤めていましたが、パリのビストロであの天才醸造家と言われたニコラ・ルナールのワインを飲んで以来、彼のワインのファンとなり、「追っかけ」みたいなことをやっていた人のようで(ホントかな?)、とうとうニコラ・ルナールの為に自分でドメーヌを造ってしまった様ですね。 ニコラ・ルナールはジャニエール地域にあるルマン(24時間耐久レースで知られる)で生まれました。醸造家の家庭に生まれ育たなかったので、近隣のワイン生産者のもとで働きながら、ワインへの造詣を深めてきました。そしてそのワインのすばらしさは多くの人々の知るところとなりましたが、INAOへ届け出がされていないため公式の流通ルートに乗ることは無く、ほとんど幻のワインとしてしか存在しませんでした。その後ヴヴレのさるドメーヌに醸造家として働き始めますが、そこでは彼の理想とするワインのスタイルでのワイン造りは、そのドメーヌの方針としてかないません。そこで、彼の友人でもあテュイリー・ピュズラがネゴシアンとしての立場を利用し、ついに世に出したのが「ヴヴレ ポド・テールNO.2 」そして、続く「ヴヴレ ペティアン1999」だったのです。 その時点でもワインに彼の名前は記されることはありませんでしたが、ついに彼の名前がラベル(とは言ってもバック・ラベルですが)に記載されるときがやってきました。ニコラは現在このルメール・フルニエで醸造責任者として働き、彼のワインに共鳴するオーナーの元4人のスタッフと共にビオロジックを前提とした畑でで存分に腕前を発揮する環境を手にすることができました。いよいよ目が離せません。インポータさんのラシーヌさんからそれぞれのワインの資料をいただきました。(品名のあとの数字は、酸度/PH/ 残糖/収穫時のアルコール度数、です)   ■VDT 『ロートル(l'Autre)』 2002   7.00g 3.27 8g 13.97 トゥーレーヌのアペラシオンにある畑のシュナン・ブラン。ステンレス・タンクで発酵、熟成   ■Vouvray Sec 2002     6.20g 3.34 9g 13.00 畑全体の若樹のブドウ。ステンレス・タンクにて発酵、熟成。   ■Vouvray Sec『ラ・クードゥレ(La Coudraie)』2002    5.00g 3.39 10g 13.48 5、8年の古い樽で発酵、樽熟成。ブドウはドゥミ・セックのポテンシャルを持つが、セックに仕上げられた。   ■Vouvray demi-Sec『レ・モランディエール(Les Morandieres)』 2002     5.60g 3.31 26g 13.68 南南東斜面にある表土はシレックス、地中深い土壌は粘土/石灰岩。古樽で発酵、熟成。   ■Vouvray Moelleux『ラ・フェルメ(La Ferme)』2002      5.75g 3.25 72g 12.14 60%貴腐ブドウで醸造される。南南東に面した表土は砂を含み、地中は粘土/石灰岩、シレックス。   ■Vouvray Petillant『ラ・ガズィール(La Gazille)』 2002    0.00g ビン内で発酵を終え、デゴルジュマン時、リキュール添加をしない。 ルフルニエ by ニコラ・ルナールAOCヴーヴレペティアン ラ・ガジール 2002 数量限定,HOT

ピュズラ=ボノームVdFブラン テュフォ 2013シュナンブラン 定番人気,お得

●2013年ヴィンテージまではピュズラ=ボノームのネゴシアン名義でリリースされているため、こちらのキュヴェはそのままピュズラ=ボノームで。 ●まずはインポータさんのコメント。「シュナンブラン100%。葡萄の畑はヴーヴレにあり、本来ならば「ヴーヴレ」 で出したいところだが規定上そうは行かない。そこで、ヴーヴレの代表的な土壌トゥフォ:Tuffauに、Tu (es) faute 「あなたは間違っている」の意味を掛けてワイン名を命名。レモン、グレープフルーツ、西洋菩提 樹の花、フュメ香、杉の木の香り。ワインはピュアかつ上品でフィネスがある、透明感のある繊細なミネラルの旨味とシャープな酸が余韻につれて徐々に口を満たす!」 ●とい言う事で、ヴーヴレじゃないんですけど、良いヴーヴレだと思います。しっかりとしたボディにレモンからオレンジ、花梨にいたる香りが綺麗に並びまさしくしっかりと厚みのあるボディにチョークのようなミネラル香、クリーンな酸味がピッタリと寄り添いバランスをとっています。ちょっと酸に傾いているかな?と思いますが時間かけるとより熟した感じがでてくるんじゃ無いかな?2013年と言う事でリリースも遅いのですが、飲み頃は2020年より先、かな?それまで我慢、できますか?(2016.03.09 いのまた) ピュズラ=ボノームVdFブラン テュフォ 2013シュナンブラン 定番人気,お得

ディディエダギュノーブランフュメドプイィ シレックス 2009 限定セール,お買い得

●言わずと知れたダギュノーの最高傑作『シレックス』です。その名の通り複数のシレックス土壌の区画生まれるこのワインは、美しいミネラルと力強い果実味に溢れ、その熟成のポテンシャルはブルゴーニュのグランクリュクラスにも匹敵すると言われています。・・・と、言う事で新着の2009年物飲んでみました↓ ●シレッックス2009ダギュノーが亡くなって3年目となるワイン。現在は長男のルイ・ベンジャマンが中心となってワインづくりをおこなっている。・・・・例年のシレックスに共通した感覚は「呆れるほどの硬さ」であるが、この2010年は意外と解りやすい。常に名前の由来のシレックス(火打石:石英:SiO2:酸化ケイ素)の様に鋭利な切片を見せながら時間と共にその緻密な構造を基本としてひたすら深みをまして行くタイプのワインであるにもかかわらず・・・・、である。 ●作りそのものは変わっていないと思われるが、2009年と言うヴィンテージに由来する味わいなのだろうか?香りにはソーヴィニヨン・ブランらしい柘植の様な芳しさを基調に若いライムの実、硬い白桃。そしてリースリングにも似た鉱物的な香り。味わいにおいてもその傾向は変わらず、豊かに詰まった酸とまさしくマッチを擦ったようなフリントの感触に近いミネラル感。ま、これがそれぞれの要素ごとに強く主張を繰り返すのが若いしレックスの印象だが・・・この2009年物はどうも最初から調和を奏でている為スンナリとワインの中に入っていけるのだ・・・。(2012.04.29 いのまた) ディディエダギュノーブランフュメドプイィ シレックス 2009 限定セール,お買い得

ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 安い,新作登場

●かなりきわどいカラーの「ロゼ・ワイン」です。ブドウはピノ・ドニス。SO2も添加してません。白ワインと同じく収穫直後にプレスして皮から色素を抽出するオーソドックスな作り方です。とりあえずは南仏のロゼのようにしっかりとしたタイプに仕上がった、とのことですので「南仏NICE(ニース)を意識してRoseのスペインなまりのJoseとしネーミングした」とのことですが、今ひとつよくわかりません。色もどうにも・・・・ ●瓶に入っているとかなり「きわどいワイン」と言う感じですが、グラスに注ぐと・・・何となくプロヴァンス、パレとかバンドール系の少しオレンジ色の入った色調です。ま、それにしても色は薄いです。で、香りには何となく蜜の甘さや赤い花の甘さが・・・もう少し冷やしておいた方が良かったかな?・・・いえいえこのくらい(おそらく12~13度)が丁度いい。酸がくっきりとしているので、あまり冷やしすぎると香りが楽しめません。オレンジやライムの柑橘系の爽やかさ、軽くミンティーなハーブのアクセントもあり、これはなかなかいけます。確かにしっかりとしてはいますが、あまりボディは強くないし、タンニンもほとんど地味だし、と言うことで、目つぶっていると思わず受けを狙って「ムニュ・ピノ!」とか言ってしまいそうです。 ●相変わらずブラインド泣かせの自然派もの、ですがワインとしては非常に良し!色合いの調子からも、先日食べ損ねた「冨山の鱒寿司」あたりをつまみで行きたいともいます。(2005.07.03 いのまた) ル・ヴァン・コントVdPド・ロワール=エ=シュール ホセ・ドゥ・ニース 2004 安い,新作登場

クロデュテュ=ブッフクヴェヴリ ラカイエール 2013 お買い得,限定セール

●「ティエリーはこのキュヴェが作りたかったからネゴスから引退しドメーヌに専念することとなった」と言われているクヴェヴリ(アンフォラ)仕立ての『カイエール』です。 ●インポータさんのコメントでは  「ティエリがアンフォラで仕込む初の赤ワイン!2013年はとても厳しいミレジムで、赤ワインのブドウの中で唯一病気の被害が少なく状態の良かったラ・カイエールのピノ・ノワールを使用!まず最初に、800Lのアンフォラの 2/3 に全房のブドウを足で踏み込みながらすし詰め状態になるまで押し込み、残りの1/3は除梗したブドウで満たす。そのまま手を加えず5ヶ月間マセラシオンを施し、その後約1ヶ月の発酵と10ヶ月の熟成。ワインの味わいは、とてもエレガントでフィネスがあり、最後の余韻に残る優しく細かいタンニンと、質の高いマールのようなブドウの搾りかすの何とも言えない風味が後を引く! 」と。 ●どうも現時点では試飲できそうもないのでインポータさんのコメント・・・「クランベリー、グロゼイユ、シャクヤク、青竹の香り。ワインは上品でフィネスがあり、清涼感のある果実味とチャーミングな酸とのバランスが良く、アフターに残るミクロのタンニンが余韻を優しく引き締める!」ですって・・。 クロデュテュ=ブッフクヴェヴリ ラカイエール 2013 お買い得,限定セール